ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SM-1n Vintage Mini Humbucker Neck

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )  / SM-1n Vintage Mini Humbucker Neck

  • SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )  / SM-1n Vintage Mini Humbucker Neck 画像1
  • SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )  / SM-1n Vintage Mini Humbucker Neck 画像2
  • SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )  / SM-1n Vintage Mini Humbucker Neck 画像3
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
ピックアップについて
■ギターピックアップ
■VINTAGE MINI-HUMBUCKER
■ネック用
■マグネット:Alnico V Bar
■D.C.RESISTANCE:6.54k(TAPPED) 7.57k(FULL)
■RESONANT PEAK:7.00k(TAPPED) 6.00k(FULL)
■ケーブル:Single Conductor Braided Shield
■OUTPUT:Moderate

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.8)
  • レビュー数Reviews4
この商品のレビューを書く

2019/08/01

11111スッキリと重く色っぽい

投稿者名Reviewed byワイワイZ 【埼玉県】

マホガニーボディのPRS、ディアルモンド・タイプからの交換です。穴・ネジの大きさはピッタリ合って加工は不要でした。
低音はしっかり出て重さはあるものの、濁らずスッキリとしていて、歪ませるとパリッとした質感になります。中〜高音はこのピックアップの真骨頂で、アンプ直でいつまでも弾いていられる色っぽさがあります。リア・ピックアップとのミックスがこれまた心地良くて、70年代ロックでよく聴いてきた音色っぽくなります。

レビューIDReview ID:94481

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/06/08

11111ミニハムを再認識

投稿者名Reviewed byjohnny 【千葉県】

国産テレキャスターのフロントにザグリを入れ交換しました。アルダーボディにローズ指板のメイプルネックです。
電装パーツも総取り換えで、ポットは300kΩ コンデンサーは0.047 ハイパスはエマーソンです。純正のPUもフロントやセンターでのバッキングはこれはこれで良かったのですが もう一つ元気が欲しいと思い交換に踏み切った次第です。ノーマルハムバッカーやP-90タイプのシングルコイルなどいろいろと検討しましたが取り付けてみないとわからないのがPUなので 純正リアPUとの出力バランス等々を考えこれにしました。結果、リアPUとの音量バランスもとりやすく出音はこのPUならではのものがあります。元気な音とはちょっと違いますが、ミニハムの音を再認識しました。自分にはいい感じで合っています。ハイパスコンデンサーのおかげか、ボリュームを絞った単音もセンターでのバッキングも気持ちいいです。確かにハムバッカーのパワー感や粘りもなくP-90のようなガッツもなく中途半端とも感じる音ですが 自分には魅力的なPUです。他のギターにもフロント、リア共に乗せてみたくなりました。やはりボディはマホガニーだろうか・・・・?

レビューIDReview ID:92990

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/08/24

11111単体としてはとても魅力的だけど

投稿者名Reviewed bymashiro 【千葉県】

90年代のエピのスタジオライト(2pマホボディ)のフロントに付けてみました。同時にsm-3bをリアにした感想です。
基本キャラは、とても静かで澄みきった枯れ具合であり、クリーン~クランチ寸前での表情がとても豊かで気持ちよく、酔いしれます。強く歪ませてもブーミーならず張りがあり扱いやすさもあります。パリッとした薄焼き煎餅みたいな感じがします。テレのフロントだとstr1にほんのりハム風味が加わったようでビンテージ系そのものです。
しかし、この枯れたキャラとパワー(音量)がないゆえにsm3bとのバランスが、取りにくく、弦に当たるすれすれまで上げ、リアもかなり下げたのですが、それでもハーフやリアと切り替えた時に、違和感を覚えました。
ギターは2ボリュームなので音量差は何とかなりますが、ミドルに魅力的な特徴がある元気なsm3bとのギャップをどうしようかと考え中です。
フロントメインやリアメインかはっきりされている方でしたら、迷うことなく好きなキャラで選べるとても素直なピックアップです(^_^;)
その後,sshのギターのリアに積んでみましたが、パワーの無い平凡な音になってしまいました。ポットを500オームに替えても、張りのないこもり気味の音質でなり、やはりこのモデルはフロントにつけてこそ、その魅力がでるのではと思います。
(搭載してあるシングルは非力な方なのですが、ピックアップごとの音量差は、シングルはピックガードすれすれまで下げ、sm1nは、弦に当たる寸前まで上げてようやくバランスが取れました)

レビューIDReview ID:74061

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/10/19

1111テレのフロントに

投稿者名Reviewed bynoss 【京都府】

いい感じです。
テレのフロントに使用したのですが良く合います。

一芯HOTの皮にシールド兼COLDが被っている仕様だったので、必要分ほぐして捻って熱収縮チューブでまとめて絶縁、通常のモダン配線にしました。
当初、FENDERのリアとの組み合わせを予定していましたが、FENDERとは位相が逆なのでフェイズアウトしてしまいました。
これFENDERのリアには合わないので注意しましょう
。合わせたければPU分解しないといけません。

結局ダンカン製のリアSTL-1Bを合わせることにしました。

音ですが、出力はstl-1Bに比べるとさすがにハムといった感じなのですが、カリッとした成分が十二分にありブーミーにならず、いい意味で詰まりすぎない薄さを感じる音。
フロントハムとは違い音色的には限りなくシングルっぽい印象です。

反応もめちゃくちゃ良く、パキ~ンポク~ンと弦の質感がすごくでるので、ザクザク歪ませるよりBLUSEYorJAZZYに泣かせたいピックアップだと思います。

レビューIDReview ID:75127

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )
SM-1n Vintage Mini Humbucker Neck

商品ID:68957

¥12,700(税抜)

(¥13,970 税込)

  • 送料無料

1,396ポイント内訳

  • 139Pt

    通常ポイント

  • 1,257Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 1,396Pt

    合計

閉じる

在庫僅少在庫僅少

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top