ここから本文です

サウンドマート

VOX ( ヴォックス ) / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ

VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ

  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像1
  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像2
  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像3
  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像4
  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像5
  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像6
  • VOX ( ヴォックス )  / VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ画像7
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
リードから低音を強調したエッジのあるトーンまでを実現する、モダンなアンプ・ハイゲインサウンドを提供するVOX / CUTTING EDGE。Nutubeを搭載し、アンプのサウンドを再現。用途によって切り替えられる3 つの出力モード、チャンネルスイッチ機能を装備し、より手軽にレガシーアンプトーンを得ることが出来ます。
■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■VALVENERGY シリーズ
■特徴
・人気のアンプトーンをNutube搭載し実現したVALVENERGY シリーズ
・4つのトーン・コントロールを搭載し、リフに最適な高低音を強調したエッジのあるサウンドから、リードに適した厚みのあるサウンドまで多彩な表現が可能な、現代の音楽シーンに欠かせないハイゲイン・サウンドを提供
・用途によって切り替えられる3 つの出力モード、チャンネルスイッチ機能を装備
・市販のミニ・フォーン・ケーブルで接続し、1 つをオンにすると片方がバイパスになり、ギター・アンプのチャンネル切り替えのように使用できるLINK 端子を装備
・音を視覚的に確認できるOLED ディスプレイ搭載
■3つの接続モード
・STANDARD:標準的なペダル同様にギター・アンプのインプット端子に接続
・PREAMP:アンプのリターン端子やパワー・アンプの入力に接続し、プリアンプとして使用可能
・CAB-SIM:独自に設計されたキャビネット・シミュレーターを搭載。ミキサーやDAW に接続した際効果を発揮
■仕様
・接続端子:INPUT 端子、OUTPUT 端子、DC9V 端子、LINK 端子
・コントロール:GAINノブ、VOLUMEノブ、TREBLEノブ、MIDDLEノブ、BASSノブ、TIGHTノブ、MODEスイッチ
■電源
・9V アルカリ乾電池(6F22/6LR61) x 1、またはAC アダプター
・電池寿命:約2 時間以上(アルカリ乾電池使用時。使用状況により変化します)
※消費電流が大きいため、AC アダプターの使用をお勧めします。電池で使用する場合はアルカリ電池を使用してください。
■外形寸法(W x D x H)/質量: 72 mm x 120 mm x 55 mm(突起物を含む)/ 350g(電池含む)

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.8)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2024/01/22

11111シリーズ中歪としての使用可能範囲が最も広い

投稿者名Reviewed byzero 【岡山県】

多分、一番使いやすいのはSTDモード。この場合純粋に反応の良い歪エフェクターとしての使用になるのではないでしょうか?スタンダードでこもりを感じる場合、またはピッキングニュアンスの生々しい反応、前に出てくる音·音量が欲しいならプリアンプモードが良いです。
シリーズ中一番の歪を謳ってはいますがその可変幅はとても広く、かなりローゲインからある程度のハイゲイン迄対応可能。
本体の色味や前情報によりハードロックからメタル用のイメージが強いですが、そこまで極端ではないです。純粋な歪量だけで言うならMetalCore等の方が全然上です。
ゲイン0でシングルピックアップのフロントであればクリーンまでもっていけます。ハムのフロントであればギターのボリュームを絞ってやればやはりクリーンにもっていけます。
ゲインも非常に滑らかなカーブをもたせてあり使い勝手はシリーズ中1番だと思います。
CopperHeadも持っておりますが、私はこっちのほうが帯域が強調されておらず使いやすいですね。
イメージとしてはやはりブラウンサウンド。
今はこれを前段にかましたケトナーのアンプマン、ストンプマンなどで使用しています。

レビューIDReview ID:144986

参考になった2

2023/09/29

11111プリアンプモード最高!フレキシブルな歪量で適応性大

投稿者名Reviewed byGoodTimes 【千葉県】

COPPERHEAD DRIVEとの一番大きな違いは可変できるエンハンス/シェルピング機能TIGHTの装備だと思います。歪みで低下する解像度や低域のダブつきを可変補正できるTIGHTのおかげで、シリーズ中、最もフレキシブルに使えるディストーションだと思います。
(STDモード)
歪み具合はシリーズ最強ですがエファクター使用だとDRIVEのレンジをセンターより大きく回してもエフェクトカーブが緩やかになり15時位で飽和してしまいます。エフェクトカーブが急ですが使いどころはセンターまで。意外にDRIVEゼロのクリーンなブーストが良い感じ。EQはエフェクター使用が一番強調感でますがTIGHTは一番効果が分かりにくいです。
(PREモード)
実用面ではプリアンプモードが一番良いかも。STDモードよりも中高域を広げ低域を抑えたハイファイな音調に変わります。各コントロールが飽和せずゼロ~フルまでしっかり使えます。イメージだけで言うとHughes&KettnerのSPIRITシリーズが理知的になった感じ。TIGHTとEQ次第でアクの強さも出せるけどキメの細かい歪み方を活かしてインテリジェントな音色も出せます。TIGHTの効果と恩恵を一番感じるモードです。
(CABモード)
最初に思い浮かんだのはMESA Boogie Rectifierシリーズ。中低域が厚くて太い。TIGHTでバランスとらないと高域が喰われる感じ。EQはカットするイメージの方が使い易いです。チューブDIを介したイメージもあってNutubeは凄いデバイスだと思いました。
(使用環境)
ギターは以下の接続でPREモード主体で使用してます。パワーアンプとキャビネットはハイファイ志向のPA/SR仕様でベースと共用。Kemper Profiling Amplifierのキャビネットで使用される仮想同軸フルレンジSPユニットの原型をインストールしてます。
ギターEMG(SA+SA+85)→KORG Pitchblack X→EDEN glowplug→<VOX CUTTING EDGE>→ZOOM MS-70CDR→パワーアンプ(ACCUPHASE PRO-15 )→自作キャビネット(CELESTION K12H-200TC 12’×1)

レビューIDReview ID:143522

参考になった2

2021/11/07

11111Nutubeを試してみたかったので購入

投稿者名Reviewed byeddie 【神奈川県】

11/6(土)朝に注文し11/7(日)14:00に到着。先に購入したRedline V-Four Overdrive Pedalの品質が最悪で本製品もMade in Vietnamなので若干の不安はあったものの、到着品は傷もなく普通に綺麗でした。
早速動作確認!ということでTHR10IIのクリーンと合わせてみると粒の整った綺麗な歪み。一瞬「シリーズ最強の歪みをうたっているけどこんなもん?」と思ったけどGAINを12時から13時に回すと「おおっ!」という感じのズンズン感。そこから先は既に「歪み切っている」感じで13時以降は自分の環境では劇的な変化を確認出来なかった。アンプは他にDSL1CとGA-15IIがあるので明日以降これらとも接続して試してみたい。
予想外だったのがGAINを9:00頃にすると普通にクランチ音が出ること。シリーズ最強の歪みなのでてっきりメタル専用かと思いきやそうでもないようでブルース系にも興味のある自分としては嬉しい誤算。接続モードをSTD(Front)/PRE(Return)/CAB(DR)で切り替えることも出来プリアンプとしての動作も可能なので、DSL1Cのリターンに刺したらどうなるか?も興味津々。
あとはRedline V-Four Overdrive Pedalのように即故障しないか?だけが気がかり。これまでVOX製品に裏切られたことはないけれど、これまでのはMade in Japanだったので・・・

レビューIDReview ID:123898

参考になった4

2022/04/14

11111タイトな素晴らしいメタルディストーション

投稿者名Reviewed byぽち 【千葉県】

全ノブ12時で良い音がします。特にtightが秀逸で、ゲインを上げても低音がボワつかず、ソロの音も固くなりすぎない程度に調整でき、ペダルでも迫力のあるミュート、キレのあるリフ、抜ける単音が得られます。
ただし、アンプとの相性は要注意です。アンプ側できれいなクリーンを作れないと良い音が出ません。この場合はreturnに接続し、preampモードにすることで対応できます。ペダルのtrebleを下げ、アンプのresonanceで迫力を足すといい感じです。
2022/04/14追記
CAB-SIMモードでアンプのインプット、およびリターンに接続することで、余計な高域、低域が削れ、より真空管ぽくなります。二重キャビで違和感ありますが、是非試してみてください。
最近はこれにIRローダ+パワードスピーカで、6505MHの出番はなくなってしまいました。

レビューIDReview ID:112969

参考になった19

2023/03/20

1111ディスプレイ

投稿者名Reviewed byアジシオ 【東京都】

ディスプレイをOFFにして使っています。
せっかくnutubeが積まれているので
ご尊顔が見えるデザインでもよかったのではないかと思います。
音の滲み感が好きです。

レビューIDReview ID:138500

参考になった1

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

VOX ( ヴォックス )
VALVENERGY CUTTING EDGE オーバードライブ

商品ID:282320

¥16,300(税込)

  • 送料無料

815ポイント(5%)内訳

  • 163Pt

    通常ポイント

  • 652Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 815Pt

    合計

閉じる

入荷未定入荷未定

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram