ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

MOOER ( ムーアー ) / GE300 マルチエフェクター

MOOER ( ムーアー )  / GE300 マルチエフェクター

  • MOOER ( ムーアー )  / GE300 マルチエフェクター画像1
  • MOOER ( ムーアー )  / GE300 マルチエフェクター画像2
  • MOOER ( ムーアー )  / GE300 マルチエフェクター画像3
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
多数のアンプモデルと、エフェクト、キャビネットシミュレーションを収録した次世代マルチエフェクターMOOER/GE300。フルサイズIRダウンロードや、新SYNTH ENGINEによる、ギターシンセサウンドの生成も可能です。また、アンプサウンドだけでなく、ギターのサウンドキャプチャーもできる進化したTone Capture機能も搭載。その他IN/OUTも充実し、使い勝手も抜群。より簡単に多彩なギターサウンドを作れます。
■ギター用マルチエフェクター
■特徴
・108種の高品質ノンライナー・モデリング・プリアンプ
・48種のスピーカーキャビネットモデルに加え、サードパーティのIRを追加可能
・164種のハイクオリティエフェクトを収録:コンプレッサー、ドライバー、ノイズゲート、EQ、モジュレーション、ピッチ、フィルター、ディレイ、リバーブ等
・3ボイスポリフォニック・シンセ・トーンキャプチャー
・30秒までのステレオループサンプラー・内部エフェクトの接続順を自由に設定可能
・PCと接続し、PCからの操作やダイレクトレコーディング可能なUSB端子
■接続端子
・AUX IN:外部メディアデバイスを接続してオーディオを再生できます。
     1/8インチ(3.5mm)ステレオミニジャックです。
・INPUT:楽器を接続します。
     1/4インチモノラルフォンジャックで、Guitar/Lineレベルスイッチがあります。
・OUTPUT:2×1/4インチモノラルフォンジャックです。
     L = MONOアウトプット
     L + R = STEREOアウトプット
・XLR OUT:グラウンドリフトスイッチを搭載した2×XLRバランスドアウトプットジャック
      L = MONOアウトプット
      L + R = STEREOアウトプット
・PHONES:1/4インチステレオフォンジャックのヘッドフォンアウト
・USB  :USB Type-B端子
    コンピューターと接続してデジタルオーディオインターフェイスとして使用したり、MOOERオフィシャルソフトウェアによるプリセットの編集やインポート/エクスポート、ファームウェアアップデートを行います。
・MIDI IN/OUT:MIDIでの制御や外部機器のコントロールを行います。
・SEND/RETURN:ステレオエフェクトループです。
        L = MONOループ
        L + R = STEREOループ
  SEND = 2×1/4インチモノラルフォンジャックアウトプット
        RETURN = 2×1/4インチモノラルフォンジャックインプット
・EXP2:外部EXPの接続、外部スイッチングアウトプットとしても使用可能
    1/4インチステレオフォンジャックです。
・DC IN:GE300パワーサプライを接続します。
■電源:センターマイナスDC9V、3A
■サイズ:410×201×62mm
■重量:3.0kg

※画像はイメージです。

Mooer GEシリーズ比較

モデル名 GE100 GE150 GE200 GE300
  GE100 GE150 GE200 GE300
アンプ 7 55 55 108
キャビ アンプとセット 26 26 48
エフェクト 66 151 152 164
シンセ なし なし なし 3ボイスシンセ
同時使用 8 9 9 14
接続順 入れ替え不可 入れ替え不可 設定可能 設定可能
プリセット 80ファクトリー+80ユーザー 200 200 256
IR なし 対応 対応 対応
Tone Capture なし なし なし ギター、アンプ、歪みエフェクト、IR
ルーパー 180秒 80秒 52秒 30秒
リズムマシン 40リズム、10クリック 40リズム、10クリック 40リズム、10クリック なし
MIDI なし なし なし あり
入出力 インプット、アウトプット、AUXIN インプット、ステレオアウト、ヘッドフォン、AUX IN、USB、USB Mini(OTG) インプット、ステレオアウト、ヘッドフォン、AUX IN、USB、EXP2 インプット、ステレオアウト、ステレオXLR、エフェクトループ、AUX IN、ヘッドフォン、USB、MIDI IN、OUT/THRU、EXP2
エディタ なし あり あり あり
オーディオIO なし あり(OTGと共通) あり あり
OTG なし あり なし なし
電池 単3電池4本 なし なし なし
ディスプレイ モノクロ カラー カラー カラー
サイズ(DxWxHmm) 140×230×60 230×155.99×32.8 297×145.5×45.5 401×201×62
重さ 730g 1kg 1.4kg 3.0kg

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2019/11/21

11111音以外にも良い点あり

投稿者名Reviewed byこらこら 【宮崎県】

自分のメインは野外ライヴなのですが、練習は家でするので素足でスイッチを踏むのですがぜんぜん硬くなく、力を入れて踏まなくても良いし、かと言って踏んだ感覚が無い訳ではないので凄く楽です。
また、上段にあるコントロールスイッチも1個で2つまで選べるのでディレイとリバーブのオンが一回で出来ます。
助言としては、コンセントが3ピンなので先に変換する道具を買ってた方が何処の現場でも使えるので良いと思います。
在庫があったとはいえ、翌日に届いたのでいろいろと満足です

レビューIDReview ID:97895

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/06/12

11111ごむ

投稿者名Reviewed byごむ 【大阪府】

良い

レビューIDReview ID:93094

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/06/08

11111相性が存在する

投稿者名Reviewed byまた後日 【大阪府】

この主流なマルチラッシュに乗っかり、多くの新製品に手を伸ばしてきましたが、個人的には1番直感的な操作感で使いやすさは随一でした。サウンド面は正直なところ今のマルチはどれも良いです。それこそ好みで選べる時代になったと思います。対象は同サイズのgt-1000でしょうか?比べて出来る事が出来なかったりと自由度は劣りますが、自由度が広がるとその分で正解がわからなくなったりとベストを常に探りたい自分にはこのぐらい制限があるほうが逆に諦めもつき自身をもって扱えます。
とどのつまり、自分と相性のよい機材はコイツでした。ストレスを1番感じさせない、この要素が大きいです。

レビューIDReview ID:92961

参考になった人数:20人

20 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/03/08

1111一長一短。アップデートで今後にも期待…!

投稿者名Reviewed bymurasquare 【兵庫県】

【メリット・デメリット】
(メリット)
①ディスプレイ、スイッチLEDなど視認性が抜群。スイッチも好きな色をアサインできるので何のエフェクターをアサインしているか視覚的によく分かります。
②コンパクトかつ軽量。これだけの機能が凝縮されたこの価格帯のマルチは普通本体も大きくなりがちですが、MOOERはコンパクトに収めてます。それゆえにスイッチ間の広さは少し狭く、初めは踏み間違いがあったりして気になりましたが、足先で踏むのを意識すれば問題ありません。実際比べてみたのですが、同社GE250よりは広く、LINE6のHELIX LTよりは狭い、といった感じです。
③TONE CAPTUREの精度が素晴らしい。私は自分のアンプヘッドを持っていて、試しに取り込んで実機と弾き比べてみましたが、ほぼ差がありません。アンプヘッドを持ち運ぶ必要がなくなりました。
④内臓のモデリングアンプの音が素晴らしいです。スタジオにあるアンプのリターンに挿して鳴らせば、すぐにその凄さが分かります。
(デメリット)
①パッチ切り替え時だけでなく、コントロールスイッチモードのエフェクトONOFFでもわずかながら音切れが発生します。
パッチ切り替え時ほどの音切れではないのでタイミングよく踏めば問題ないですが、これは少し残念です。アップデートに期待です。
②ペダルのトースイッチの反応が微妙です。この機種、初めにペダルのキャリブレート(設定)を行うのですが、何度か設定しましたがトースイッチはしっかり踏み込まないと反応しません。
【おすすめの使い方】
コントロールスイッチモードにして、下段4つのスイッチは全てSUB PATCHをアサインし、パッチ切り替えをせず複数のエフェクトをコントロールするのが良いです。マルチの欠点である音切れも基本的には無くなります。
SUB PATCHはLINE6でいうところのSNAP SHOTとほぼ同じ機能となり、これが便利です。
モデリングアンプが素晴らしいので、スタジオのアンプのリターンに挿して、GE300に音作りを集約すれば、使用するアンプにそれほど左右されません。
今後アップデートが進めばさらに使いやすくなるのでは、と期待しています。

レビューIDReview ID:101402

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/06/29

1大きすぎる

投稿者名Reviewed byロッカー 【東京都】

mooerといえば小型な割に音質がマシであることが売りであるはず。
それなのにこんなに大型にしてしまったらmooerである意味がない。
他の機種を凌駕するほどの音質でもなく、オススメしません。

レビューIDReview ID:93591

参考になった人数:26人

26 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

MOOER ( ムーアー )
GE300 マルチエフェクター

商品ID:264295

¥66,800(税抜)

(¥73,480 税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

7,340ポイント内訳

  • 734Pt

    通常ポイント

  • 6,606Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 7,340Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top