ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

VOX ( ヴォックス ) / MV50-BQ Boutique

VOX ( ヴォックス )  / MV50-BQ Boutique

  • VOX ( ヴォックス )  / MV50-BQ Boutique画像1
  • VOX ( ヴォックス )  / MV50-BQ Boutique画像2
  • VOX ( ヴォックス )  / MV50-BQ Boutique画像3
  • VOX ( ヴォックス )  / MV50-BQ Boutique画像4
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
新真空管Nutubeをプリ・アンプに搭載したMVシリーズ Boutiqueタイプモデル。小型化、低電圧、省電力と正に現代の技術の粋を集めたモデルです。
■伝説的ブティック・アンプのサウンドがMV50 Boutiqueで蘇る
MV50 Boutiqueには、ギタリスト垂涎の伝説的ブティック・アンプのサウンドを凝縮。暖かみのあるクリーンからリードに最適なオーバードライブまでカバーし、ピッキングによる繊細なニュアンスもパーフェクトに表現します。MV50シリーズの中でも特に真空管アンプらしいコンプレッションを感じられるモデルと言えるでしょう。

■徹底的にアナログ仕様にこだわった設計思想
MV50では、パーツの細部に至るまで、完全アナログ仕様にこだわりました。Nutubeをはじめ、すべての回路を膨大な数のアナログ素子で構築しています。さらに、動作点が常に変化する特別な回路を搭載することにより、真空管ギター・アンプの持つ素晴らしい動特性を再現しています。まさに半世紀以上もの間、ギタリストに支持されてきた本物のアナログ・サウンドがここにあるのです。

■真空管アンプのダイナミズムまでも再現するパワー・アンプ部
MV50には、低発熱で効率の良いクラスDパワー・アンプを搭載しました。これによりNutubeを核とした真空管サウンドの特性を損なうことなく増幅します。さらに、真空管パワー・アンプで見られる負荷変動特性までも再現しています。この回路は、ファットなドライブ感、繊細なピッキング・ニュアンス、素早いレスポンスなど、まさに真空管アンプのダイナミックさの要因ともいえます。

■キャビネット・サイズに応じて最適なサウンドが得られるEQスイッチ搭載
小型サイズのキャビネットの場合、低域が弱く、高域が強調される傾向があり、場合によってはチープな印象を受ける事があります。VOXの新キャビネットBC108をはじめ、小型サイズのキャビネットに接続する場合、EQスイッチのDEEPモードを選択すれば、低域を補正しつつ高域を抑えることが可能になります。また、12インチ・スピーカーを4発搭載しているような大型サイズのキャビネットに接続することも考慮し、 EQスイッチにはFLATモードも用意。これにより、MV50のポテンシャルを損なうことなく、スピーカー・キャビネットの特性を最大限に活かしたサウンドを得ることが可能です。

■ライン・レコーディングで重宝するキャビネット・シミュレータ
MV50はライン/ヘッドフォン・アウトも搭載していますので、直接ミキサーやオーディオ・インターフェイスに接続でき、レコーディング用のアンプとしても活用できます。もちろん、空気感やキャビネットの特性をパーフェクトに再現するキャビネット・シミュレータ回路も搭載。本格的なレコーディング・スタジオで、高級マイクやビンテージ・マイク・プリアンプを通し、熟練のエンジニアよるマイキング技術も含めシミュレーションされていますので、瞬時に本格的なサウンドでレコーディングすることが可能です。

■仕様
入出力端子:INPUT×1、LINE/PHONES×1、SPEAKER OUT×1
プリアンプ:Nutube 6P1
パワーアンプ出力:最大50W RMS@4Ω、25W RMS@8Ω、12.5W RMS@16Ω
電源:ACアダプター DC19V
消費電力:3.43A
外形寸法:135(W) x 75(D) x 100(H)mm
質量:540g
付属品:ACアダプター、電源コード

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/10/08 

11111センド・リターン端子を増設してなおよろし

投稿者名Reviewed bycol 【宮城県】

  プリアンプ部にNutube3極真空管を用い、パワーアンプ部にはD級アンプ(スイッチングアンプ)を用いた、ある意味でのハイブリッドアンプ。
  使用するギターのピックアップなどにもよりますが、Gainつまみはゼロ(7時)から12時くらいまではクリーン、12時~3時弱くらいはクランチ、3時以上はドライブ/リードという感じです。ゲインを上げると高音部がこもっていくようで、ピックアップやキャビとの組み合わせにもよりますが、クリーンのときのToneは12時未満くらいでちょうど良くても、クランチ~ドライブのときにはToneをもっと上げてちょうど良いかもと感じます。クリーンで使用する場合はToneの12時以降は効き過ぎてハイが痛いと感じるかもしれません。
  Volumeつまみを上げても決してパワー管(真空管)の歪み音が出てくるわけではありませんが、ある程度音量があるときのスピーカー出力には十分に音圧があり、キャビネットが総合的に響くことによって、アンプ全体としてフルチューブに近い良い感じの音に聞こえる気がします。1960も余裕で鳴らせますしJCのリターン挿しでもまぁOK。
   以下は、ネット上で共有されている裏技・モディファイに関する情報の整理:
 ・ Phoneアウト端子: プラグを奥まで挿すとキャビシミュを通った音が出て、半挿しするとキャビシミュなしの生のプリアンプ出力が出る。スピーカーアウトと同時使用可。Volumeで音量調節可能。
 ・ Fat/Brigt mod: BQモデルでは、内部基板のFat/Bright端子を短絡しても効果が認識できなかった。初期3モデル(Clean、AC、Rock)限定なのかも。
 ・ センド・リターン端子(FX-loop)は、エフェクター自作などの経験がある人にはDIYで簡単に増設可能。手順は”MV-50 FX-loop” で検索可。 自分は海外サイトを参考にジャック2個分の部品代300円弱でセンド・リターン端子(FXループ)をDIYで増設しました。なお、紹介されている方法ではスピーカー出力にのみFXループが有効です。
  総じて、持ち運びも楽で、ほぼどこのリハスタやライブ会場でも満足できる音作りができるようになったので、とても満足しております。

レビューIDReview ID:109789

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/02/01

11111こんな価格で良く出来たものだ・・。

投稿者名Reviewed byどんぐりころころどんぐりこ 【千葉県】

まだ購入したばかりですが、MV50の持てるポテンシャルの奥深さを感じます。
大音量でなければクリーンからクランチ、リード位まで利用でき、割と守備範囲は広いです。
それ以上の歪が必要ならゲインを絞り、エフェクターで色付けを行えば良いでしょう。
筐体のコンパクトさにも舌を巻きますが、中身に関しては立派なチューブアンプのそれです。
ループ機能はありませんので、使用方法には工夫が要りますが、総じてこのギターアンプのコストパフォーマンスは高く、満足度も高いです。

レビューIDReview ID:100189

参考になった人数:8人

8 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

VOX ( ヴォックス )
MV50-BQ Boutique

商品ID:252094

¥16,500(税抜)

(¥18,150 税込)

  • 送料無料

1,814ポイント内訳

  • 181Pt

    通常ポイント

  • 1,633Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 1,814Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top