ここから本文です

サウンドマート

PRESONUS ( プレソナス ) / StudioLive 16.0.2 USB デジタルミキサー

PRESONUS ( プレソナス )  / StudioLive 16.0.2 USB デジタルミキサー

  • PRESONUS ( プレソナス )  / StudioLive 16.0.2 USB デジタルミキサー画像1
  • PRESONUS ( プレソナス )  / StudioLive 16.0.2 USB デジタルミキサー画像2
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
PRESONUS / StudioLive 16.0.2 USBは、デジタル・パワーとアナログ・フィールを融合したコンパクトなデジタルミキサーです。ハードウェア/ソフトウェア統合デジタル・ミキシング&レコーディング・システム。USBマルチチャンネル・レコーディング・インターフェースを装備。

こちらの
商品も
オススメ!

こちらの
商品も
オススメ!


■デジタルのパワーとアナログのフィールを融合
ライブ・イベントや制作中には素早くミキシングできることが重要。

StudioLive 16.0.2 USBの直感的なインターフェースは、重要なコントロールの全てが見やすく、メニューやレイヤーに埋もれることがないためアクセスも簡単です。

チャンネル毎に1つのフェーダー、バス毎に1つの出力、そして機能ボタンとロータリー・トリムコントロール、EQとダイナミクス・プロセッシング用のノブが搭載されています。Auxセンドにも独自のフィジカル・コントロールを装備。各チャンネルには大型で明るいメーター・ディスプレイが用意されています。

■ビッグな機能をスモールな筐体に搭載
400mm四方に収まるコンパクトなボディに、モノ入力ch 8系統、ステレオch 4系統、Auxバス4系統を装備。それぞれに高品質60mmフェーダーを搭載。豊富なアナログI/O、XMAXクラスAマイクプリアンプ12基、トークバック入力、正確なメータリングを用いた広範なシグナル・プロセッシング、そしてUSBマルチチャンネル・レコーディング・インターフェースを提供。レコーディング/リモート・コントロールを可能とするソフトウェア・スイートも収録しています。

■制限のないシグナル・プロセッシング
十分なDSPパワーを備え、どのプロセッシングがどこで使用可能かを考える必要はありません。Fat Channelは、各chおよびバスで、コンプ、リミッター、エキスパンダー、3バンド・セミパラメトリックEQを、各チャンネル・マイクプリアンプに位相反転、プロフェッショナルに作成されたプリセット・ライブラリ、プロセッサー設定の保存および呼び出し機能を提供。メイン・バスには、ステレオの31バンド・グラフィックEQを用意。さらに、32-bitディレイ/リバーブ・エフェクト・プロセッサー2基も装備しています。

■秀逸なサウンド
スタジオ・コンソールのように優れたディテールと明瞭度を実現しています。高品位Burr-BrownコンバーターをA/D/Aに採用し、クラス最高峰のダイナミック・レンジ118 dBを提供。高域も低域も優れた精度でとらえ歪みも生じさせません。また、レコーディングの要となるXMAXマイク・プリアンプは、驚くべき高ヘッドルームでディープな低域からスムーズな高域まで豊かなサウンドでキャプチャーします。

■レコーディング機能
18入力16出力USBオーディオ・インターフェースが統合されており、PCでのマルチトラック・レコーディングを実現できます。16chとメイン・ミックスは全てUSB経由で接続されているMacやWindows PCにストリームされており、各チャンネルは個別にコンピューターの入力または専用デジタル・リターンにアクセス可能です。付属するCaptureソフトウェアで全てのチャンネル入力とメイン・ミックスをワンクリックで録音できます。また、付属のStudio One Artistや、ASIOまたはCore Audio対応のDAWレコーディング・ソフトウェアで収録することもできます。スタジオでもライブでも同じ容易度でレコーディングが行えるのです。

■フレキシブルなコントロールを実現する統合ソフトウェア
StudioLive 16.0.2 USBは最新鋭のソフトウェア・スイートとタイトに統合しています。コンピューターとUSB接続しUC Surfaceタッチコントロール・ソフトウェア(Mac/Windows/Android? /iPad?)を使用していつでもどこでもミックス。iPhone?/iPod? touchおよびAndroid? 用のQMix?-UCを使用すれば、UC Surface経由でミュージシャンが各モニター・ミックスのコントロールも可能です。Mac/Windows用Capture?でバーチャル・サウンドチェックを自動化でき、ライブをそのまま録音。そしてStudio One Artistで編集してデジタル・リリースまでも可能です。StudioLive 16.0.2 USBとソフトウェア・スイートはクリエイティブ構想の実現をサポートするエコシステムなのです。

■見た目通りのシグナル・フローを提供する専用アナログ端子
StudioLive 16.0.2 USBのリア・パネルには、アナログ・ミキサーに見られる堅固な接続が並んでいます。8系統のモノ・チャンネルに対するバランス・マイク入力、8系統の?"ライン入力、4系統のバランスRCAライン入力、4系統のAuxバスとメイン・ステレオ・バスそれぞれに対する専用のバランス出力を用意しています。入力チャンネルとバス・センドにはそれぞれ独自の端子が用意されており共有や妥協の必要もなく、各出力からのフローを常に正しく把握することができます。

■MIDIコントロールでパフォーマンスに刺激を追加
StudioLive 16.0.2 USBはiPad? 、iPhone? 、iPod touch? 、Androidなどモバイル・デバイスからコントロールできますが、ミュージシャンが演奏中に操作するのは困難です。そのために、StudioLive 16.0.2 USBはMIDIに対応しています。MIDIフットペダルまたはDAWを使用すれば、MIDIプログラム・チェンジでシーンを呼び出す、メイン出力ボリュームやエフェクト・レベルのコントロール、ソング間のエフェクト・ミュート、リバーブからディレイへ切り替える、ミックスをソロ用に変更するなど演奏中でも多彩なコントロールが実現できます。DAWを使用すればこれらを自動化することさえ可能。PAエンジニアがいなくてもパフォーマンスをよりエキサイティングで変化に富んだものにする優れた方法です。

※インターフェイスとしての動作環境につきましては 代理店サイト内の情報 を必ずご確認ください。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く

2019/03/31

11111快適です

投稿者名Reviewed bykmy 【京都府】

素人音響屋の私がデジタルミキサー3台目にしてたどり着いた機種です。これまで、ProDX8、DL1608と渡り歩き、QU-16Cとも比較して悩んだあげく、当機種StudioLive1602USBにしました。何よりもマニュアルがわかりやすく、アナログミキサーからの移行も簡単でした。またアナログ機としても単独で使用できます。MGP16Xも素晴らしい機種でしたが、それ以上に軽く、デジタルということです。Win8、iPadとの相性もバッチリで、付属ソフトも充実しています。最新のMacのOSとは繋がりにくかったです。これから改善されると思います。以上、素人目ですが大変快適で、ライブの現場に持って行くのが楽しみです。

レビューIDReview ID:91015

参考になった27

2022/06/24

111クロストークが発生します

投稿者名Reviewed by配信屋さん 【東京都】

AUX3の音声がAUX4に漏れます。
(AUX3に送った音声が、AUX4からもわずかに聞こえる)
メーカーに問い合わせた所、このクロストークは「仕様」の範囲内・・・とのことです。
と言っても、素人にも聞こえてしまう音量であるので、
同時使用には要注意です。
ですので、私の場合は漏れてもいいような感じでシステムを組んでいます。
なぜなら・・・・このミキサー、使い勝手良く、コスパが良すぎるからです。
同製品を10年以上使用しています。

レビューIDReview ID:130888

参考になった2

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

PRESONUS ( プレソナス )
StudioLive 16.0.2 USB デジタルミキサー

商品ID:246797

¥184,800(税込)

  • 送料無料

9,240ポイント(5%)内訳

  • 1,848Pt

    通常ポイント

  • 7,392Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 9,240Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

同等品のオススメはこちら!

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram