ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

dbx ( ディービーエックス ) / DriveRack VENU360 スピーカープロセッサー

dbx ( ディービーエックス )  / DriveRack VENU360 スピーカープロセッサー

  • dbx ( ディービーエックス )  / DriveRack VENU360 スピーカープロセッサー画像1
  • dbx ( ディービーエックス )  / DriveRack VENU360 スピーカープロセッサー画像2
  • dbx ( ディービーエックス )  / DriveRack VENU360 スピーカープロセッサー画像3
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
DriveRack VENU360は、ミキサー~パワーアンプ間に必要なすべての信号処理を実行するPAプロセッサーです。3入力6出力、デジタル入力対応、ウィザード機能も搭載。専用アプリを使えば、ワイヤレス・リモートコントロールが可能です。大きくなったLED画面は抜群の操作性を実現、Drive Rack PA2と比べ、より柔軟なルーティングが可能な最新モデル。
ホールや劇場などの固定設備から、ツアリングPAなど、規模の大小や常設仮設を問わず、高度なスピーカーマネージメントが必要とされる現場で大活躍します。

■主な特徴
・3入力6出力構成、2系統のAES/EBUデジタル入力も装備。内部ルーティング/ミキシング機能を搭載し、規模の大小を問わず様々なシステムに柔軟に対応。

・煩雑なセットアップを短時間で完了できるウィザード機能搭載。ディスプレイの表示に従い設定を進めていくことで最適なセットアップを完了。

・スピーカーやパワーアンプのモデル名および構成等を選択していくだけで、クロスオーバーやパラメトリックEQ、極性、リミッター、出力ディレイなどを最適な値に自動設定。選択できるモデルにはJBL PROFESSIONALやAMCRONをはじめ、主要メーカーの様々な製品が含まれており、最新のリストに更新も可能。

・音響出力系に必要なほとんどの機能を搭載。
会場に適した音質補正を自動的に行うオートEQ機能を搭載。オプションのRTAマイクロホンを使用して音場を分析し、最適なスピーカーの出力レベルと周波数特性を瞬時に判断。オートEQは出力処理段で挿入されるので、用途別に最適な補正が可能。

・24bitのADコンバーターは独自の“Type IV”方式を採用し、ダイナミックレンジを拡大。
タブレット端末やPCを使用してワイヤレスで制御するためのアプリケーション「VENU360 Control App」を用意。会場を歩き回り、実際の音を聴きながらサウンドを調整可能。

※「VENU360 Control App」をワイヤレスで使用するためには、Wi-Fi対応のタブレット端末またはPC、および無線ルーターが別途必要です。

・Control AppからレベルメーターやクリップLED、スレッショルドLEDなどのモニタリングが可能。

■音声入力
 端子数 3(端子1と2はアナログとデジタルで共用)
 アナログ入力
  チャンネル数 3
  端子・形式 XLR、電子バランス
  インピーダンス 30kΩ
  最大レベル +28dBu
 デジタル入力
  チャンネル数 4
  端子・形式 XLR、AES/EBU
■RTAマイク入力
チャンネル数 1
 端子・形式 XLR
 ファンタム電源 +48VDC
■音声出力(アナログ出力)
チャンネル数 6
 端子・形式 XLR、電子バランス
 インピーダンス 120Ω
 最大レベル +22dBu
■AD-DA変換 24bit、48/96kHz
■内部処理 32bitフローティングポイント
■周波数特性 20Hz~20kHz(±0.5dB)
■THD+N 0.0025%(+4dBu、1kHz、0dBゲイン)
■ダイナミックレンジ 110dB(ウェイトなし)
■電源 AC100V、50/60Hz
■消費電力 18W
■寸法(W×H×D) 483×44×199mm(除突起部)
■質量 2.6kg
■付属品 ラックマウントねじ(ねじ×4、ワッシャー×4)、電源コード
■タブレット・携帯端末 動作環境
iPad
OS: iOS 7.0以降
対応機種: iPad 2以降
Android
OS: Android OS 4.0.3以降
対応機種:7インチ以上のタブレット

■DELAY LENGTH: 0ms/0ft/0m - 1000ms/1127ft/343m

関連商品

スタッフレビュー

DriveRack VENU360は、LCRアナログ3入力やAES/EBUデジタル2入力(4ch)に対応した6出力のスピーカーマネジメントプロセッサーです。LMHのモノラル3Way構成はもちろん、ステレオフルレンジ+センターサブウーファー構成など様々なシステムに対応し、32bit浮動小数点プロセッサーがクロスオーバーに加え、オートEQによる音質補正、AFSによるハウリング抑制、入力や出力のタイミング調整(ディレイ)、コンプレッサー、リミッター、オートゲインコントロール、ノイズゲートといった多くの機能を実現しています。これらの機能は本体のボタンやホイールを使ってスタンドアロンで設定できる他、PCやタブレットを使ってリモート設定することも可能です。設定した内容はユーザープリセットとして75パターンまで本体に保存することができ、固定設備としての使用だけではなく、現場毎の設定を保存しておくことにより移動先での短時間セッティングが可能です。USBポート又はイーサーネットポートを介してのファームウエアアップデートがサポートされているのでメンテナンス性も抜群です。

技術サポート / 木内 正明技術サポート / 木内 正明

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews3
5
3件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/07/04

11111オーディオ趣味には敷居が高い

投稿者名Reviewed bynamsan 【茨城県】

スピーカーの自作が趣味で、周波数測定が必要なので購入した。
同じメーカーでは3ランク機種が出ているが、デジタル入力が有るのは本機(最上級機)のみなので、こちらにした。
測定マイクは、BEHRINGERなら半値ほどで購入出来るが、測定値の正確性を期待して割高でも同メーカーの純正品にした。
以前はマルチプロセッサーもBEHRINGERを使用していて、とても解りやすく操作に迷う事も殆どなかったが、それは1ウェイのみ。
今回かなり奮発したが、こちらのモデルにすることで、3ウェイマルチアンプ対応可能なので、使いこなせばかなり遊べると思う。
さて、開封し結線してみるが、多機能業務用機械のためとても解りにくい。
特にデジタル入力が、同軸でも光でも無いのが厄介だった。
民生用CDプレーヤーの同軸デジタル出力から、本機のXLRバランス入力への変換ケーブルを別途同時購入して接続したが、すんなりLR出力とは行かず、取説を読んでも該当する説明は無かったので手当り次第にONとOFFを繰り返してなんとか音出しまで辿り着いた。
業務用では当たり前の初期設定なのかもしれないが、ホームオーディオでデジタルマルチやデジイコを楽しみたい層向けに解りやすい解説が欲しいところ。
今回の結線は、デジタル入力一本と、左右SP出力用のバランスケーブル二本のみ。それでも左右のスピーカーから普通に音出しするのは敷居が高すぎた。
注意点としては、業務用機械のためか、アース付きの三心電源コネクターなので、TOMOCA ( トモカ )SA-3Pのような別売りコンセント変換アダプターが必要で、アース接地配線も別途追加した。
以前は撮影カメラを三脚に設置して、手持ち測定マイクの位置を微調整して記録していたが、今はスマホで撮影するため、マイクを三脚に固定しようとしたが、同時に購入したdbx ( ディービーエックス ) / RTA-M 測定用マイクに付属のマイクホルダーには、5/8吋⇒3/8吋変換ネジは付いているが、カメラ三脚のネジは1/4吋のため、Amazonにて3/8吋⇒1/4吋ネジを追加購入した。

レビューIDReview ID:105564

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/01/09

11111DriveRack PA2 から 買換え

投稿者名Reviewed bycafecafe 【東京都】

DriveRack PA2 も確かに優れた機材だと思って購入しました。 
dbx社の サイトや 色々な YouTube を あさって見て 自分なりに
dbx Drive Rack を勉強しました。
英語は問題ないのですが、実際 他言語での PA2 VENU360
の記事や 使い勝手を聞いて また 撮影された動画を 何回も繰り返して
見て勉強しました。 
メーカーサイト動画 画像、サウンドハウスさんの日本語動画だけでは
到底とらえきれない機能が PA2 と VENU360 の間にはあったのです。
価格が3万円以上違うのですから、考えてみても当たり前ですよね。
探し回れば YouTube には発売されてから 膨大な(少々オーバー)
投稿動画がある訳です。
購入者が 何をしたいのか? どの様な環境で使うのか?
自分がどの様なシステム構築を今後して行くのか!
どう使いこなすのか?!
を よくよく考え 勉強した上で 納得した上で このdbx DriveRack PA2
または dbx Drive Rack VENU360 を購入する事をお勧め致します。
使いやすさと 価格では 某B社で良いかもしれませんが、
圧倒的に その信頼性・機能性では この dbx Drive Rack には 勝てないでしょう。
安心して 使えますよ!
でも 機械まかせでなく、自分の耳を信じて EQ の操作も必要だと思います。
dbx Drive Rack を使うと 他の機材も 良くしたい衝動にかられます。

レビューIDReview ID:99426

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/01/06

11111クリアな音質。

投稿者名Reviewed byプー 【東京都】

通常はMIDAS M32のAESOUTに繋いで使っています。MIDASのステージボックスDL32にもAESOUTが2個あるのでぴったりでした。入力の設定は内部クロック96KでSRCを入れております。操作ですが、設定できる項目が多いので、PC若しくはiPadでコントロールした方が見通しがいいです。ソフトの操作にハードが追従するスピードも、本番時の使用に過不足なく耐えられるものと思います。特徴であるAFSはとても面白い機能で、今回バンドがAPFやVCがある編成でしたので、早速試してみました。どの程度までハウリングを抑え込むかは、イコライザーと同じでやはりセンスが必要ですが、正確な周波数を自動で叩いてくれるのはやはりありがたいです。AES入力が2(入力モジュール取り込めるのは実質音声3)(入力モジュール関係なければ、アナログ絡めて5入力)有って十分な機能があるVENU360。この実勢値段はとてもお安いと思いました。小型軽量で良音。私のように個人経営の小規模PA屋さんにはぴったりです。QU16やX32、M32等小型でデジタルアウトがあるミキサーを持っている人にお勧めできます。
※追記。この機種の看板機能オートEQですが、現場で毎回使っており、シビアな現場でなければAEQのカーヴをスタートポイントにしてもいいくらいです。良い結果を得るには、マイクを立てる測定点を吟味することがコツですね。最初の測定の基準ポイントの位置そして、マイクの高さが一番重要です。もちろんステージモニターのチューニングもできます。この時、最初の測定時、実際ヴォーカリストが歌うマイク位置にマイクを立てることで良い結果が得られます。ただしAEQは無理にフラットにしたがるので、カーヴをiPad or PC画面で確認し、特異点は手直ししています。Smaartで補正後の特性を見ることもありますが、思ったよりいい結果で驚きます。もちろん最後は音楽ソースやヴォイスでワンツーをしてFIXします。2ポイントから4ポイントの測定ポイントで、信号は5秒程度のサインスイープ。現場がピンクノイズで支配されることが無いし、トータル5分足らずで使える音になります。ところで、サウンドハウスに代理店が戻って、値段が安くなりました。(悔しい)(笑)

レビューIDReview ID:63151

参考になった人数:38人

38 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

dbx ( ディービーエックス )
DriveRack VENU360 スピーカープロセッサー

商品ID:212418

¥77,800(税抜)

(¥85,580 税込)

  • 送料無料

855ポイント内訳

  • 855Pt

    通常ポイント

  • 855Pt

    合計

閉じる

お取寄せお取寄せ

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

dbx DriveRack シリーズ

  • dbx DriveRackは、イコライジングやディレイなど、スピーカー・マネジメントを包括的に制御するスピーカー・プロセッサーです。ライブハウス、ホールからビッグネームの世界ツアーまで、あらゆるシーンにおいて高い評価を受けています。

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top