ここから本文です

サウンドマート

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / SpectraComp Bass Compressor

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / SpectraComp Bass Compressor

  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / SpectraComp Bass Compressor画像1
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / SpectraComp Bass Compressor画像2
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / SpectraComp Bass Compressor画像3
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / SpectraComp Bass Compressor画像4
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
驚異のベース用ミニチュア・マルチバンド・コンプレッサー。筐体こそミニチュア・サイズであれ、中にはベースのトーンを飛躍的に改善する、TCならではの高度なコンプレッション・テクノロジーが詰まっています。

[直輸入品][Direct Import]

筐体こそミニチュア・サイズであれ、中にはベースのトーンを飛躍的に改善する、TCならではの高度なコンプレッション・テクノロジーが詰まっています。

ベース用にチューニングされたスタジオ機器品質のマルチバンド・コンプレッサー
TonePrint対応
超小型設計
トゥルーバイパス
シンプルさを極めたワンノブ構成
9V/100mA
高品位コンポーネントを採用
過酷なユースにも耐え得る堅牢な仕様
TC ELECTRONIC SpectraComp Bass Compressor 図解1

関連商品

スタッフレビュー

同社のRHシリーズに搭載されているSpectra Compと同等の効果を得られるという事で、以前から気になっていました。実際に使用してみるとその使い勝手の良さに驚きです!
Spectra Compressorとは、低/中/高音域にそれぞれ独立したコンプレッションをかける事により、ナチュラルで高品位なサウンドが得られるスペクトラル(マルチバンド)型コンプレッサーのことです。SpectraComp Bass Compressorは、その効果を超小型設計且つシンプルなコントロールのみで再現しています。原音感を損なうことなく、音の粒がそろい、弾き心地は元より、聴き心地も格段に向上した印象を受けます。
さらにTonePrintにより、自分だけのオリジナル設定のコンプを作ったり、有名アーティストやエンジニア達のシグネチャー設定を簡単に使用できるので、他のコンプレッサー・ペダルと比べてもその自由度はかなり高いです。ダウンロードしたデータをスマートフォンで自由に転送できるのもとても便利ですね。
様々なシグネチャー設定が簡単にダウンロード出来るので、コンプ初心者にも玄人にもお勧めのベース用コンプレッサー・ペダルです!

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.1)
  • レビュー数Reviews9
この商品のレビューを書く

2022/04/25

11111良いです。

投稿者名Reviewed byChock 【京都府】

コンプはあっても無くてもどっちでもいいと思っていますが、粒を揃えるという用途としてはどうでもよくて、音作りのため購入しました。なのでマルチバンドは必須でした。
結論としては、費用対効果を考えると最強レベルの商品だと思われます。
本体はワンノブでシンプルな作りのため、細かいパラメータの編集はパソコンかスマホ、タブレットでやることになります。ただ、Macに接続したらノイズが乗りました。USBハブのせいかもしれませんが、どっちにしてもノートではないため実用性を考えてiPhone+Lightning-USB変換を使ってコントロールしてます。こっちはノイズなしです。
USB接続をしないと、スマホのスピーカから出る信号音をベースのピックアップで拾って設定を本体にセットする感じで、家だと結構うるさいです(笑)
USB接続しない場合は編集はできず、プリセットしか使えません。(ただ、Nathan EastのTonePrintはかなり使い勝手がいいです。さすがです。)
なので、細かくパラメータをいじるのならスマホUSB接続がおすすめです。
Kneeが固定の機種も多いですが、このコンプはKneeも自由に設定できるので、ナチュラルからガッツリまで設定可能です。もちろん分割する周波数も設定できます。(3バンドです。4バンドとかあったら面白かったけど、価格からしたら十分なスペックですね。)
また、基本的にはスマホからの設定になるので、例えばいくつかの設定を保存しておいて、曲によって素早くセッティングを変えるなんてことも可能です。High,Mid,Lowとゲインもいじれるので、EQ的な扱いも可能です。(EQではないので流石にQはいじれませんが…)
まだライブに使ったことはないですが、本体に保存できる設定はひとつなので、ライブ中に設定を変えなければいけない場合、スマホのバッテリーが切れたら完全終了なのでスマホのバッテリーには注意しないとですね(笑)
でも、いちいちノブを調整する手間がないのですごく便利です。
パラメータの数が多いので、コンプ(というか音響機器)に慣れていない人には小難しく感じるかもしれませんが、マルチバンドコンプレッサは勉強するだけの価値のあるものです。とにかく音作りの自由度はグンと上がります。
検討の価値はあるかと思います。

レビューIDReview ID:129158

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/12/13

11111最高

投稿者名Reviewed byTR 【兵庫県】

、、これはすごい
3バンドの自由な周波数帯域に、それぞれ好きなようにニーからブレンドから何から何まで設定できる
ある帯域だけスレッショルド0にしてゲインだけ操作できたり(それEQですね)、ノブはひとつだけだけど3つまでパラメータの調整をアサインできるし、ほんとにおよその音作りと微調整も完璧ではないか
USBアダプターでつなげばiPhoneから無料アプリで全てのパラメータを触れて(アンドロイドはエディタのみ未対応)、もちろん保存もできる
隅々の機能をまともに使うにはエンジニア並みの知識がないとまず無理だが、ライブラリーにだいたい狙いに近いパッチはあると思うのでそれに自分なりの手を加えていけばいい
あとわりと勘違いされてるみたいだけど、これコントロールがデジタルなだけで音声信号の処理はアナログです

レビューIDReview ID:87865

参考になった人数:11人

11 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/09/10

11111上級者向けとして威力を発揮するコンプレッサ

投稿者名Reviewed byすぎお 【福岡県】

初級者が、デフォルトで使うつもりなら、お勧めしない。
中級者なら
スマホアプリを使って、とりあえずいろいろ試せる。
ベースさえあれば、スマホと結線する必要も、Bluetooth接続の必要もなく、簡単。
現時点で、25種ほどプリセットがあり、いくつか試して、お気に入りに登録しておくとよい。
私のお気に入りはPararellComper。
上級者
PC,Mac,iPadとUSB接続すれば、Editerアプリで、山ほどパラメータをいじれる。
3バンドのマルチで使えるし、特性がグラフで見えるのはいいが、
古いマシンだと、画面の追従がおそく、イライラするかも。
Editerの作りが、iOSや、MacOSの作法ではなく、20年以上前のWindowsソフト的なのがやや興ざめ。
スマホ用アプリはダウンロードできるので、購入前に見てみると言い。
Editerはソフトは無料でダウンロードできるが、実機に接続しないとEdit画面がでてこないので、
事前のお試しはできない。
2018/9/10 追記
Tonprintアプリがバージョンアップし、スマホでもEditorが使えるようになった、しかも操作性、レスポンスとも大幅に改善されストレスフリー。
コンプの仕組みを理解できている人なら買って損はない。評価を5に変えます。

レビューIDReview ID:83212

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/05/16

11111なかなかマニアックな逸品

投稿者名Reviewed byamakann 【東京都】

デフォルトの設定やToneprintで適応できるプリセットもまぁまぁ使えるものだが、何よりこの商品の強みはパソコンにつなげることでパラメーターを自由自在に設定ができるマルチバンドコンプレッサーになるところだろう。

参考までにToneprint Editorのスクリーンショット
i.imgur.com/8lLZ6G6.png

「3バンドの帯域、レベル、スレッショルド、ゲイン、ブレンド割合、Attack、Ratio、Hold、Release、Knee」
以上のパラメーターがそれぞれの帯域別で設定できる。
またワンノブはこれらのパラメーターのうち3つまでをアサインでき、そのノブの掛り具合も設定が可能。
また、PC上でのパラメーターの変化はリアルタイムでペダルに反映されるので実際弾きながらテストできるのはとても良い。

直感的な操作ではないため、DTMの知識がないと扱いづらい代物かもしれないが、それぞれのパラメーターの意味が分かれば、正直これ以上自分好みに設定できるコンプレッサーは存在しないだろう。
根気強く設定をすれば大根に似せることもできるし、マルコンとそっくりな設定もできると思う。

レビューIDReview ID:63913

参考になった人数:24人

24 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2022/01/05

1111いろいろ試したけと

投稿者名Reviewed byさだんさだん 【兵庫県】

これね、いろいろいじくり回してたら段々訳分からなくなってきます(笑)結局、ネイザンイーストのプリセットをそのまま使ってます。このcaptain eastってやつ、音も太いし圧縮率も程よい感じ。スラップも指弾きもどちらもOKって感じでかなり気に入ってます。個人的にはかなりおすすめかなぁ、、

レビューIDReview ID:125597

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )
SpectraComp Bass Compressor

商品ID:210893

¥16,500(税込)

  • 送料無料

825ポイント(5%)内訳

  • 165Pt

    通常ポイント

  • 660Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 825Pt

    合計

閉じる

入荷未定入荷未定

数量

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube Twitter Instagram