ここから本文です

さうんどはうしゅ

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / EAST RIVER DRIVE

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / EAST RIVER DRIVE

  • ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )  / EAST RIVER DRIVE画像1
3
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
East River Driveは、甘い音色が魅力のTS系オーバードライブ。中音域にフォーカスされたサウンドは、ギターとアンプの特性を活かしたサウンドメイクが可能です。一般的なTS系より広いレンジを持ち合わせ、より幅の広い音作りを実現しています。原音を損なわないトゥルーバイパス仕様です。
■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■コントロール
・VOL :出力レベルの調整
・DRIVE:歪の調整
・TONE :トーンの調整
■トゥルーバイパス仕様
■電源:9V電池またはDC9Vアダプタ(別売)
■寸法、重量:72W×110D×50Hmm、240g
■TS系の甘い音色を持つオーバードライブ。ギターとアンプのトーンを活かした音作りができます。
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(4.8)
  • レビュー数Reviews10
この商品のレビューを書く

2019/11/21

11111コスパ最高

投稿者名Reviewed bytaka115 【大阪府】

ts系にエレハモ感の荒々しくあたたかい歪みが足されたような音で、確かに歪み幅は広いし、toneもなかなかきく。
ただ、ts9あたりの音を狙っているならキャラクターはまるで違うのでご注意を。
初めてのオーバードライブの購入にももってこいです。

レビューIDReview ID:97873

参考になった1

2019/09/16

11111BB PreAmpと比較して

投稿者名Reviewed by正平 【東京都】

BB PreAmpがまろやかな角のないトーンに秀でるのに対してこちらはシマリのあるはっきりしたトーンに特徴があります。
ゲイン幅が広いので色々できます。
加えてハイゲインペダルの前段に置くブースターと使っても(ゲインゼロ)、音が前に出てくるというか、輪郭をはっきりさせる効果が高いのでソロの時に重宝します。
BB PreAmpのトーンコントロールはTrible、Bassに対してこちらはToneノブ一つですが、だいたい9時から3時のどこかでバッチリハマるので悩むことがない。
BB PreAmpの方が環境(ギターやアンプ、前後のエフェクター)に左右されやすい感じかな。
ばっちりハマったときの音の感動は凄いですけど。
一方East River Driveの方は単独でも、ブースターでも、ポリバレントで使いやすい。
でも、それが感動の音か?って言われるとそうでもない。
そのあたりがBBとの違いでしょうね。
まあでも、これでこの安さは正直信じがたい。
きっと何か致命傷があるのでは?と疑って色々と粗探しはするのですが、今のところデザインのしょぼさ以外は見当たりません。

レビューIDReview ID:95853

参考になった4

2019/07/01

11111美しい残響音

投稿者名Reviewed byテリヤキボーイ 【埼玉県】

皆様がおっしゃっている通り、TS系の音で間違いありません。また、これも皆さんがおっしゃっている通り、TSよりも音作りの幅は広いです。あと、個人的に感じたのですが、音を出した後に微かにリバーブが掛かっているように聴こえます。それが、非常に美しくてたまりません。そのため、フュージョンなんかでも重宝するのではないでしょうか。私は、メインはアンプで音を作りますので、エフェクターは、あくまで補足程度ですが、HRをやっても十分使えます。コーラスまで繋ぎたくないけど、オーバードライブにひと味加えたいなんて方には良いエフェクターだと思いますよ。

レビューIDReview ID:93676

参考になった2

2017/12/07

11111とにかくコストパフォーマンスが高い

投稿者名Reviewed byDay dream nation 【東京都】

レンジの広いTS と多くの方がレビューされておりますが、まさにその通りで、それ以上の説明はいらないくらいかもです。

IbanezのTS-9と出音は本当にそっくりです。目隠しされたらたぶん分かりません。

レンジが広いと言われている通り、確かにTS-9をドライブフルテンにした辺りがEast Riverのドライブ13~14時辺りに相当します。
ただいくらレンジが広いと言ってもあくまでTS系なのでそこまで大きな違いはありません。

ゲインだけでなくトーンのレンジもこちらの方が広いです。こちらの方が私としては印象が良かったです。
特にハムバッカーのギターを使用されている方なんかは、TS-9だとトーンは14時以降にしないと音がこもって抜けきらないのでその辺りに設定されている方が多いかなと思います。
East Riverはトーン15~16時辺りがTS-9のトーンフルテンにした音色に相当する感じです。
まぁ、あまりハイファイすぎても使えないのでこれは特に強みではないかもしれませんが、他のペダルとの組み合わせを前提にしている場合は意外とこのレンジの広さには助けられます。

TS-9に比べて筺体もコンパクトで、LEDランプも見やすく、またトゥルーバイパス設計、そしてこの低価格という事を鑑みると
総合的にはこちらの方が良いと言いきれてしまうかもしれません。
トゥルーバイパスなのでライバル機種はTS-9でなくMAXONのOD-9になるかと思いますが、そちらは価格が倍近くしますので。。
コストパフォーマンスで言えば圧倒していると言っても過言ではないかと思います。
あまり有名じゃないのが不思議なくらいです。

特にルックスに これぞチューブスクリーマー! 的な要素にこだわりを持っていなければTS系ファーストチョイスの場合なんかはこちらを選んでおいて間違いないかと思います。

レビューIDReview ID:78004

参考になった11

2017/02/06

11111所謂、隠れた名器です。

投稿者名Reviewed by慢性鼻炎 【兵庫県】

これは非常に優秀なODです。
TS系の音色なのですが、ゲインのレンジは本家より広く、初心者の方でも使いやすいペダルであると思います。

悪く言えば面白くはない。普通。
でもそれはつまり、音作りが苦手な方でもそれなりに良い音を作れるということです。

あまり話題になりませんでしたが、エレハモにしては珍しく人を選ばない、普遍的なペダルだと思います。
気持ちいいクランチトーンを弾きたい方はこの価格帯なら圧倒的にこれをオススメします。

レビューIDReview ID:69982

参考になった6

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )
EAST RIVER DRIVE

商品ID:196299

¥10,500(税込)

  • 送料無料

315ポイント(3%)内訳

  • 105Pt

    通常ポイント

  • 210Pt

    ポイント3倍キャンペーン

  • 315Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram TikTok