ここから本文です

DIGITECH ( デジテック ) / WHAMMY5

DIGITECH ( デジテック )  / WHAMMY5

  • DIGITECH ( デジテック )  / WHAMMY5 画像1
  • DIGITECH ( デジテック )  / WHAMMY5 画像2
  • DIGITECH ( デジテック )  / WHAMMY5 画像3
  • DIGITECH ( デジテック )  / WHAMMY5 画像4
3
  • メーカーサイト
名ギターリストのペダルボードで活躍するピッチシフトペダル。定番ワーミーサウンドに加えて、和音を保ったままの美しいシフティングという課題を克服。
■ギター用エフェクター
■ワーミーペダル
■コードシフトにも対応する、次世代ピッチシフティング・アルゴリズム
■シングルノートとコードシフトを切り替えるクラシック/コードスイッチ装備
■バイパス時にサウンドを劣化させないトゥルーバイパス
■スムースで揺らぎのないピッチベンディングエフェクト
■MIDIインプット装備
■専用電源アダプタ付属
■寸法、重量:196Lx170Wx61Hmm、1.37kg
~メーカーサイトの解説より~
■伝説のWhammyペダル、それは多くのギタリストのペダルボードで活躍するピッチシフトペダルです。そしてそれは時代を超えて進化し続けています。第5世代の新しいWhammyペダルは定番となっているワーミーサウンドに加えて、これまで美しくシフティングすることが困難だった和音を保ったままのシフティングも克服し、リクエストの多かったトゥルーバイパスも獲得しました。
■ユニークなピッチシフトサウンドにより楽曲をさらに魅力的に表現した、Whammyを使用するアーティストが受賞したグラミー賞は60を超えています。さらにロックンロールの殿堂においても高く評価され、世界中で7億枚以上のアルバムでそのサウンドを聞くことができます。Whammyペダルがギタリストのペダルボードの定番であることがうなずけることでしょう。
■Whammyペダルは音楽の可能性をさらなる次元に導きます。リードパートをワイルドで感情的なスクリームサウンドに変え、コードによるピッチベンドはさらなる表現力を与えてくれます。オーディエンスを熱狂的にし、波のように押し寄せるサウンド、フレットボード全体を駆け回るピッチシフトによりエネルギーは最高潮に達します。Whammyペダルはその演出に欠かせない無限の表現力を持ったペダルです。

電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:6
この商品のレビューを書く

2018/03/16

11111スピード発送。

投稿者名:emy 【東京都】

迅速且つ丁寧な対応を頂き、ありがとうございます。
とても安心して利用させて頂きました。機会がありましたらまたよろしくお願いします。

レビューID:80706

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/05/04

11111最強の飛び道具

投稿者名:梅干し 【兵庫県】

‪「ワーミーは歪みの後段に置くもの」という言説が主流になっていますが、メーカー推奨は一応全ペダルの最初ですので注意してください。 ‬
‪このペダルに関してはしっかり説明書を読むことをお勧めします。
私の場合、ペダル動作が購入時から不自然でしたのでキャリブレーション設定を行いました。

‪以前知り合いの第4世代を借りたのですが、バイパス時でも音痩せが気になりました。‬
その点はもう安心です。

‪しかしトゥルーバイパスといってもフットスイッチをmidi機能やペダルの調整に利用する為か、単なる機械式スイッチではないようです。‬
‪電源オフの状態では、どうやらスイッチが固定されているらしく、エフェクトオン状態で電源を落とすと、スイッチをいくら押してもバイパスにはならず音は出ないので注意してください。‬

‪あと新機能の和音モード、音質はかなり劣ります。
‪歪みの後段ですと特に、エフェクトオンオフ時の音質差が目立ちました。
‪加えてこのモードでは、少しリバーブのかかったような残響音が残ります。‬

‪あとmidiで外部からペダルを操作する場合、クラシックモードしか使えないようです。‬
‪やはりクラシックモードですと度数の離れた和音は潰れてしまうので痛いかもしれません。‬

‪第4世代では、DETUNE・DEEPモードの時はペダルの踏み込みがSHALLOWモードの完全踏み込み時と同じだけデチューンかかった状態から始まったと記憶していますが、こちらの製品ではDEEPモードも踏み込みが完全に原音のみの状態から始まります。‬

‪色々書き連ねてしまいましたが、エフェクト時のハイファイさというか、「いかに原音を崩さないか」みたいな指標はこのペダルには不要なのかなと私的に思います。 ‬

‪なんたって飛び道具ですから、そこらへんは割り切りましょう。‬

‪当然ですがエフェクト時の音痩せや音遅れはハッキリとあります。‬

‪でもkilling in the nameのギターソロの音が出せれば私は文句はありません。 ‬
‪そういう意味での星5です。‬

‪文句があるとすれば、ペダル部分のロゴマーク彫刻です。‬
‪彫刻の隙間にゴミがたまります、日本ですと畳のカスが特に……。‬

レビューID:72482

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/04/26

11111音質は最高!!

投稿者名:ふ~た 【東京都】

Gシステムなど高額なマルチは、あまり使用したことがないので、比較はできませんが、今のところ、ワーミーに勝る音質のピッチシフターはありません。
ピッチの上げ下げで、作られた音っぽくなるのはしょうがない(といってもしょせん飛び道具なのでそれのほうがいいのですが)としても、音の太さと前に出てくる感じ(音量差ということではなく)輪郭など、他を圧倒しています。特にステージで使用すると実感します。
純然たるピッチシフトで使うなら、少々値は張りますが、これを使用したほうが、期待する効果を実感しやすいかもしれません。

レビューID:72295

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/01/21

11111楽しい

投稿者名:名無し 【山口県】

とりあえず、面白いです!
和音でハイフレットはむちゃくちゃ気持ちいいですね
やはり、少しの音ヤセはあるようです。
音作りで解決されるので気にはならないです。
静かめの曲のソロとかで和音を使ってあげると雰囲気いい感じになるんじゃないか!?
なんて思ってます。

レビューID:38036

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/11/11

1111第4世代から乗り換え

投稿者名:hjmekirts 【新潟県】

かつて第4世代のワーミーを使っていましたが、こちらに買い換えました。
ポイントになったのはトゥルーバイパス化とフットスイッチの位置変更、アウトプットジャックの1本化。
特にトゥルーバイパスになったのは大きな恩恵を受けています。
第4世代の頃はバイパス時にも露骨に音痩せし、レスポンスも若干遅くなっていると感じました。エフェクトをONにするとなおのこと出音が遅れていました。
ですがこの第5世代はトゥルーバイパスになったためバイパス時の音痩せやレスポンスの遅れは皆無です(ワーミーの前にバッファは繋いでいます)。
エフェクトをONにしても、第4世代に比べるとほとんどレスポンスの遅れを感じません。アタックまでくっきりと聞こえるようになりました。
フットスイッチの位置が第4世代より右下の方に変わり、初代に近い配置になりました。
このためエフェクトボードに乗せていてもスイッチングがしやすく、またペダル操作中に誤ってフットスイッチに触れてしまう可能性も低くなりました。
エフェクトONのLEDもフットスイッチ直上に移設されたため、暗いステージ上でも非常に視認しやすいです(第4世代はモードのLEDと近くて誤認しやすかったため)。
アウトプットジャックの1本化により2本出ししなくてもバランスのとれたハーモニー・デチューンサウンドが楽しめるようになったのはありがたいです。
欠点としては、Whammy DTの下位互換的な立ち位置であることと、ペダルがやや固めなことが挙げられます。
Whammy DTの方が価格は高いですが、完全上位互換(モーメンタリースイッチなど)となっています。
また第4世代に比べるとペダルの動きが重く、素早い動きがしにくいという難点があります。
ペダルの固さはある程度調整できるのですが、構造上やや面倒ですので注意してください。

レビューID:44901

参考になった人数:23人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

DIGITECH (デジテック)
WHAMMY5

商品ID:176838

¥21,000(税抜)

(¥22,680 税込)

  • 送料無料

865ポイント内訳

  • 226Pt

    通常ポイント

  • 639Pt

    ボーナスポイント

  • 865Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top