ここから本文です

サウンドマート

ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) / EARTHWOOD 12-STRING LIGHT PHOSPHOR BRONZE

ERNIE BALL ( アーニー・ボール )  / EARTHWOOD 12-STRING LIGHT PHOSPHOR BRONZE

  • ERNIE BALL ( アーニー・ボール )  / EARTHWOOD 12-STRING LIGHT PHOSPHOR BRONZE 画像1
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
■アコースティックギター用弦
■12弦用
■フォスファーブロンズ
■9-9、12-12、20w-9、26-12、36-20p、46-26

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews2
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2021/04/21 

11111流石世界の…

投稿者名Reviewed byリード 【京都府】

音も素晴らしく、煌びやかで伸びのあるサウンドです^^テンションがキツ過ぎるダダリオ12弦からの乗り換えです。(0.10はじまり)
0.09はじまりなので期待したのですが、テンションまだまだキツいです。非力な私は12弦引退なのでしょうか?三弦の複弦は、0.08でも良かった感が有ります。昔のtfモーリスに張りましたが、当時ギター出荷時の弦は、かなり細かったのかな?
追記
5限の複弦が0.20も辛かったので、0.17に変えました。
3弦の複弦が0.09も太いので、0.08に変えました。
今は4弦の複弦0.12を0.11に替えようと思ってます。
結局のところ割高になりました。

レビューIDReview ID:116752

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/11/03

1111190年代前半のタカミネ使用者におすすめ

投稿者名Reviewed by実はフィドル弾き 【東京都】

現在、12弦のセットは10−47(副弦10−27)が一番出回っているので、多くの方もその太さの弦を使っているのではないかと思います。
けれども、90年代前半のタカミネのカタログを見ると、当時発売されていた同社ブランドの12弦セットはもう少し細めです。タカミネの12弦はネックも細めですし、当時の100シリーズなどは弦長も今より長いので、10−47だとネックへの負担も大きいと思います。
現在、タカミネは自社ブランドの弦を出していませんが、当時の弦のスペックに一番近いのがこのセットでしょう。
90年代のタカミネ12弦使用者で「テンションがきつい」「ネックが反りやすい」という人は試しに使ってみてはいかがでしょうか。私のタカミネもこの弦と相性が良いようです。

レビューIDReview ID:110743

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ERNIE BALL ( アーニー・ボール )
EARTHWOOD 12-STRING LIGHT PHOSPHOR BRONZE

商品ID:171428

¥845(税抜)

(¥930 税込)

  • 送料無料

92ポイント内訳

  • 9Pt

    通常ポイント

  • 83Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 92Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top