ここから本文です

dbx ( ディービーエックス ) / 286s チャンネルストリップ

dbx ( ディービーエックス )  / 286s チャンネルストリップ

  • dbx ( ディービーエックス )  / 286s チャンネルストリップ画像1
  • dbx ( ディービーエックス )  / 286s チャンネルストリップ画像2
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
5種類のダイナミックプロセッサーを搭載したスタジオマイクプリ超定番286Aのシルバーバージョン!はじめてのプロセッサーとして抜群の使い勝手を提供します。
■286Aとの違いについて
シルバーに変更
マイク入力時のGAINの調整範囲が+10dB~+60dBから→0dB to +60dB
ライン入力時は-20dB~+30 dBから-15dB to +45 dB

【マイク入力】
■入力端子:XLR 2番ホット
■入力インピーダンス: ~4.2kΩ
■最大入力レベル: 0.25Vrms, Gain = 30dB
■入力ゲイン: 0dB to +60dB
■ファンタム電源: +48VDC
■CMRR: >40dB, typically 55dB
■EIN: -125dBu, 22Hz-22kHz, 150Ω source impedance

【ライン入力】
■入力端子:フォン
■入力インピーダンス: 10kΩ unbalanced, 20kΩ balanced
■最大入力レベル: >+21dBu, balanced or unbalanced
■入力ゲイン: -15dB to +45 dB
■CMRR: >40dB, typically 55dB

【インサート】
■端子:1/4TRSフォン( tip:Send, ring:Return)
■Ring: Impedance: >5kΩ
Maximum Level: >+21dBu
■Tip: Impedance: 100Ω
Maximum Level: >+21dBu, >+20dBm (600Ω load)
■Noise: <-89dBu, unweighted (20Hz-20kHz);
■LINE GAIN Control set to 0dB
■Distortion: <0.01% THD, 20Hz-20kHz, +10dBu

【ライン出力】
■出力端子:1/4" TRSフォン(Balanced/Unbalanced)
■出力インピーダンス: 100Ω unbalanced, 200Ω balanced
■最大出力レベル: >+21dBu, >+20dBm (600Ω load)
■出力ゲイン: -30dB to +10dB
■Noise: <-80dBu unweighted (20Hz-20kHz); Both Gain Controlsset for 0dB, all processing controls OFF
■周波数特性: 20Hz to 20kHz, +0.5/-0.5dB
■Distortion: <0.08%THD, 20Hz-20kHz, +10dBu, all Processing Controls OFF

【コンプレッサー】
■スレッショルド: -40dBu to +20dBu
■OverEasy?
■レシオ: >4:1 For input levels beyond 20dB above threshold
■最大圧縮レベル: 30dB
■アタックタイム(プログラム依存): >1s for small level increases,down to 10ms for larage increases
■リリースタイム(プログラム依存): adjustable between a約1dB/sec and 75dB/sec
■ディスト―ション: Typically <0.05%THD, 20Hz-20kHz, 15dB G/R, +10dBu Output, DENSITY @ 0
■SMPTE Intermodulation Distortion: <0.05%; 60Hz/7kHz 4:1, 15dB G/R, +10dBu Output Level, DENSITY @ 0

【ディエッサー】
■キャラクター: Wideband Gain Reduction
■周波数レンジ: 800Hz to 10kHz High Pass, 12dB/octave
■リリースタイム(プログラム依存):約1ms/dB

【エンハンサー】
■HF: シェルビングイコライザー, 約15dB (最大ブースト時)
■LF: べルシェイプ・ブースト @ 80Hz, カット @250Hz(レシオは約 2:1)

【エキスパンダー/ゲート】
■スレッショルド: OFF to +15dBu
■レシオ: 1.5:1 to 10:1
■最大Depth: >50dB
■アタックタイム(プログラム依存):約2mS (最大アッテネーション時)
■リリースタイム(プログラム依存):約10mS/dB
■ダイナミックレンジ: 105dB

【電源】
■消費電力: 15watts
■電圧: 120VAC 60Hz, 100VAC 50/60Hz
■Dimensions: 4.5cm x 14.6cm x 48.5cm
■重量:4.5 lbs/2.04 Kg

関連商品

スタッフレビュー

「286s」はマイクプリアンプ、コンプレッサー、ディエッサー、エンハンサー、エキスパンダーとマルチな機能を1Uサイズに搭載した、お手頃価格のチャンネルストリップです。多機能ですが非常にシンプルな作りとなっており、それぞれのセクションに対し設定するツマミは基本2つのみ!アウトボードに馴染みのない方でも直感的に操作可能です。メインで使う機能はマイクプリ、コンプレッサー部になると思いますが、この「286s」のコンプ部は『DRIVE』『DENSITY』と、あまり他では見かけないパラメーターになっています。通常のコンプだとスレッショルド、レシオ、アタック、リリースと設定項目がいくつかあり、ある程度知識がないと的確な設定が難しいイメージがあるかもしれません。しかし「286s」は、コンプレッサーのノブ2つをなんとなく回して自分のサウンドイメージに近いポイントを見つける、なんて事も出来そうです。具体的には『DRIVE』がスレッショルドの役割となり、ゲインリダクション量の調整。『DENSITY』がリリースの役割で、ノブを右に回すほどリリースが速くなりタイトなサウンドが得られます。宅録用に、初めてマイクプリやハードコンプの導入を検討しているという方におすすめしたい1台です。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.6)
  • レビュー数:9
この商品のレビューを書く

2016/08/19

11111コスパ高い

投稿者名:ishimochi 【千葉県】

従来は コンデンサーマイク - エフェクター ときて ミキサー オーディオI/F

いわゆる DAWのI/Fのマイクプリであっても ノイズが気になっていたのでゲインは上げず
ミキサーとエフェクターで試行錯誤 音圧を稼いでいました。この286Sを導入した途たん、
今までのノイズとはサヨナラできます。

ミキサーのゲインを最小に設定した上で スライダーのホワイトノイズもヘッドフォンアンプ
を音量最大にしてモニターして 気にならない程度までノイズレスにすることができると思われます。

286S本体のインプットレベルを低めに設定をし コンプとディエッサー、ゲート及び出力レベルの
調節がみそです。普通に通すだけでも音圧は十分稼げます。

印象としては、夏場だとクーラーの風音がコンデンサが必ず拾いますが、今までと同じ環境下で
あっても、声のみ通すことができるという印象です。

コスパ高いです

レビューID:65784

参考になった人数:11人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/06/11

11111イコライザー不要

投稿者名:jeff beck 【千葉県】

他社(アマ)で購入しました。
ボーカル録音での使用ですが、
マイクの感度が良くなりました。
エンハンサーが気に入りました。
イコライザーが不要になりました。

レビューID:64429

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/07/14

11111初プリアンプ

投稿者名:たか 【北海道】

もう暫く使っていますがふと思い立ったのでレビューをば。

人生初マイクプリはコイツでした。
アウトボードで積み重ねるのは憧れですが
いかんせん価格が馬鹿にならない。
そこでマルチな性能を発揮してくれそうなコイツに白羽の矢が立ったわけです。

結果からいえば買って大正解。
最低限の機材で録音し、日々こんな音ではない、思い切り歌いたいのにメモリを目一杯絞っても割れてしまう。そんな悩みを悠々と颯爽と攫っていきました。

初心者からしてもコンプレッサーの効きはえげつないものでした。ライトが点滅するレベルまで引き上げるともう。
しかし、音の太さ。これが信じられない程に変わってしまった。
最低限の機材からコイツを投入したのだから当たり前の反応でしょうが、本当に感動しました。

他のレビューにもあるように、あくまでマルチな使用なので一つ一つの調整はとても大まかで細かい調整は出来ません。
機材の勉強になるかと言われれば怪しいけれど、
録った後の作業が捗ります。

レビューID:57383

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/05/01

11111初めての

投稿者名:一般ぴーぽー 【福岡県】


初めてのマイクプリアンプでしたので、
とても不安でいっぱいだったのですが、
届いて繋いでみて、色々試したところ!
とてもいい音で録れるようになりました!
雑音もヘリ、スタジオで録音したような音になったのでとても満足しています!星5です!

レビューID:40516

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2011/05/15

11111安くて良い!!!

投稿者名:EV crown ALLEN Mac 大好き 【北海道】

この価格でこれだけの音が出るとは驚きでした。
NEUMANN LMS 104を購入して、ALLEN&HEATH Z14に接続して聴いたところ、ミキサー内蔵のマイクプリの限界を初めて経験したので、マイクプリを購入しました。
最初は接続方法がわからず、マイクはMIC INPUTに、マイクプリのOUTPUTからミキサーのLINEに接続して視聴。「やはり値段値か・・・」と残念に思っていたのですが、プロの方にわたしがマイクプリを購入したと話たところ、インサートケーブルを貸して下さって、接続方法を丁寧に教えてくれました。(マイクプリの導入を相談したところ、この機種を薦めてくれた方です。)
マイクはマイクプリのMIC INPUTに接続し、インサートケーブルをミキサーのインサートに接続。(ミキサーのGAINはコントロール出来なくなります。)
インサートケーブルのSENDとRETURNはそれぞれマイクプリのLINE INPUTとOUTPUTに接続して使用するそうです。
はじめは、マイクプリのMIC INPUTとLINE INPUTに接続するなんてあり得ないと思ったのですが、試しに接続して音出ししたところ音質が劇的に良くなりました。
説明書には、接続使用例が記載されていないので、プロの方には当たり前の接続方法だそうで、素人には分からないですね。
視聴したMICですが、NEUMANN KMS104、AUDIX OM7、USA SM58、RODE S1、RODE M1、RODE M3、PEAVEY PVM22です。
視聴環境:
ミキサー:ALLEN&HEATH Z14
アンプ:crown D-45
スピーカー:EV Force i
スピーカーケーブル:WE
マイクケーブル:BELDEN 8423
接続ケーブル:BELDEN 88760 88770
電源:アイソレーション ダウントランス 115V

レビューID:23970

参考になった人数:92人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

dbx (ディービーエックス)
286s チャンネルストリップ

商品ID:160958

¥15,800(税抜)

(¥17,380 税込)

  • 送料無料

174ポイント内訳

  • 173Pt

    通常ポイント

  • 1Pt

    ボーナスポイント

  • 174Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクション

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top