ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

ART ( エーアールティー ) / DTI アイソレーター

ART ( エーアールティー )  / DTI アイソレーター

  • ART ( エーアールティー )  / DTI アイソレーター 画像1
  • ART ( エーアールティー )  / DTI アイソレーター 画像2
  • ART ( エーアールティー )  / DTI アイソレーター 画像3
  • ART ( エーアールティー )  / DTI アイソレーター 画像4
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
グランドループが原因のハムノイズを解消するアイソレーターです。

[直輸入品][Direct Import]

■デュアルトランスフォーマー/アイソレーター

・DTIは入力と出力をアイソレートし、グランドループが原因のハムノイズを除去します。高品質トランス(1:1 600Ω-100kΩ対応)を搭載し完全にパッシブ仕様です。フラットかつ幅広い周波数帯域に対応する優れたトランスを搭載しているため、音質を損なわずクリーンでナチュラルなサウンドを出力します。

・DTIでは多彩な接続が可能です。XLR、1/4" phone、RCA を入出力に搭載し、あらゆるシステムにお使いいただけます。ボディは耐久性が高く設備にも安心してお使いいただけます。

・インプット:XLRメス、フォン、RCA
・アウトプット:XLRメス、フォン、RCA
・電源:パッシブ
・サイズ/重量:44.5mm × 107mm × 89mm、340g

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews3
この商品のレビューを書く

2019/10/03

11111コスパいいです

投稿者名Reviewed byBuddhaSurfRECORDS 【千葉県】

 レコードのオンラインショップをしている視覚障害者です。耳は常に鍛えているので、参考にしていただければとおもいます。
 レコード、カセットテープのデジタル化に使用しています。
本機の入力側のRCA端子にレコードプレーヤーを 、フォン端子にテープデッキをそれぞれアンバランス伝送のケーブルで接続し、出力側のフォン端子からTRSフォンのバランス伝送ケーブルでミキサーのステレオINPUTに接続しています。
余計なノイズの発生はなくハム音、ヒス音ともに減少しました。
 また、いちばんうれしかったのは音の質感の変化です。音声信号が内部のトランスを通過するときに非接触で電磁的に伝送されるため、硬質な音の角がとれた滑らかで温もりのある音楽的なサウンドに整えてくれます。
こちらの製品は低価格帯ながらなかなか質の高い音を提供してくれますが、さらに高級なトランスを搭載した製品もたくさんあるので、予算と好みに合うものをいろいろと検討されるといいかもしれません。

レビューIDReview ID:96412

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/05/05

11111前のレビューは使い方を間違えている

投稿者名Reviewed bySaola 【東京都】

サウンドハウスの説明もARTの説明も不足しているのでこういった勘違いが起こるのだと思いますが…

この製品は、いわゆるライントランスです。
インピーダンス600:600で、グランドリフトで固定になっています
一応+4dB基準で作られているようですが、飽和はある程度あると思います

前のレビューにあるような使い方は全くの間違いです
ギターのような機器をそのまま繋げばそりゃノイズまみれになりますが、当然です
ダイレクトボックスではないのですから

本来の使い方は、ラインレベルの信号をバランス、アンバランス問わずにバランス変換/グランドリフトするものです

レビューIDReview ID:72524

参考になった人数:19人

19 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2013/08/26

11グランドループが原因のハムノイズを解消するかもしれないが、別のノイズが増える

投稿者名Reviewed by74 【神奈川県】

まず、機能解説の補足です。
色々な入力端子がありますが、それぞれに対応した出力端子のみへ接続されるようです。
使い方の間違えようはないと思うのですが、ハムノイズ除去以前に、高周波ノイズが乗ります。
例えば実験として、ギターアンプにシールドを繋ぎます。シールドの先を触るとボッというようなノイズが出ると思います。触れていないときにはアンプ特有のシャー音ノイズかそんなのが鳴り続けてる状態です。
このシールドをDTIの出力側につなげて、入力側にもう一本シールドを挿します。この状態で歪みアンプでよく聞かれるシャー音ノイズよりも高いピヒャー音のノイズが乗り続けます。
接続してあるシールドの金属部分を触れるとアースされるのか、ノイズは減ります。ですが、DTIを繋いでいない時のほうが無音に近いです。
アース用の端子がケースに付いているので、XLRだろうが何だろうがアース必須っぽいです。ですが、それでもDTI無し状態よりノイズが鳴ってます。
とりあえず、ケースを開けて中の基板を見て、各部分のハンダ付けをやり直してみましたが、変化はなかったです。
中には青い色したトランス2つに、抵抗2つ、小さなコンデンサが2つあるくらいです。2枚の基板をT字型にくっつけてある構造になってます。
基板は専用に設計されたもので、薄く緑色のコーティンぐがしてあるので弄りにくいです。
RCA端子がぐらつき、基板の裏を見るとハンダが基板から離れていたりと、接触不良の元があるのは確認しました。その箇所を自分でハンダ付けして正常動作させても、やはりノイズは乗るみたいです。
とりあえず、ノイズも気になるし、使い道が定まらず、放置しています。

レビューIDReview ID:43243

参考になった人数:13人

13 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ART ( エーアールティー )
DTI アイソレーター

商品ID:126702

¥6,450(税抜)

(¥7,095 税込)

  • 送料無料

708ポイント内訳

  • 70Pt

    通常ポイント

  • 638Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 708Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top