ここから本文です

HOME

インピーダンス変換

主にエレキギターやエレキベース等、ハイインピーダンス出力のものをミキサーの入力に直接接続する為、ローインピーダンスに変換します。ハイインピーダンスのままミキサーの入力に接続してしまうと、ノイズが発生したり、高域が減衰するといった問題が生じる為、DIによってこの問題を回避する事が可能になります。また、エレキギターやエレキベースの信号は、DIを通してミキサーに接続することにより、その楽器が本来持っているサウンドが得られます。

アンバランス信号からバランス信号への変換

ギター、ベース、キーボードなどのアンバランス信号を、バランス信号に変換することにより、長いケーブルの引き回しでもノイズが載りにくくなるといった利点もあります。


DIのタイプ

ダイレクトボックスには、パッシブタイプとアクティブタイプの二種類があります。

パッシブタイプ

パッシブタイプ

トランスを内蔵しただけのシンプルな構造で電源が不要。気軽に使用可能ですが、入力インピーダンスをアクティブ程高くすることができない為、エレキギターやエレキベース等、非常に出力インピーダンスの高い楽器に使用する場合には注意が必要。

アクティブタイプ

アクティブタイプ

9V電池やミキサーからのファンタム電源が必要となりますが、入力段にFETなどのトランジスタを搭載し、十分な効果と安定性を得られます。現在はこちらのアクティブタイプが主流となっています。


プリアンプ搭載モデル

DI機能だけにとどまらず、近年では積極的に音作りができるプリアンプ機能を持たせた製品が増えています。特にミュージシャンが使用する場合は、下記の様なプリアンプ機能を備えたモデルがお勧めです。

プリアンプ機能搭載モデルプリアンプ機能搭載モデルプリアンプ機能搭載モデル

ギター信号の変換

ギターの接続 1

  1. ギター→DIのインプット
  2. DIのスルーアウト→ギターアンプ
  3. DIのXLRバランスアウト→ミキサーのマイク入力

ギターの接続 2

  1. ギター→ギターアンプ
  2. ギターアンプのスピーカーアウト→DIのインプット
  3. スルーアウト→ギターアンプのキャビネット
  4. DIのXLRバランスアウト→ミキサーのマイク入力
    ※スピーカーレベル対応可能かを必ずご確認ください。
    例)BEHRINGER/GI-100 PADスイッチを押し、-40dBで使用します。

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top