ここから本文です

HOME

インピーダンス変換

主にエレキギターやエレキベースなどから出力されるハイインピーダンス信号を直接ミキサーやインターフェイスに入力すると、ノイズが発生したり、高域が減衰するといった問題が生じます。そのためDIを間に接続し、ローインピーダンスに変換する必要があります。エレキギターやエレキベースの信号は、DIを通してミキサーに接続することにより、その楽器が本来持っているサウンドを発揮できると言えます。

アンバランス信号からバランス信号への変換

ギター、ベース、キーボードをはじめとした大半の電子楽器から出力されるアンバランス信号は、DIによってバランス信号に変換することにより、長いケーブルの引き回しでもノイズが乗りにくくなるといった利点もあります。


DIのタイプ

従来のシンプルなダイレクトボックスには、パッシブタイプとアクティブタイプの二種類があります。また派生品としては、DIを内蔵したレコーディング用マイクプリアンプや、ギター/ベース用エフェクトペダルにDI出力を搭載したものなど、様々なタイプの製品があります。

パッシブタイプ

トランスを内蔵しただけのシンプルな構造で電源が不要。手軽に使用可能でナチュラルなサウンドが魅力ですが、入力インピーダンスをアクティブタイプほど高くすることができないため、一部の極端に出力インピーダンスの高いエレキギターやエレキベースなどに使用する場合には性能を十分に発揮できない場合もあります。

おすすめのモデルはコチラ

アクティブタイプ

9V電池やミキサー等からファンタム電源の供給が必要となりますが、入力段にFETなどのトランジスタを搭載し、十分な効果と安定性を得られます。現在はこちらのアクティブタイプが主流となりつつあります。

おすすめのモデルはコチラ

DI内蔵マイクプリアンプ

現在では多くのマイクプリアンプがHi-Z入力対応の楽器入力端子を装備し、DI不要でハイインピーダンスの楽器を直接接続することができます。DIスルー端子を搭載し単体のDIとして使用できるモデルもあります。

おすすめのモデルはコチラ

DI出力搭載の楽器用エフェクトペダル

ギター/ベース用のエフェクトペダルには、XLRのバランス出力端子を搭載し、ミキサーなどに直接接続できるモデルがあります。

おすすめのモデルはコチラ


DIの接続例

  1. エレキベース→DIのINPUT
  2. DIのTHRU OUT (LINK OUT)→ベースアンプ
  3. DIのOUTPUT→ミキサー

セール

カテゴリーから選ぶ

お得なクーポン
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top