ここから本文です
バス・ドラム

バス・ドラム

バス・ドラムのシェルは、主にウッド(木製)が主流です。
バス・ドラムの上部にはタム・タムを取り付けるタム・ホルダーを装着するためのタムホルダー・ベースが用意されていることが多く、ブランドにより付けるか否かを選択できます。
さらに、バス・ドラムを安定させるためにスパーと呼ばれる脚が取り付けされています。また、シェルの中にフェルトやクッションなどを入れ、ミュートを目的として使用します。
サイズは、口径は18インチ~26インチが一般的で、同じ口径でも異なる深さが用意されています。一般的には直径22インチ、深さ16インチが使用されます。パワー系のドラマーは、22インチより大きい口径を使用し、ジャズ系のドラマーは22インチより小さい口径のバス・ドラムが好まれます。

  • シェル:太鼓の胴体部分。
  • ヘッド:太鼓の皮の部分。ビーターが当たる側が打面、反対側をフロント・ヘッドと呼びメーカーのロゴが大きく入っている。
  • リム(フープ):ヘッドをシェルに固定する枠。バス・ドラムの場合低域を強調させるために木製(ウッドフープ)を使用することが一般的。
  • テンションボルト:ヘッドのテンションを調整するためのネジ。
  • ラグ:ボルトが取り付けられている船形のパーツ。
スネア・ドラム正面スネア・ドラム裏面

スネア・ドラム

ドラムセットで最も使用頻度が高いのがスネア・ドラム。ドラムセットの音色に最も影響力があり、スネアを交換しただけでドラムセットの音色のイメージがガラリと変わることもあります。他のドラムではあまり利用されないスチールやブラスといった金属素材もスネアではポピュラーな素材です。
 裏側のスネア・サイドにはスナッピーと呼ばれる響線が取り付けられており、ストレーナーでヘッドに密着させたり(スナッピーをオン)、離したり(スナッピーをオフ)して音色を変えます。通常、スナッピーはオンにします。その状態で叩くと、スネア・サイドのヘッドの振動がスナッピーに伝わり「ジャッ」というスネア特有の音が加わります。
 口径は14インチが主流で、深さはさまざま。3.5~6.5インチが一般的に使用されています。深いタイプはパワー系、浅いタイプはピッコロ・スネアとも呼ばれテクニカル系のプレイスタイル向きともいわれていますが、好みやプレイスタイルに合わせてお気に入りのスネアを見つけてください。

  • シェル:太鼓の胴体部分。
  • ヘッド:太鼓の皮の部分。打面をバターサイド、裏面のことをスネア・サイドと呼ぶ。
  • リム(フープ):ヘッドをシェルに固定する枠。素材・成型方法で音が異なる。
  • テンション・ボルト:ヘッドのテンションを調整するためのネジ。
  • ラグ:ボルトが取り付けられている船形のパーツ。
  • スナッピー:スネア特有の音を鳴らすための響線。材質、本数、長さによって音質が変化する。
  • ストレーナー:スナッピーをスネア・サイドに接触させたり離したりするレバー。
タム・タム

タム・タム

タムと省略されることも多く、取り付け方法は主にバス・ドラムに直接ホルダーを取り付ける方法、クランプを使いシンバル・スタンドやタム・スタンドに取り付けバス・ドラムに負担をかけない方法、スネア・スタンドに直接取り付ける方法があります。
タムは、口径、深さが豊富に用意されています。直径が大きくなるほどピッチが低くなり、胴が深くなると太く深みを増し、浅くなるとアタック音が強調されシャープでキレのよい音になります。ただし、深胴タイプは打面が高い位置にくるため、ドラマーの体格やプレイスタイルによってはセッティングに工夫が必要です。イスの高さを調節するなど、叩きやすいセッティングを見つけてください。

フロア・タム

フロア・タム

構造はタムと殆ど同一となりますが、フロア・タム・レッグと呼ばれる3本の脚を使用しています。3本の脚がそれぞれ調節できるため、プレイスタイルに合わせて高さや角度を調節します。


シェルのサイズについて

シェルのサイズ

シェルのサイズは「口径×胴の深さ」をインチで表します。たいてい同じ口径で深さの異なる製品が用意されています。
一般的に、シェルやヘッドの材質が同じなら、口径が大きくなるほど音のピッチが低くなり、胴が深くなると音が太く深みを増し、逆に浅くなるとアタック音が強調されシャープでキレのよい音になります。

※アメリカでは「深さ×口径」で表記されることが多く、LUDWIG、GRETSCH、DWなどのメーカーサイトでは「深さ×口径」で表記されています。


新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
OITOKOめぐり旅 番外編 銚子電鉄でGO!! 超☆ライブ電車!! 電車でライブやっちゃいました! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top