ここから本文です
ブーム・シンバル・スタンド

ブーム・シンバル・スタンド

ブーム・スタンドはセッティングの範囲が広く、様々なセッティングが可能ですが、シンバル・スタンドが倒れないようにシンバルに合わせてブームの位置や角度等のバランスを取る必要があります。

ストレートシンバルスタンド

ウェイト

重量のあるシンバルをセッティングする場合、シンバル・スタンドのバランスを取るためにブーム部分にウェイトが付いたモデルもあります。

ストレート・シンバル・スタンド

ストレート・シンバル・スタンド

ストレート・シンバル・スタンドはブーム・シンバル・スタンドに比べ、セッティング範囲は狭くなりますが、セッティングがシンプルで安定性があります。

ストレート/ブームタイプ

ストレート/ブーム・タイプ

ブーム部分をシンバル・スタンドの支柱の中に収納し、ストレート・シンバル・スタンドとして使用できるモデルもあります。


二重構造の脚部

シンバル・スタンドの重量

シンバル・スタンドはパイプ径が太くなっており、脚部が二重構造になっているスタンドほど、重量があり安定性が高くなります。逆に軽量のシンバル・スタンドでは安定性が低くなりますが、シンバルが自然に響きます。

ブームシンバルスタンド

ナット

シンバルをシンバル・スタンドに固定する際、ナットの締めすぎに注意しましょう。ナットをきつく締めすぎるとシンバルが割れやすくなります。サスティーンの妨げになるためシンバルを叩いたときに程良く揺れる程度でナットを締めましょう。


新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
Fashion Music SOUND HOUSE x SHOPLISTスペシャルコラボ YOITOKOめぐり旅 Vol.9 岡山県津山市 B'z稲葉浩志の出身地! 「津山」の音楽シーンはUltra Soulだった! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top