ここから本文です

角度調整部分

スネアのセッティング角度はドラマーにより異なることと思います。ギアタイプのスネア・スタンドは前後の調整が可能です。また、ボール・クランプタイプのように、全方向に角度を変えられるスネア・スタンドもあります。

ギアタイプ

ギアタイプ

ボール・クランプタイプ

ボール・クランプタイプ
アーム部分

固定方法

殆どのスネア・スタンドは、アーム部分がスネアを均等に固定するようにつくられています。この部分をしっかり固定することで、よりまとまりのあるサウンドを得られます。

高さ45~65cm前後

高さ調節範囲

スネア・スタンドの高さ調節範囲は45~65cm前後が一般的ですが、極端に深胴のスネアや、立って演奏する場合などに合わせてつくられた特殊なスタンドもあります。

ダブル・レッグのスネア・スタンド

ダブル・レッグの
スネア・スタンド

安定性

特にパワーヒッターの方は経験があると思いますが、演奏中に少しずつスネアの位置がずれていくのは煩わしいもの。そんな時は、脚部がダブル・レッグの、重量があるスネア・スタンドを選びましょう。モデルによってはスパイクが出し入れできるスネア・スタンドもあり、スネアのずれを防ぐのに最適です。

スネア・スタンド周辺はハイハット・ペダルやキック・ペダル、シンバル・スタンドなど様々なハードウェアが入り組むため、開き方にも工夫が必要です。スペースが少ないからといって、あまり足を開かないと安定性に欠けるので適度に広げて周辺機材とのバランスを考えセッティングしましょう。


セール 大幅値下げ市

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
NAMM Showレポート2019 百音繚乱!音楽好きたちのミニライブ SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top