ここから本文です

サウンドマート

HOME

ORTOFON / VNL DJ向けMM型カートリッジ(1カートリッジ3交換針セット)

  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
時代と共に変化するDJのニーズに合わせて、使用感やサスペンション機構の剛性、音質特性の異なる3種類の交換針とカートリッジがパッケージングされた「VNL 限定パッケージセット」です。 3種の交換針にはそれぞれ側面に「I」「II」「III」のデザインがあしらわれ、ダンパーを含むサスペンション機構の違いにより「I」が最も柔らかく数字が大きくなるにつれ硬い感触となります。

[直輸入品][Direct Import]

■共通仕様
出力電圧: 6mV
針先形状: Spherical(丸針)
適正針圧: 4 g

■従来モデルと比較したVNLの特徴
・バックスピンやスクラッチなど激しいプレイに対する耐性が改善。また、コントロールバイナルでも通常のレコード使用時でも高い追従性を実現します。
・出力レベルと音質が最適になるようチューニングが施されています。
・カートリッジ本体を新たに開発したことで、システムの組み合わせの自由度が向上。
製造においても、Ultrasonic welding(超音波溶接)技術など最新技術を惜しみなく投入したことで、高い剛性と共振のないカートリッジ構造を実現しています。

■VNLならではの特徴
・ハードなDJプレイにも耐えうる特別仕様のアルミカンチレバー、針先にダイヤモンド・チップを使用した丸針を採用。さらにはスクラッチやバックスピン時のレコードの摩耗を最小限に抑える設計を採用。
・ORTOFON製品らしいソリッド且つ堅牢なデザインとなっており、耐久性とDJの美学を強調するために厳選された素材と色を使用
・カートリッジ本体は、様々なヘッドシェルへの取り付けや位置合わせ等の調節がしやすいように設計されています。

ORTOFON-VNL比較表

交換針VNL IVNL IIVNL III
商品画像
出力電圧(1kHz, 5cm/sec.)6mV6mV6mV
チャンネルセパレーション(1kHz)20dB20dB20dB
周波数特性20Hz-20,000Hz
(-2dB/+4dB)
20Hz-20,000Hz
(-2dB/+4dB)
20Hz-20,000Hz
(-2dB/+4dB)
トラッキングアビリティー
(315Hz、適正針圧下)
100μm90μm90μm
水平コンプライアンス16μm/mN15μm/mN14μm/mN
スタイラスタイプSpherical(丸針)Spherical(丸針)Spherical(丸針)
スタイラススチップ半径R18μmR18μmR18μm
適正針圧4 g4 g4 g
針圧範囲(推奨値)3 - 5 g3 - 5 g3 - 5 g
内部インピーダンス700 Ohm700 Ohm700 Ohm
内部インダクタンス450 mH450 mH450 mH
推奨負荷抵抗値47 kOhm47 kOhm47 kOhm
推奨負荷容量値200 - 600 pF200 - 600 pF200 - 600 pF
推奨アンチスケーティング値
(バックキューイング時)
000
カートリッジ自重6.5 g6.5 g6.5 g

関連商品

スタッフレビュー

惜しまれながらも生産/供給終了となったSHURE / M44G、M44-7に代わり、ニュースタンダードとなりうるDJ用MM型カートリッジ「VNL」が登場しました!

ORTOFONといえばシェル一体型カートリッジConcorde MK2シリーズが広く一般化していますが、こちらのVNLはヘッドシェルに取り付けるタイプ。同タイプとしてはOM Pro S、OM Qbertといったモデルがあり、Concorde MK2シリーズと比較しトレースが安定する印象を感じています。また、ヘッドシェルカラーで家用/持ち出し用などシーン別に使い分けている方にも有難いのではないでしょうか?

さて、実際にVNLでプレイしてみると、本当に針飛びしませんね!!もちろんターンテーブルのセッティングにも依りますが、熟練DJのための特殊な設計、激しいスクラッチやバックスピンへ高い耐性を実感しました。普段は4つ打ちのレコードをかけるため、あまりスクラッチやバックスピンといった技はしないスタイルですが、試しにVNLをつかってコスってみたところ他のカートリッジでのプレイ時よりもはるかに針飛びしにくいです。激しいプレイはしないにせよ、盤質が良くないレコードの頭出し時の針飛びでお困りのDJにも大変おすすめです。

音質について、SHURE / M44G、M44-7は低域、中域がとても力強くズンズンと腹部に響くような印象で、ジャンルやリスニング環境によっては多少くぐもったような印象を受ける感じがあります。一方のVNLは、高音の煌びやかなところまでしっかり再生されており非常に解像度が高いです。どのジャンルにもおすすめなサウンドのため、ジャンルレスなプレイをするDJの方にはぜひ一度お試しいただければと思います。

また再生の安定性、耐性の観点からDVS環境でプレイする方にも大変おすすめです。初回限定パッケージにはダンパーを含むサスペンション機構の硬さが異なる3つの交換針が封入されており、自分の好みにピッタリ合うものを選べるというのも大変魅力的。個人的には「I」の一番柔らかい感触のモデルが好みでした。VNLはこれからのアナログDJシーンの定番カートリッジとなりうる、大変おすすめのカートリッジです。

木内 優作木内 優作

レビューを投稿するWrite a Review

  • この商品のレビューを書くWrite a Review

ORTOFON (オルトフォン)
VNL DJ向けMM型カートリッジ(1カートリッジ3交換針セット)

Item ID:286798

10,900 yen(excl. tax)

(11,990 yen incl. tax)

  • Free Shipping

598PtDetail

  • 119Pts

    通常ポイント

  • 479Pts

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 598Pts

    Total

close

在庫ありIn Stock

Qty

Add to Wishlist

この商品に関連するセレクションRelated Articles

Categories

CLASSIC PRO / Alkaline Battery
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
SOUND HOUSE Official LINE

Page Top