ここから本文です

tc electronic

TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live

TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo Live

  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo Live 画像1
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo Live 画像2
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo Live 画像3
  • TWO NOTES ( トゥーノーツ )  / Torpedo Live 画像4
  • メーカーサイト
■デジタル・ロードボックス
■スピーカー入力
端子: 6.35mm (1/4") アンバランス (TS, Tip/Sleeve)
最大入力電圧:280 Volts AC (51 dBu)
セキュリティ・ロード:220 Ohms / 10 Watts
■ライン入力
端子:6.35mm (1/4") バランス (TRS, Tip/Ring/Sleeve)
最大入力レベル:36 dBu
入力インピーダンス:10 KOhms
■ロードボックス
リアクティブ・ロード、インピーダンス:8 Ohms
最大許容電力:100 Watts(適切な換気を想定)
冷却ファン装備
ハイ・インピーダンス・モード:キャビネットをTHRU 端子に繋いだ時(ロードボックス不使用時)
■スピーカースルー
端子:6.35mm (1/4") アンバランス (TS)
■ライン出力
端子:6.35mm (1/4") バランス (TRS)
インピーダンス:470 Ohms
最大出力レベル:
ロード無し、バランス:16.5 dBu
10k Ohms ロード、バランス:16 dBu
ロード無し、アンバランス:11 dBu
10k Ohms ロード、アンバランス:10.5 dBu
■ノイズ
-94 dBu 以下@20 Hz?20 KHz
■ヘッドホン出力
MONO out、端子:6.35mm (1/4") (TRS)
■S/PDIF
サンプリングレート:48 KHz or 96 KHz
マスターのみ、外部との同期は無し
ウェット音:左チャンネル、ドライ音:右チャンネル
■ADC
ゲイン調整ツマミ:- ∞?0dB
フルスケール最小入力レベル:-2.8 dBu (Line Input)
サンプリングレート:96 KHz
解像度:24 bits
S/N 比:100 dB
■DAC
サンプリングレート:96 KHz
解像度:24 bits
S/N 比:105 dB
■周波数特性(-1dB)
5?19 KHz
■レイテンシー
2.875 ms(ライン入力 to ライン出力)
■温度管理
冷却ファンで温度を調整
100°C でディスプレイに警告表示、信号を-12 dB 減衰
110°C でロードボックス機能停止、アンプの出力を220 Ωロードに接続し信号をミュート
■電源
IEC60320 C14 power connector
入力電圧:85-264 V AC, 47-63 Hz
消費電力: 約10 W
■寸法、重量
幅: 430mm(483mm:ラック耳含む)
奥行:163mm(182mm:コネクター&ノブ含む)
高さ:44mm
重量:2 kg

~メーカーサイトより~
Two NotesのTORPEDO Live(トーピド・ライブ)は、フランス生まれのデジタル・ロードボックスです。多くのミュージシャンはアナログのアンプやエフェクターでプレイするのが大好きで、妥協してデジタルのモデリングとかでプレイしたくないですよね?そういう人たちに代わり、TORPEDO Liveでは、複雑な反響を考えなければいけないマイキングをバーチャルで行い、いままでのシミュレーターでは得られない本物のサウンドを生み出します。ミュージシャンは、スピーカーを繋ぐ代わりに本機を繋ぐだけ。アンプはいつものセッティングでOK。お気に入りのエフェクト・ペダルもそのまま使えます。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.7)
  • レビュー数:3

2017/02/15

11111Randallと合わせて

投稿者名:ジョージ 【神奈川県】

Randall RG1503を購入後、アンプのLineoutからDAWのキャビネットシミュレータを通して録音しておりましたが、ミックスが思い通りにならず、ネットで検索して本機を購入しました。ほかの方も書いておられますが、リアクティブロードの機能のおかげで本物のキャビネットを通した空気感が得られます。
AxeFx、KEMPERなどのアンプシミュレータもよいですが、安めのアンプと本機で宅録環境を構築されるのも良いかもしれません。

レビューID:70275

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/11/11

11111本当に最高です。

投稿者名: 【東京都】

IRファイル使用のキャビネットシミュレータですが、こいつにはリアクティブという仕様のロードボックス機能がついています。Suhrからもリアクティブロードが単体で出るようですがそれとほぼ同等のものと考えていいでしょう。このロードのおかげで自分の真空管アンプが本当にいつもスタジオでならす時の音で録音できます。私にとっては値段の10倍の価値があります。
本当に素晴らしい。
Pete Thornのこの動画がとても参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=i770M9pM0_k

レビューID:59605

参考になった人数:10人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/12/11

1111自宅でチューブアンプを鳴らせる時代

投稿者名:Tai-show 【大阪府】

購入して1ヶ月ほど経ちまして、音作りも一段落してきたのでレビューを書かせて頂きます。
普段、Peavey 6505+を使ってスタジオで練習しています。もっぱらPeavey系の音が好きでプリアンプもAMTelectronicsのP2、POD HD 500xのプリセットではPV PANAMA とPeavey 5150のシミュレートを使うほどPeavey フリークです。
自宅でも、Peaveyのチューブアンプの音が宅録で欲しくなったので6505MHを購入して、Two notes Torpedo liveに繋いで使っています。
セッティングに時間がかかりますが、自宅でアンプを鳴らすのにはもってこいです。
チューブアンプを繋いでも、プリアンプを繋いでも歪みの質がグッと上がるように思います。
改めて宅録でのキャビネットシミュレートの必要性思い知らされました。

星4の理由としては、ノイズの問題があったからです。
電源の環境にもよると思いますが、私の場合は高音弦を弾いて、音を聴いてる時に後でブーンという、ハムノイズが気になりました。
昇圧の問題かなとも思いましたが、まず電源ケーブルを変えた時点でまったく気にならないレベル(え?聞こえてんの?くらいのレベル)にハムノイズが減りました。
もし、購入されて、同じハムノイズの問題を抱えている方は、まず電源ケーブルを変えてみてもいいかもしれませんね。
ちなみに私は、Pro Cable さんの電源ケーブルを使っています。
その他のノイズ対策として、ロックトロンのサイレンサーのセンド、リターンに6505MH,Two notes Torpedo live をループさせてホワイトノイズを消してます。

もう一つの点として、XLRのlineアウトもあればよかったなーと思ったからです。
Two Notes Torpedo Studio にはあるみたいですね。

自宅でアンプが鳴らせるのは良いですね。

デジタルアンプも良質なものが多いですが。
Two notes Torpedo live と100ワット以下のアンプを購入して、宅録で良質なチューブサウンドを手に入れるのも良い考えかもしれません。

レビューID:68504

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO / マンガン乾電池 9V角形(006P)CP9V Mn
ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! MC.YSDが占う?!開運みくじ&宝くじ2018!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top