ここから本文です

AKG

AKG ( アーカーゲー ) / K271MKII

AKG ( アーカーゲー )  / K271MKII

  • AKG ( アーカーゲー )  / K271MKII 画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / K271MKII 画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / K271MKII 画像3
  • AKG ( アーカーゲー )  / K271MKII 画像4
  • メーカーサイト
スタジオモニターシリーズ「K271 STUDIO」の後継機種にあたるのが「K271 MKII」。レコーディングやライブモニター用として、高い遮音性能と味付けの無いフラットな特性、原音に忠実な高い再現力を誇る密閉型タイプのモニターヘッドホンです。

[直輸入品]

■低域の膨らみを抑えることで全帯域バランスを整える「バスチューブ機能」を搭載。音の見通しをすっきりとさせることで、音の解像度がアップし、繊細な音もクリアに聞き分けることができます。
■ハウジングは耳をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプ。遮音性に優れている他、ヘッドホンからの音漏れを防ぎ、レコーディングなどでマイクロフォンがヘッドホンの再生音を拾ってしまうことがありません。
■ヘッドバンドは、頭から外すと自動的に再生音がミュートされる「ミュートスイッチ機構」を搭載。レコーディング現場での不要な音漏れを防止します。
■AKGヘッドホン独自の音響テクノロジー「バリモーションテクノロジー」と「Two-Layerダイアフラム」を採用しています。

<仕様>
■ヘッドホン
■タイプ:ダイナミック密閉型
■再生周波数特性:16~28,000Hz
■インピーダンス:55Ω
■感度:91dB/mW
■最大許容入力:200mW
■重量:約240g
■ケーブル:着脱式、3.0m片出しストレートケーブル、カールケーブル(引き伸ばし時最大5.0m)、
■付属品:6.3mmステレオ変換プラグ、ベロア製イヤーパッド
K271 MKII
タイプ セミオープン セミオープン 密閉型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
ドライバー径 直径30mm 直径30mm 直径30mm
周波数特性 15~25,000Hz 15~25,000Hz 16~28,000Hz
インピーダンス 55Ω 55Ω 55Ω
感度 91dB/mW 91dB/mW 91dB/mW
ケーブル長 3m (ストレート)

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

ケーブルタイプ 片出し、着脱式 片出し、着脱式 片出し、着脱式
プラグ ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準
プラグ形状 ストレート ストレート ストレート
本体重量 240g 240g 240g
付属品

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・ベロア製イヤーパッド

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・ベロア製イヤーパッド

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

この「K271mkII」こそ、代々続く美しく綺麗なAKGサウンドの正統継承者というに相応しいモデルです。その音質を一言で申し上げると、極めて色付けのないナチュラルサウンドとも言うべき自然な音です!

解像度が高く非常にクリアな鳴りっぷりが特徴的で、密閉型ではありますが、変に低域が膨らむ事もなく、全域にわたってドフラット!上質で精密かつ緻密な音を奏でてくれます!
音質的には、全体的にクリアで薄味。やはりモニターヘッドホンだなと再認識させられる音質に仕上がっています。分離はしっかり、臨場感や躍動感は控えめで、より冷静に楽器1音1音の粒を判別するのに特化していますね!

距離感は独特で、あえて、やや距離を取った鳴り方ですが、同時に距離レンジはさほど広くありません。楽曲全体を見渡しつつも、ホール全体を構成するわけではなく、舞台の一定の範囲のみにピンスポットを当てるといった、言わば指揮者的な立ち位置を得意とするモデルとなります!

また、この「K271mkII」はスタジオユースの他にも、実はFPSとも高い親和性を誇ります。高音がトゲトゲしくないため、長時間の使用でも耳にあまり痛みを感じないのがまず大きなメリットです。次に距離感がハッキリ掴みやすく、またそのフラットで輪郭のはっきりした高い解像度の音質のおかげで小音も掴みやすくなっています。
密閉型の上、側圧もちょうど良い具合にかかるため、遮音性は高くなり必然的に音漏れ指数は少なめですので、深夜のプレイにも最適です!

ケーブルはAKGお得意のミニXLR採用の着脱式となり、交換も容易に可能となります。また、イヤーパッドもスリップオンタイプなので、これまた、すぐに容易に交換する事ができます。こういったメンテナンス性の高さはやはりプロモデルだなと納得させられる造りですね!

世界のFPSユーザーも太鼓判!普段使いからレコーディングまで、様々な用途で長く使える高コストパフォーマンスを誇るヘッドホンの一つと言えるでしょう!

サウンドハウスサウンドハウス

高音質でデザイン性にも優れた密閉型ヘッドホンです。耳全体をスッポリと覆って外部の音をシャットアウトできるので、楽曲制作で自分の世界に入りたい時や、スタジオでの編集作業に集中したい時に重宝すると思います。イヤーパッドの側圧は程良く、ヘッドバンドもソフトな付け心地なので、長時間付けていても耳や頭が痛くなりません。また、外した時に音楽を止めてくれるミュートスイッチ機能を搭載しているので、ヘッドホン入力端子に挿したままでも大丈夫。DTMやレコーディングで付けたり外したりが多い人には便利な機能ですね。原音に忠実なバランスの良いサウンドで、ジャンルを問わず色々な音楽を楽しめるヘッドホンです。レコーディングに最適ですが、自宅でのリスニングや、映画鑑賞にもおすすめです。

営業部 / 荒牧 真人営業部 / 荒牧 真人

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.3)
  • レビュー数:32

2017/10/03 

1111ケーブルが左からだけ・・・

投稿者名:Gotchi 【東京都】

我が家のケーブル引き回しだと右側からの方がありがたいんだけど・・・。その点だけが-1。

レコーディング用なのであまり音質にこだわってないんですが、密閉型にしてはクセのないフラットな印象。
しっかりホールドしてくれるのにキツさがないので長時間装着してても耳が痛くならないです。

レビューID:76159

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/08/04

11111やはり好き

投稿者名:Washington 【千葉県】

長年頑張ってくれたK271Studioの
イヤーパッドを換えたら、
真ん中のスポンジみたいな奴が取れてしまって
そしたらパッキパキで耳が痛い感じが出だしてしまったので
どうしようか…と思ってたんですが
SOUND HOUSEさんの値段をみたらビツクリΣ(゚Д゚)
買わせていただきました(^^)
CD900STとK271を併用しているんですが
このK271MK2も同じ系統ですね!
幾分、アタックが柔らかくなったのかなぁ〜と
思いましたが、まだ来たばかりなので
これから剥けて来ると想像してます。
ケーブルを純正からBELDEN82761辺りにすると
アタックも出て来ますね。
個人的ですがフィット感も良くて疲れにくいし、
音への安心・信頼は高いですね!
これからまた楽しみ〜
P.S:SOUND HOUSEさんの仕事の速さに驚いてます!有難うございます〜♪

レビューID:74647

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/07/08

11111これがAKGの中高音なんですねー

投稿者名:たっきー 【東京都】

 ポータブル系を除けばSONYのヘッドホンしか使ったことがなく,とはいえ有名どころはどれも高くて...と思った所,比較的おとなしいお値段で目をつけました.
 弦の響き,リズム隊の刻み等,そういえば,こういう音だよね,と中高音の響きが再認識させてくれます.MDR-V6/7506/7520/CD900ST等よりも,定位は少し外に有りますが,見通しの良い鳴り方をするので気分がいいです.
 ケーブルは純正だと恐らくインピーダンスが高いのか,アンプがないと音量も取りづらいですが,ミニキヤノン付のショートケーブル(安物)に変えた所,音量も取れて良く鳴ります.それでもアンプはあった方がベターな感じです.
 装着感も重量の割に軽く感じますし,聴き疲れしないところも含めて完成度の高さを感じました.

レビューID:74044

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/07/05

11111浮気してましたが…

投稿者名:Macky 【東京都】

先代K271を3年使い、ゼンハイザーとオーディオテクニカに浮気してましたが、ふたたびAKGに戻りました。仕事で使うモニター機材は「装用が疲れない」「音に色付けがない」「密閉」「出力コード変更可」が条件です。消耗品ですから、あまりお金もかけられません。やはり271です。ミキシング卓は30年愛用のスチューダーのアナログ卓。レコーダーも長年付き合ってきたアナログのスチューダーやUHERがメイン。だから「ほぼ同郷」のAKGなのかもしれません。それにしても、サウンドハウスの頒価はじつにありがたいです!

レビューID:73946

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/11/29

11111AKG製2台目の購入です。

投稿者名:鳥吉サウンド 【鳥取県】

AKG/K240MKIIと比較してのレビューです。以前のレビューで音抜けの良さはK240MKIIに譲ると書きましたが、数ヶ月使用して音の透明感、抜けの良さ、フラットな音、掛け心地は抜群です。K240MKIIは聴き易さは素晴らしいのですが、それと引き換えに若干ですが透明感はK271MKIIに譲ります。
ベルデンのケーブル・アレン&ヒースミキサー、音源はMacBook Proを使用しての感想ですが、最強です!! 密閉型なので真夜中の音楽鑑賞には持って来いです。K240MKIIも以前から使っていますが、構造上音漏れがあるので真夜中などはK271MKIIをメインで使っています。使い込んで行くうちに、K271MKIIを使う時間が多くなりました。

レビューID:67382

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! MISSION ペアルックで世界を救え
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top