ここから本文です

AKG

AKG ( アーカーゲー ) / K240MKII

AKG ( アーカーゲー )  / K240MKII

  • AKG ( アーカーゲー )  / K240MKII画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / K240MKII画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / K240MKII画像3
  • AKG ( アーカーゲー )  / K240MKII画像4
  • メーカーサイト
旧モデルからダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上。世界中のレコーディングスタジオ、放送局で長く愛用され続けている本製品は、リスニング用としても高い次元のサウンドを表現してくれます。

[直輸入品]

<特徴>
■世界各国のレコーディングスタジオや放送局で愛用され続けている、世界のスタンダードモニターヘッドホン。
■セミオープン型特有の自然な音抜けの良さが特徴です。音場に奥行きと立体感があり、モニターヘッドホンに必要な高い解像度も兼ね備えています。
■高域から低域までバランスが良く、オールマイティな優等生サウンド。中高域は角のとれた柔らかさがありながらも見渡しが良くクリア、低音域も主張の強すぎない力強さと自然な厚みを再生。長時間のリスニングでも疲れにくく聴きやすいサウンドを実現しています。
■ロックや打ち込み系、クラシック・ジャズまでジャンルを問わず幅広く対応する高いポテンシャルを持ち、モニター用途だけではなくリスニング用としても十分活躍してくれます。
■ダイアフラムには、AKGヘッドホン独自の音響テクノロジー「バリモーションテクノロジー」と「Two-Layerダイアフラム」を採用し、歪みの無いクリアな中高域を実現しています。
■ヘッドバンドは頭のサイズに合わせて可動する「セルフアジャスト機構」を採用し、頭部に重さを感じにくく、長時間の使用でもストレスのない快適なフィット感です。
■低インピーダンス設定なので、様々なオーディオソースに対応します。
■イヤーパッドは、耐久性のある合皮製と肌触りの良いベロア製が付属。
■ケーブルには3.0mストレートケーブルとカールケーブルが付属し、使用するシーンやに合わせて選択が可能です。

<仕様>
■ヘッドホン
■タイプ:ダイナミック・セミオープン型
■周波数特性:15~25,000Hz
■インピーダンス:55Ω
■感度:91dB/mW
■ケーブル:着脱式、3.0mストレートケーブル、カールケーブル(引き伸ばし時最大5.0m)
■重量:約240g
■付属品:6.3mmステレオ変換プラグ、ベロア製イヤーパッド(1ペア)、3.0mストレートケーブル、カールケーブル
K240 MKII
タイプ セミオープン セミオープン 密閉型
スタイル オーバーイヤー オーバーイヤー オーバーイヤー
ドライバー径 直径30mm 直径30mm 直径30mm
周波数特性 15~25,000Hz 15~25,000Hz 16~28,000Hz
インピーダンス 55Ω 55Ω 55Ω
感度 91dB/mW 91dB/mW 91dB/mW
ケーブル長 3m (ストレート)

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

・3m (ストレート)

・5m (カールコード、伸長時)

ケーブルタイプ 片出し、着脱式 片出し、着脱式 片出し、着脱式
プラグ ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準 ステレオミニ/ステレオ標準
プラグ形状 ストレート ストレート ストレート
本体重量 240g 240g 240g
付属品

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・ベロア製イヤーパッド

・ステレオ標準変換プラグ (金メッキ、ねじ固定式)

・3mストレートケーブル

・5mカールコード

・ベロア製イヤーパッド

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

非常にシックで上品なドレスアップが特徴的なスタジオモニターK240mk2が登場!マーク2へと究極進化する事で、更にバランスの良さが際立つ素晴らしいヘッドホンです!

その出立ちはまず落ち着きはらった深い群青のフォーマルなカラーリングから始まります。素晴らしい音質特性から放たれる輝耀を内に秘めながらも、品位に満ち溢れたその佇まいからは、他のモデルを寄せ付けないほどの堂々とした「威厳」すらヒシヒシと感じ取る事が出来ますね!

ドライバーユニットのダイヤフラムの厚みを、中心部と外縁部を変える独自のバリモーションテクノロジーを採用し、より歪みのないクリアな音色になり、ふくよかな低音からスッキリとキレの良い高音まで、スムーズかつダイレクトに表現してくれるのが何と言っても印象的です!程よく柔らかで清涼感のある音質は、クラシックから今流行りのJ-POPまで何でも心地よく聴く事ができ、最高のコストパフォーマンスを誇るオールマイティモデルです!

元々装着されているスリムな合皮のイヤーパッド以外にも、標準でベロアのイヤーパッドが付属していますので、その日の気分で変えてみるのも全然アリですね!幸いにも着脱はほんの数秒で可能なスリップオンタイプなので、思い立ったらすぐにパッドを変えて遊べます! さらに、ケーブルも通常のストレートケーブルの他にカールコードも付いていますので、様々な使い方に対応した非常にお得感の高いモデルです!

セミオープンタイプのため、図書館や通勤電車等の音漏れが気になる場所ではやや使いにくい機種ではありますが、そこさえクリアできればミックスダウンはもちろん普段使いにも全然OK!あらゆるシーンで使える頼もしい「執事ヘッドホン」です!

まさに、ザッツオール!高CPヘッドホンをお探しのご主人様に相応しいヘッドホンの一つと言えるでしょう!

サウンドハウスサウンドハウス

今回は、AKG「K240MKⅡ」スタジオモニターヘッドホンについて紹介します。

モニターヘッドホンは原音を忠実に再現することを目的として作られているヘッドホンで、音楽制作などの際に、音がどのような状態かを正確に聴けるという特徴があります。セミオープン型の「K240MKⅡ」は、開放型のように音が外に逃げるように作られているので、音の抜け感があり、密閉感や圧迫感なく、とても自然な状態で音楽を聴くことができます。

1つ1つの音がはっきりと聴こえ、高音はクリアに広がり、低音はしっかりと強さのあるサウンド。音抜けが良く、音の広がりが特徴的です。

装着感も心地よく、重さが気にならないので長時間のリスニングでも疲れを感じることなく使用できます。3mのストレートケーブルとカールコードが付属しており、カール型は、最長5mまで伸ばすことが出来るので、色々なシーンで活躍すること間違いなしです。また、ステレオミニ/標準変換プラグ1つ付属しているので、接続機種を選ばず使用できます。

標準で取り付けられているイヤーパッドは、合皮素材で耐久性の高い作りになっています。それとは別に交換用として肌触りのよいベロア素材のイヤーパッドが1ペア付属しています。イヤーパッドが2種類付属しているのは嬉しいですね。着脱も簡単に出来るので気分に合わせて気軽に交換出来ますよ!

この価格でこれだけ高品質なヘッドホンはなかなか手に入らないのではないでしょうか。特にモニター用をお探しの方にはとてもお薦めのヘッドフォンです。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.4)
  • レビュー数:41

2017/10/07

11111リケーブルで化ける、もっとも音楽的なイヤーモニター

投稿者名:かまあげおうどん 【愛知県】

もともとのケーブルでは3年使っていた。
しかしそのケーブルがなかなかの曲者で、とくに5mのカールコードではそれが顕著に現れるのだが、5kあたりで強烈に刺さる印象があった。
やたらと音量感を高く感じ、リファレンスレベルでは苦痛or音量を下げすぎるので精神衛生上悪く、このヘッドホンでの作業はできなかった。

ほかにも150-250Hzの妙な膨らみ、10k以上の不明瞭さ音場の悪さなど、不満はありこの時点では星3止まりだったろう。

そこで某プ○ケー○ルのNeumann製ケーブル、Neutrik、REANコネクタの1.5mにリケーブルしたところ
これらの問題は一切解決した。

テープの回転数を7.5ipsから30ipsにした感覚に近い。5kあたりの出っ張りは消え、上も下も晴れた。
適切にステレオイメージャで広げたように音場も捉えやすくなった。特筆すべきはトランジェントが鋭い点だろう。パーカッションやベースが生きて聞こえる。
それによって、イコライジングだけでなくダイナミクスにおいても、±0.1dB以内の精度で聞き分けられる。

また、これがなかなか難しいのだが世間の優れたMIXやマスタリングが最も耳馴染みよく聞こえる。独善的でない中立的な指標として優れたイヤモニになった。

総評は「もっとも音楽的なイヤーモニター」だろう。結果として使用頻度はREC、MIX時ではトップになった。
他にも側圧の低さ、長時間作業でも疲れない、「このモニターで聞いてるからこういう音」といった邪な考えから開放してくれて、音楽だけに集中できる。
ノイズ確認にはCD900に譲るが作曲においても、m100とジャンルで使い分けている。

今回のリケーブルでは5000円ほどかかっており、K240の半額を上回る額だが、それを補って余りあるパフォーマンスがあるだろう。
購入を検討している人や、K240が合わなかったと感じた人は是非リケーブルしてみてほしい。

レビューID:76255

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/10/07

11111間違いなく良い製品

投稿者名:宅ろくろう 【埼玉県】

6年ほどSHUREのSRH440を使用していましたが、違うものを試してみたくなり購入。
用途はオーディオIFにつないでのリスニング、宅録モニタリングで自宅内でのみの使用です。

商品が届いてまず、換えのイヤーパッドやケーブルなど付属品の充実ぶりに嬉しくなります。続けて本体の軽さと着け心地の素晴らしさにちょっと感動。アジャスターをカチカチ調節しなくても着けるだけでフィットしてくれます。外観に関しては華美でもなくチープでもなく、ナチュラルに品質の高さを感じさせる素敵なデザインです。

音色もナチュラルで、前に張り付くような音ではなく空気感があり分離感がバツグン。奥で鳴っているドラムサウンドの余韻、各楽器ともリリースの最後まで綺麗に聴こえてきます。薄めのリヴァーブなどもよーく聴こえます。エージングはこれからですが、はじめから良い音が鳴ってくれたと思います。

エレキギターを録るときなどは、ハーフオープン型なので楽器の生音が聴こえてきます。個人的にはあまり気にならないところですが、密閉型の方が演奏はしやすいでしょう。

SHUREと同様にカールコードが好きで使用していますが、AKG付属のカールコードはちょっと頼りない造りだと感じました。ですが本体が軽いので早くも一度、ケーブルの重みに引っ張られて落下させてしまいました。反省。

ベタな文句ですが、こんなにお安くていいのかな?と思えるGood!な製品です。AKGの密閉型なども試してみたいですね。

レビューID:76251

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/10/24

111118ヶ月使用してみて

投稿者名:鳥吉サウンド 【鳥取県】

非常に生々しい音で他のヘッドフォンは使えなくなりました。それまではソニー製で随分前の型のXB-700を使っていましたが、低音が耳に付くようになりこれは違うと・・・。その後ゼンハイザーHD25-1 IIを購入し暫くは聴いていましたが、ヴォーカルの生々しさが何か違う・・・。4年ぶりにAKG K240mkIIに買換え、この生々しい音に納得です。当初はここまでの音で鳴ってはいなかったと思うのですが・・・耳が慣れて来たのか素晴らしい音でXB700、HD25-1IIは使う気にならなくなりました!! 

レビューID:67354

参考になった人数:7人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/08/23

11111最高のヘッドホン!!!

投稿者名:jeff beck 【群馬県】

SONYのCD900STは以前から所有していたのですが、AKGやAUDIO TECHNICAのヘッドホンが欲しくなり、AUDIO TECHNICAのATH-AD700Xを購入しました。音に厚みがあってかなり気に入りました。ただ、ヘッドバンドがちょっと緩めです。肝心のAKG K240MKIIですが、AD700Xよりすっきりした音で低音も良く出てます。掛けごごちはAK240MKIIのほうが断然に良いです。主に女性ボーカルを聴いているのですが、太田裕美、伊藤ゆかり、天地真理、ジューン・クリスティ、マリリン・モンロー〜彼女達の唄声が体の中に入ってきます。エージングは賛否両論のようですが、エージングでヘッドホンの音が劇的に変わるとは思いません。いいヘッドホンは初めからいい音です。ダメなのは初めからダメです。ヘッドホンアンプ無しi pod直で充分な音量です。

レビューID:65791

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/07/11

11111良いです。エージングで化けます。

投稿者名:forest 【大阪府】

最初聴いたときは少しこもりがちの性格なのかなと思いましたが、ある程度大音量でエージングすると良い感じの鳴りになりました。
ケーブルはオヤイデのケーブルにリケーブルしています。かなり音質が変わって良いです。純正ケーブルは少し音痩せする印象です。
大音量で鳴らしても全然耳が痛くならず、尖ったところのない特性です。低音もK702などと比べて良く出ています。

この価格でこの品質なら高く評価します。

レビューID:65038

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! KOMPLETE KONTROL特集 パスワードを入力してプレゼントをGET!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top