ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック ) / DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン

  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン 画像1
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン 画像2
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン 画像3
  • beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )  / DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン 画像4
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
beyer/DT880Edition 2005は、Premiumシリーズのクラシックモデルの特長である、繊細で伸びやかな高音とゆったりとした低音によるワイドレンジな再生はそのままに、新しいデザインを採用してシリーズを一新しました。3つのタイプからセレクトできます。
■ヘッドホン
■形式:セミオープン型
■周波数特性:5-35000Hz
■感度:96dB
■インピーダンス:250Ω
■コード:3m/ストレートケーブル
■プラグ:3.5mm(ミニ)
■6.3mm(標準)アダプター付属
■歪率:0.2%以下
■質量:270g
リクライニングチェア

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.8)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2020/06/20

11111無色透明

投稿者名Reviewed byウェーブ 【大阪府】

DT990 E/32 を数年前から所有しており、それなりに満足していたのですが、何時間でもBGMで聴いていられる、もっと素直な色付けの無い様なものを探して、この製品にたどり着きました。元々、ベイヤーは大好きなメーカーで、所有しているのは、全てオープンエアー型のものばかりでした。それぞれ個性的で大好きで、DT990 E/32 は、パンチがある音質で、長時間のBGM的な聴き方はできませんでした。どうしても音楽に引き寄せられます。
このDT880Edition2005は、非常に心地が良い無色透明な音色です。低域から高域までフラットで、バランスが良いのだと思います。かと言って、解像度が低いわけではなく、こもっているわけでもないです。フルオーケストラの各楽器が良く分かります。音場も広めです。長く使用できます。私の宝物の一つになりました。

レビューIDReview ID:105502

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/09/17

11111デジピやピアノ音源を弾く人に

投稿者名Reviewed byジャズ猫 【奈良県】

ソフトウェアピアノ音源を弾く時のモニター用に買いました。ピアノの音が良いと評判なのと、ヘッドホン評価サイトinnerfidelityでの測定データで、3万円前後ぐらいのヘッドホンの中で最も中域、高域の歪が少なかったので。結果は大正解でした。これまで使ってきたK702だと、Morphitで補正をかけても高域のある音を強く弾いた時に歪が感じられたんですが、これだといくら強く弾いてもクリアーな音です。また手持ちのヘッドホンの中で最もピアノのアタックがリアルに鳴ります。一つ一つの音の分解能も良いです。音場の広さはK702には叶わないけど、音の密度みたいなものはこっちのほうがあるように思います。デジピやピアノ音源を弾く人にお勧めします。よく「高域が大人しい」とか「聴き疲れしない」等言われますが、歪の少なさのためではないかと。テスラドライバーじゃないけど、これはやはり名機ですね。

レビューIDReview ID:85454

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/01/29

11111抜けがよく解像度の高い音

投稿者名Reviewed byss1215 【群馬県】

beyerdynamic  セミオープンヘッドホン
DT880 Edition2005  
ヘッドホンは今まで幾つか使用してきました。ゼンハイザーは HD598、HD600、AKGはK240MK2、K702、フォステクスはT50RP MK3G等です。
ただ、beyerdynamicは使用した事がなかった為、今回購入してみました。
DT990 DT880 DT770 三兄弟の中でも、オープンタイプと密閉タイプの長所を併せ持つセミオプンタイプのDT880 を選びました。またケーブルがコイルタイプよりストレートタイプが良かった為、DT880 Edition  2005 にしました。
音質については、評判の通りで充分満足しまた。
自分の好みの音は、ニュートラルな音です。
抜けのよい自然なサウンドで、低音 中音 高音 のバランスもよく重低音から超高音の細部にわたって正確に再現し、解像度と分解能の高さも非常に素晴らしいと思います。
セミオープンの為、外部への音漏れは少し有りますが、装着感もよくトータルバランスの優れた商品だと思います。

レビューIDReview ID:79518

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2009/05/17

11111ミックスモニター用として最適です

投稿者名Reviewed bystudio036 【神奈川県】

ミックスチェック用として信頼できます。ミックス作業の9割スピーカー(ATC SCM20+マッキントッシュアンプ)ですが、うちのスタジオは小さく定在波などで特に100Hz以下はめちゃくちゃですし高域や細かい音はどうしても聞こえにくいので、大事なミックスは必ずこのヘッドフォンで調整します。
数々ヘッドフォン遍歴しましたが、これほど完成度の高いのは少ないです。低歪高解像度、ワイドレンジ、スピーカーに比較的近い音像(へばりつかない)、疲れない音、耳を圧迫せず快適など。低歪ワイドレンジならコンデンサーヘッドフォン、低歪解像度ならオーディオテクニカATHW500010万円!)は素晴らしいですが、コンデンサーはパワー感なく、ATHW5000は音像が不自然。
最大の欠点は能率があまり良くなく(数値上はともかく)、ヘッドフォンアンプがしょぼいとすぐ詰まった音になります。うちはモニター用のMackie1202VLZ3につないでまずまずです。TASCAM MH40だとミックス用には物足らないとこあります(CD聴くに使ってますが)。リスニング用にも十分ですが、ヘッドフォンアンプは駆動力あるものが欲しくなります。
音色的には、やや明るいけどマイルド感もあり耳に刺激的なところはゼロで、アコースティック系(クラシックなども)にいいですが、ガンガンロックには向かないかな。フルオーケストラや合唱ものは優秀録音だとちょっと感動します。POP系も気持良くきけます。
店頭で他のBeyerも試聴しましたが、同じメーカーだからと思うと大違い。990系は大人しいかな(良く言えば落ち着いてる)。770系ならBeyer買う意味ないかも。
ご参考までに最近使ったヘッドフォン書いておきます。
BeyerDT250録音モニターとして良い、レビュー書きました)
SennheiserHD25-1/II(気持いいが演出派手、高能率でiPodに○)
SONY MDRCD900(すぐ息子に譲りました。1万円台の音かな。)
AKG271(掛け心地グッド)
AKG240(バランスとれていてモニター用にお勧めできます。)
AT/ATHW1000(解像度あるが、癖っぽいとこも少々。耳パッド○)
STAX型名忘れした(四角いやつです
価格的にもサウンドハウスさんのなら全然納得では。

レビューIDReview ID:10633

参考になった人数:137人

137 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2010/01/03

1111心地よい装着感

投稿者名Reviewed byマタ 【長野県】

ハウジングを支えるアーム部分がメタルでできてます。軟らかい曲面構成なので画像では分りにくいですが、実際は冷たく硬い手触りです。気になったのは、本体を持つ度にアームの縁のエッジが指に当たる感触で、特に自分のものは、削った痕が一部ギザギザに残っていて、ザラついて不快でした。がまんできず320番の耐水サンドペーパーで、エッジを擦って角を落としたところ、見た目は悪くなったものの、当たりは気にならなくなりました。
数万円だして購入した立場としては、丈夫な金属製ということを強調した、ハンドクラフトな演出と受け止めたいのですが、単なる仕上げの手抜きとしか見えないところが辛いです。たまたまハズレの個体だったのかも知れません。
また、ハウジングの上部とヘッドバンドを繋ぐコードが、数センチ出ています。硬質なハウジングと細い線の対比からくる強度的な不安も然る事ながら、自分のものは左右のコードの長さがかなり違っていることから、左右対称がそこだけ崩れてしまっていて、見た目が妙に気になります。それからヘッドパットの布地ですが、盛大に毛くずが抜け出ます。これには参りました。事前に知っていたら購入したかどうか分りません。毛が抜けることに、ことさら神経質になってしまう今日この頃。

レビューIDReview ID:13979

参考になった人数:70人

70 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

beyerdynamic ( ベイヤーダイナミック )
DT880 Edition2005 セミオープン型ヘッドホン

商品ID:94434

¥22,800(税抜)

(¥25,080 税込)

  • 送料無料

1,253ポイント内訳

  • 250Pt

    通常ポイント

  • 1,003Pt

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 1,253Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top