ここから本文です

DTMセール情報まとめ

APOGEE ( アポジー ) / Duet 3 オーディオインターフェイス

APOGEE ( アポジー )  / Duet 3 オーディオインターフェイス

  • APOGEE ( アポジー )  / Duet 3 オーディオインターフェイス画像1
  • APOGEE ( アポジー )  / Duet 3 オーディオインターフェイス画像2
  • APOGEE ( アポジー )  / Duet 3 オーディオインターフェイス画像3
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
Duet 3は、スタイリッシュなデスクトップ型オーディオインターフェイス。コンパクトながら、伝説的なAPOGEEのサウンドクオリティを実現するDuetシリーズ最新モデル。ハードウェアDSPを搭載しレイテンシーを気にすることなくApogee FX Pluginを使用可能。 安心のサウンドハウス3年保証付き!

同等品の
オススメは
こちら!


伝説のサウンドクオリティーとハードウェアDSPを美しい新デザインで

2007年、初代Apogee Duetは、ホームスタジオ用インターフェイスの常識を覆しました。プロフェッショナル向けながら、持ち運び可能、そして伝説的なApogeeのサウンドクオリティ、エレガントなデザイン、シンプルな操作性を持ち合わせていました。インディペンデントレコーディングに革命をもたらし、ミュージシャン、プロデューサー、エンジニアに大きな影響を与えました。

そして新Duet 3は、次世代のパフォーマンス、機能、そして美しい超薄板ガラスアルミニウム製のケースで登場。さらにSymphony ECS Channel Strip*を採用したオンボードのハードウェアDSPを搭載。FXによるゼロレイテンシーのレコーディングが可能になりました。

ボブ・クリアマウンテンがチューニングしたSymphony ECS Channel Stripには、伝説的なミキサーがカスタムメイドしたプリセットを同梱。プロのレコーディングサウンドを即座に再現可能です。

音楽制作、ボイスレコーディング、ストリーミング、そしてゲームにも最適なDuet 3は、MacやWindowsのワークステーションと組み合わせて、スタジオでも外出先でも使用することができます。人間工学に基づいた究極のデスクトップ環境を実現する、洗練されたDuet Dockアクセサリーで、あなたのDuet 3をさらに進化させてください。

*Symphony ECS Channel StripハードウェアDSPおよびネイティブプラグインは別売りです


アナログとデジタルの調和
デジタルオーディオインターフェイスで原音に忠実な音質を実現するには、AD/DAコンバーター、デジタルクロッキング、アナログ回路、パワーマネジメントなどを巧みに調和させる経験豊かなエンジニアリングが必要です。Duet3 は、数十年にわたる技術革新と専門知識の成果であり、このクラスでは他に類のない音質を実現しています。

伝説のAD/DAコンバーターとワールドクラスのマイクプリアンプ
2つの入力と4つの出力を持つ伝説的なApogee AD/DAコンバーターとワールドクラスのプリアンプを2機備えたDuetは、ホームスタジオやモバイルスタジオの完璧なパートナーです。マイク、ギター、キーボード、ラインレベル機器を接続して、あらゆるサウンドのディテールを捉えます。

スピーカー用の2つのバランス、ラインレベルのアナログ出力で、サウンドの深みと奥行きを最大限に生かしたモニターとミックスが可能です。また、ヘッドフォン専用のゼロオーム出力も搭載しています。

クリーンかつ正確なプリアンプ
高品質なレコーディングのための最も重要なコンポーネントの一つがプリアンプであり、Apogee Duetのプリアンプはワールドクラスです。最大60dBのゲインと48Vのファンタム電源により、最も要求の厳しいマイクロフォンでも、あらゆるオーディオソースをクリーンかつ正確にキャプチャーすることができます。ゲインを上げても、ノイズや歪みを抑えることができるのは、Apogeeの綿密なエンジニアリングの賜物です。

オンボードDSPで使用可能なプラグイン
最高のパフォーマンスを実現するには、感動的なサウンドを素早く簡単に録音する必要があります。しかし、録音時のレイテンシーほど気になるものはありません。DuetにはApogee FXプロセッシング用のDSPが内蔵されており、入力されたサウンドを正確に捉え、録音時に発生するレイテンシーを解消しながら、素晴らしいサウンドを提供します。

Symphony ECS Channel Strip - ボブ・クリアマウンテンによるチューニング -
伝説的エンジニア、ボブ・クリアマウンテンがチューニングを施したSymphony ECS Channel Stripには、EQ、コンプレッション、サチュレーション・コントロールを搭載。ボーカルやアコースティック楽器のトラッキングに最適なチャンネルFXのブレンドを作ることができます。複数のクリアマウンテンプリセットから選択、DuetのオンボードDSPによりゼロレイテンシーで使用可能です。

Apogee Control 2ソフトウェア
DuetのハードウェアDSP上で動作するSymphony ECS Channel Strip FXを含む、Duetのすべての機能を、Apogee Controlソフトウェアよりコントロール可能です。

Apogee Control 2は、すべてのApogee製品に搭載。Apogeeでは将来のmacOSとWindows OSのアップデートに素早く対応し、ワークステーションの互換性を確保します。

Apogee Channel FXプラグイン
Apogee Channel FXプラグインを使えば、DAW上から直接コントロール可能。ゲインの調整、ファンタム電源のオン、モニター・レベルの設定、Symphony ECS Channel StripからのFXのコントロールとプリントなど、セッションに集中しながら、すべてのコントロールが可能です。

サウンド、そしてデザインも美しく
Apogeeではサウンドクオリティはもちろん、デザインも重要な要素の1つと考えています。オーディオ・インターフェイスはスタジオの中心的存在であるため、ビジュアルや操作性といったデザインも作品の創造に大きな影響を与えます。また信頼性の高いDuetのコントロールノブにより、モニターレベルやマイクプリアンプのゲイン調整や、機能のナビゲートを安定して行えます。

また、ノブには紫色のアンダーライトが施されており、Duetの世界観を演出。デスクトップ上での操作性を実現するために人間工学に基づいた設計が施されており、ロープロファイルのボディには傷のつきにくいゴリラガラスを採用し、モダンな外観と強固な保護機能を実現しています。

新Duet Breakoutケーブルでは、コネクタの形状を見直し、より長いリーチを実現しました。すべての機器を接続しつつ、デスクの外に収納することも可能。すっきりとしたワークスペースを実現します。

Duet Dock 究極のDuetデスクトップ体験
Duetシリーズは、その小さな筐体とフレキシブルなブレイクアウトケーブルにより、外出先での音楽制作やレコーディングのスタンダードとなりました。しかしスタジオで作業する際には、全く新しいDuet Dock(別売)をお薦めします。Duet DockはDuetを理想的な角度で配置し、すばやくパラメーターを調整したり、メーターや機能を視認することができます。またDuet Dockのリアパネル・コネクターは、必要な端子が整然を配置されており、Duetの接続やケーブルの整理が容易に行えます。


特徴
・クラス最高のApogee社製コンバージョンとマイクプリアンプを搭載
・2in 4out USB Type C オーディオインターフェイス
・アルミニウムベースにゴリラガラスのトップとノブカバーを採用した全く新しいロープロファイルデザイン
・ブレイクアウトケーブルによる入出力
・2x 1/4″ インストゥルメント入力
・2x マイク/ライン入力
・2x 1/4″ バランス出力
・ヘッドフォン出力
・バスパワー駆動/USB Type Cポート経由の外部電源オプション
・ハードウェアDSP FXを内蔵。エンジニア ボブ・クリアマウンテンがチューニングしたSymphony ECS Channel Strip*を使用可能
・macOS、Windows 10対応
・USB Type-CおよびType Aケーブル付属
・トラベルケース付属


仕様・動作環境
※動作環境につきましては 代理店サイト内の情報 を必ずご確認ください。

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.6)
  • レビュー数Reviews14
この商品のレビューを書く

2023/11/09

11111後継機

投稿者名Reviewed byln 【東京都】

現在、APOGEE Duet for iPad and Macを使用してますが、Duet 3に新しくしました。使うのが楽しみです!!
その後ボーカルを録音しようとしたら、途切れ途切れになります。どうしたらいいか問い合わせをしたところ、商品の不具合の可能性もございますが、ご利用の環境に起因するものであったり、各種設定や操作で症状が改善する可能性もあるとのことでした。
■APOGEE代理店 メディアインテグレーション
・メールフォーム:https://www.minet.jp/help/ 
・URL:https://www.minet.jp/support-contact/
dtmはロジック使用です。

レビューIDReview ID:144379

参考になった0

2023/10/30

11111後継機

投稿者名Reviewed byAPOGEEユーザー 【東京都】

現在、APOGEE Duet for iPad and Macを使用してましたが、Duet 3に切り替えました!
商品まだ届いてませんが、楽しみです

レビューIDReview ID:144346

参考になった0

2023/10/19

11111良い商品です

投稿者名Reviewed byきすけ。 【神奈川県】

素人のレビューになりますが参考になれば幸いです
MOTU M2からの乗り換えで購入しました
DTMの際にギターとベースのレコーディング等で使用しています。
サウンドに関しまして、レコーディングとリスニング共にクリアで分離が良い音だと思います。
現代的な音で個人的には好きでした
こういった高価なオーディオインターフェースは初めてなのですが一聴した際に「凄いなぁ」とワクワクしました、先入観もあるかもしれませんが1つ1つの音がキラキラして聴こえたように感じます
また、duet dockも併用して使用していますが配線が綺麗になりますしオススメです
操作性やWindowsとの相性に関しては賛否ありますが現状とくに不便さや不具合等はありません
duet 3の保護フィルム等もあるので、指紋やキズが気になる場合はそちらも貼っておくと安心なのかなと思います

レビューIDReview ID:144088

参考になった2

2022/09/18

11111サウンドよし

投稿者名Reviewed byOK 【神奈川県】

比較候補として、Antelope Zen Goと、UA Apollo Soloを検討しました。
店頭にて聴き比べ&ソフトウェアの感触を確かめました。
Apollo SoloではDSPパワー不足で両チャンネルにSSLのチャンネルストリップ(HA、EQ、ダイナミクス)と空間系(Rev,Del)は不可。ということでApolloを選択肢に入れるのであれば、Duo以上。
となると、Apollo twin等になって一桁上の価格帯になります。
Antelopeはかなり余裕あり。
Antelopeは音色が気に入れば(不具合等も、付き合っていければ)良さそう。コスパは一番いい。
Duet3は空間系のプラグインはPrint FXとして立ち上がらない。(2022年の8月時点)
どの価格帯でも、インターフェイスを考える際には価格を入力や出力のチャンネル数で割る。つまりチャンネル単価で考えると、コストパフォーマンスも見えてくると思います。1チャンネルにどれくらいの予算をかけられるか・・・?という視点です。
そういった意味で考えると、AntelopeはSPDIFも含めると合計で4ch入ります。それがDustと同じ価格レンジ。
純粋な入力チャンネル単価はDuet=Apollo Solo>ZenGo。
UAに関してはプラグインの価格を考えると本体はバーゲンプライスでしょう。もし購入しても待っているのはプラグイン沼。そしてQuadのインターフェイスなりOCTAのDSPハードウェアが欲しくなって・・という悲観的な考えで、候補から消えました。
出力音(ヘッドホン)では分解能が高く、高域、低域のジャッジがしやすいと感じたのは
Duet>Antelope>Apollo Soloでした。
入力についてはDuet(Print FX含めて)>Apollo Solo(Unison含めて)>Antelope(プラグイン含めて)でした。
ネットの評判は個人の主観であるということ。YouTube等の比較やレビュー動画も同様。改めて勉強になった思いです。今回、改めて試聴や自分のやりたい操作、目指す音像は、自分で確かめなければダメなんだとわかりました。
DA ESS Sabre 9016
AD TI TLV320ADC6140

レビューIDReview ID:132372

参考になった12

2022/05/31

11111とても良いインターフェースだと思います

投稿者名Reviewed bysaba 【東京都】

自宅での作業用に購入しました、2か月ほど使用しています。
少し変わった傾向の音がするかもしれません。
フラットというよりはクリアな傾向で、分離が良すぎるかも。
同価格帯のRME Babyface Pro、UAD Apollo Twin、Antelope Discrete4を使用することがありますが、
それらと比べてもそん色ない品質だと感じました。
バスパワーなのも良いですね。
ただ、フラットで硬めな音で作業したいのであればRMEやUADの方が良いとおもいます。
windows10環境だと、たまに出力にノイズが乗るようです(主に通話時)
また、時々サンプルレートがおかしくなる問題があるのですが、私の環境では排他モードをオフにすることで解決できました。
それ以外で気になる点はありません。
発売当初の評判からはだいぶ改善されてるのではないでしょうか。。

レビューIDReview ID:130196

参考になった7

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

APOGEE ( アポジー )
Duet 3 オーディオインターフェイス

商品ID:293894

¥81,999(税込)

  • 送料無料

4,098ポイント(5%)内訳

  • 819Pt

    通常ポイント

  • 3,279Pt

    ポイント5倍キャンペーン

  • 4,098Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram