ここから本文です

サウンドマート

BEHRINGER ( ベリンガー ) / PRO-1 アナログシンセサイザー

BEHRINGER ( ベリンガー )  / PRO-1 アナログシンセサイザー

  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / PRO-1 アナログシンセサイザー画像1
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / PRO-1 アナログシンセサイザー画像2
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / PRO-1 アナログシンセサイザー画像3
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / PRO-1 アナログシンセサイザー画像4
  • BEHRINGER ( ベリンガー )  / PRO-1 アナログシンセサイザー画像5
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
PRO-1はアナログシンセサイザー。3種類のオシレーターを同時に仕様可能。3340および3320を使用したオリジナル回路を忠実に再現。16ボイスポリチェーンにより、複数のシンセサイザーを組み合わせて最大同時発音数16を実現。

 お知らせ


以下のような症状が出た場合、ファームウェアアップデートをお試し下さい。

[症状]
・CV/GATEに鍵盤等を接続した際、リリースタイムがランダムになってしまう
・鍵盤を押している間もGATEが閉じてしまう
・外部MIDI機器を接続した際、意図したとおりの制御ができない

詳細につきましては、以下URLにてご確認下さい。
https://www.electori-br.jp/news/790.html

 特徴


・デュアルVCO、3つの同時波形、4極VCF、広範なモジュレーションマトリックス、16ボイスポリチェーン、ユーロラック形式のアナログシンセサイザー
・デュアルVCOデザインの素晴らしいアナログシンセサイザーデザインにより、驚くほど分厚いサウンドを作成可能
・伝説的な3340および3320を使用したオリジナル回路を忠実に再現
・オーセンティックなVCO、VCF、VCAによる純粋なアナログ信号回路
・3種類のオシレーターを同時に仕様可能(OSC A:ノコギリ波/パルス波、OSC B:ノコギリ波/三角波およびパルス波)
・自己共振機能を備えたクラシックな4極フィルター設計
・自由な音楽作成の為、2つのモジュレーションバス用に強力なモジュレーションマトリックスを搭載
・Sawtooth、Triangle、Squareのオシレーター形状を同時に持つ専用およびアナログLFO
・VCFおよびVCA変調用の2つのエンベロープジェネレーター
・使いやすい64音デュアルシーケンサー(LFOクロックはマスタークロックとして動作)
・3パターンのアルペジエーター
・16ボイスポリチェーンにより、複数のシンセサイザーを組み合わせて最大同時発音数16を実現
・Eurorack対応。メインモジュールを標準Eurorackケースに装着可能
・56個の操作子により、すべての重要なパラメーターに直接リアルタイムでアクセス可能
・外部音源を処理するための外部オーディオ入力
・外部制御入力および出力(ゲート、フィルターなど)
・MIDIチャンネルと音声優先の選択が可能なUSB / MIDIを実装

 音源部


・最大同時発音数:1
・オシレータ:3340 x2 (各VCOに1台づつ使用)

 フィルタ


・ローパスフィルタ:4極 x1 (24dB/oct)

 モジュレーションソース


・LFO:1 (0.08 Hz~30 Hz)
・エンベロープ:VCF、VCA

 音声出力


・メイン:モノラル x1 (TS標準フォン)
・ヘッドフォン:ステレオ x1 (TRSミニフォン)

 MIDI


・IN:○
・OUT:○
・THRU:○
・USB-MIDI:○ (USB 2.0、タイプB)

 本体


・幅:42.4cm
・高さ:9.5cm
・奥行:13.6cm
・質量:1.8kg

 電源


・最大消費電力:8W
・電源:AC100V (50/60Hz)

 対応OS


・Windows:7以降
・Mac:OS X 10.6.8以降

 付属品


・電源アダプタ

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.5)
  • レビュー数Reviews2
この商品のレビューを書く
mappy

2023/05/28

11111野太く暴力的なパッド音が最高!

投稿者名Reviewed bymappy

The Prodigyです。
オシレーターの原音の太さと、抜群に効くローパスフィルタ、豊富なモジュレーションで”恐ろしく野蛮”で、”暴力的な音”を出します。
pro-1が面白いのは、更に簡易的なアルペジエイターと64ステップのシーケンサー内蔵であるところ。
MIDIノート情報でシーケンスフレーズを2パターン作っておいて保存もされるので、音作り時の簡易的なシーケンサーとして十分です。
パターンシーケンサーとしてフレーズを登録しておいて、MIDIシンセからルート音とテンポを指定するとコードチェンジもテンポチェンジも(モジュレーションでぐちゃぐちゃなカオスブレークも)可能です。
これの前にneutronも入手しているのですが、pro-1のMixerOutをneutronのディストーションに入れてpro-1の野太い音を下品に仕立てたり、ついでにウォームなディレイもかけたり、pro-1のはないsine波をneutronから供給したり、欲しい機能をパッチングで得られるのがアナログの良い所です。
わずか4万円ほどで、これ程の刺激を与えてくれる音源って、素晴らしい製品です。
※ちなみ、Behringer公式の動画はPro-1の良さが良く伝わりません。Youtubeの有志によるカッコいい音を聴いたら、即買いの気持ちに火が付きますよ。
Thanks Behringer

レビューIDReview ID:140377

参考になった5

2022/11/08

1111限りなく実機に近いサウンド&Prophet-5とは全くの別物

投稿者名Reviewed byもんたげ 【長野県】

Prophet-5のモノフォニック版という紹介をよく見るのですが、実際のサウンドはまったく異なり、非常に音圧が高くLow-Bまでしっかり図太いサウンドを出せるのがオリジナルのPro-Oneの特徴です。Pro-1はパネル配置だけでなくサウンドまでオリジナルをかなり忠実に再現していると思います。
この音の質感は、P-5と比べてオシレータが5分の1ということでオシレータ1つあたりの出力電圧が高いところに由来しているようです。P-5でもユニゾンモードにすると独特なサチュレーション感が生まれますが、Pro-OneやPro-1は常にサチュレーション感があります。なのでP-5と同じ感覚で操作するとどんなに頑張ってもイメージしたサウンドに到達しません。イメージが間違っているのです。とりわけ低音域の音質はP-5とは全く異なるので、シンセベースに使うときは注意が必要です。そのような特性を把握できれば、このシンセでしか出せない重心が低いサウンドを存分に機能させることができます。
Pro-1の比較対象はu-he Repro-1でしょう。Reproはこのサチュレーション感をうまくシミュレートしています。しかしソフトシンセの宿命で、カットオフを下げるとサチュレーション感がなくなって音が細くなり、奥に引っ込みやすくなりますので、プラグインエフェクトで補正する必要があります。
なおMIDI機能は制限されていて、受信できる情報はノートON/OFFとモジュレーションくらいです。受信チャンネルはディップスイッチで設定します。音色を記憶できないので、せめてMIDI CCでパラメータ変更できるようにしてほしいです。

レビューIDReview ID:134583

参考になった7

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

BEHRINGER ( ベリンガー )
PRO-1 アナログシンセサイザー

商品ID:270843

¥46,800(税込)

  • 送料無料

4,680ポイント(10%)内訳

  • 468Pt

    通常ポイント

  • 4,212Pt

    ポイント10倍キャンペーン

  • 4,680Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram