ここから本文です

サウンドマート

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー ) / Little Green Wonder Factory

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory

  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory画像1
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory画像2
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory画像3
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory画像4
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory画像5
  • MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )  / Little Green Wonder Factory画像6
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
ローミッドが強調されたTS系オーバードライブ。スタックアンプのドライブサウンドを元に設計され、どんなアンプにもマッチします!BODYつまみで音色を決めることができ、アンプサウンドをひと押しするブースト用途、アンプとファズの相性を整えるフィルター用途、オーバードライブと様々な用途をもった、魅力的なペダルです。

[直輸入品][Direct Import]

電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。
■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■コントロール:ボリューム、ドライブ、ボディ

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.6)
  • レビュー数Reviews5
この商品のレビューを書く

2013/06/26

11111TS系の端っこの方

投稿者名Reviewed byhawk 【東京都】

TS系として紹介されることの多いオーバードライブですが、よくよく考えてみると
・lovepedalのような粘り強さはありません。
・MXRのような灰汁もありません。
・RC Boosterのような硬い部分があります。
・BOSSのような芯の細さは感じません。
要するにTS系と部類するには、
あまりに素直なのです。艶はあるけど色気がなく、扱い易過ぎる。
本当に真空管としてのTS系を求めている方からすれば、
「TS系に求めるものってこういうことだっけ?」といった感想が返ってくるかもしれません。
逆に私はそうだったのですが、
「TS系の明るい音色」
「もうちょっと弱くて」
「扱いやすい」
そんなものをお探しの方がいたとしたら、間違いなくドンピシャの商品になります。
パワーがないわけではないんです。
迫力もあります。
ジャズコから繋いで、相方マーシャルを呑み込むだけのパワーは出せました。
ただ音が素直で、硬いだけの子なのです。
それ故にブースターとして高い能力を発揮出来るというのも、想像出来るのではないでしょうか。
BODYつまみがTONEと違います。
・左→低音強調。
・中→フラット。
・右→高音強調
TONEの機能を音域を開くイメージとするなら、
BODYは最初から音域は開きっぱなしで、歪みバランスの中心をどこに置くか?という機能です。
バランスを決めるだけなので、
アンプで一生懸命作った設定をそのまま生かすことが出来ます。
エフェクターでは本当に歪み量を決めてあげるだけ。
ジャズコ使いとしては本当に助かる機能です。
Sweet honey over driveより歪みます。
Sweet honey over driveより音の立ち上がりが早いです。
Sweet honey over driveと同時に踏むと、ファズみたいな音で、でもファズより灰汁がない音になります。ディストーションみたいにはならなかったです。
始めて買ったエフェクター以来の感動したエフェクターの一つです。

レビューIDReview ID:42002

参考になった人数:33人

33 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2013/06/19

11111すばらしい

投稿者名Reviewed byケイゴ 【東京都】

とりあえず、よいものに出会えました。
自分はいつもdriveを8時から9時の間で使っています。
歪ませて使うとよりかはブースターとしての方が私は向いてると思います。
色々なサイトで書かれていたりするの見ますが弾いてみて確かにTS系に似ているとは思いましたが、MADPROさんのペダルはローが前に出る感じだと私はつかんでいるので、そこらへんがTS系とは違いますね。

レビューIDReview ID:41882

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/04/08

1111扱いやすいオーバードライブ

投稿者名Reviewed byギターと子犬 【】

初期HW版と合わせて使用経験があります。
いわゆる、TS系と呼ばれるくくりのペダルではありますが、触れた感想としては非常に扱いやすいペダルと感じました。
素直な操作で扱える、とにかく扱いやすいペダルです。
同ブランドのオレンジのタイプ、SWODと比べると、音圧が増す低域が強く出る印象が強いです。
音にすると一気に音圧が増すので、そういった意味ではセッティングに悩む場面も多かったです。
歪みの種類としては、ディストーションというよりはファズ寄りの質を持っていると思います。
HW版との違いは、正直音量を上げないと実感できないレベルです。持ったりした際のグッとしたダイキャストの重みはHW特有の高級感を感じさせてくれましたが、実際150〜500程度のキャパの箱ではそこまで実感するほどの差はありません。
わかりやすい歪みペダルなので、好まれる方も多いと思います。SHODとはタイプが異なる歪みなので比較はしないほうがいいと思います。使い方が異なってくると思います。
個人的には、これとSWODを合わせてかけられたらリードはやることがないくらい音圧と解像度で演奏できるので、両がけはオススメですよ。

レビューIDReview ID:91261

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/05/01

11ローに寄り過ぎて扱いづらい

投稿者名Reviewed byDay dream nation 【東京都】

”ロー・ミッド寄りのTS系”というのは本当に言葉通りです。
BODYのツマミは12より左は全く使えません。こもりすぎます。
もし仕様するのあれば14時以降で使うしかない、それくらいロー寄りです。

TS系は世にたくさん出ていて、私はTS系好きなこともあり色々なTS系ペダルに触れてきましたが、正直特に秀でている所はないです。(ごめんなさい)

コスパを求めるならエレハモのEAST RIVERの方が断然安くて使いやすいですし、
ブースターとしての役割やサウンドの上品さを求めるならMaxonのOD9pro+辺りの方がいいと思います。

でも何故か人気なんですよね。これ。
プロのボードにもよく置いてあります。

とかく、一度他のTS系と比較試奏してみる事を強くオススメします。

レビューIDReview ID:81925

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2014/12/01

11抜けが悪い

投稿者名Reviewed byみつはる 【奈良県】

と言いますか、埋もれやすいと言うか…


とりあえず特徴的なBODYのつまみも10時から2時くらいまでの音色がまったく使えない

トーンを0に絞ったかのようなサウンドで
左に回すとドンシャリちっくな歪みで、右にしてやるとTSっぽくなる、でもその音色のレンジが狭すぎて無理にTS系ペダルとして使うのなら他にもっと良い物はたくさんあると思えた。

それこほ同社のssweet honeyやSky blueの方がキャラを確率していて非常に好印象だったのでLGWに関しては無理して使う用途はないかなっていう感じでした。


TSならWAYHUGEのGREENRHINOなんか非常に優秀です。

レビューIDReview ID:52899

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )
Little Green Wonder Factory

商品ID:180191

¥16,800(税抜)

(¥18,480 税込)

  • 送料無料

184ポイント内訳

  • 184Pt

    通常ポイント

  • 184Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

人気の代替商品

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top