ここから本文です

BOGNER ( ボグナー ) / Ecstasy Blue

BOGNER ( ボグナー )  / Ecstasy Blue

  • BOGNER ( ボグナー )  / Ecstasy Blue 画像1
  • BOGNER ( ボグナー )  / Ecstasy Blue 画像2
  • BOGNER ( ボグナー )  / Ecstasy Blue 画像3
  • BOGNER ( ボグナー )  / Ecstasy Blue 画像4
  • メーカーサイト
Bogner Ecstacyアンプのブルー・チャンネルを再現したオーバードライブ。ピッキング・ニュアンスにも敏感に反応する、クラシックなロックンロール・サウンドを得られます。

[直輸入品]

■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■トゥルーバイパス仕様
■独立したブースト機能
■マスターコントロール:volume、treble、middle、bass、gain
■variac On/Off スイッチ:電圧が降下したときのようなコンプレッション感をサウンドに加えます
■modeスイッチ:PlexiとBlueを切り替えて、ヴィンテージスタイルのローゲインサウンドと、モディファイされたハイゲインサウンドを選択します
■pre-eqスイッチ:B1、N、B2を切り替えて、サウンドの「オープンさ」と、高域の倍音をコントロールします。
■structureスイッチ:100、101、20th Anniversaryを切り替えて、Ecstacyアンプの各世代/モデルのEQシフトとゲインストラクチャーを選択します。
■ジャック:input、output、remote
remoteジャックを使用すると、ペダルのon/offとブースト機能を外部フットスイッチ(別売)にてコントロールすることができます。
■Low Batteryインジケーター:バッテリー残量が少なくなるとLEDが点滅します。
■プレミアムコンポーネント:両面金メッキ仕様のサーキットボード、ドイツ製WIMAキャパシター、日本製ニチコンキャパシター、金メッキリレー、カーリング社製スイッチなど厳選されたパーツを採用。
■電源:9V電池またはDC 9Vアダプタ(別売)
~メーカーサイトの解説より~
■1992年に誕生したBogner Ecstacyアンプは、現在もカリフォルニア州ロサンゼルスにて1台ずつハンドビルドされています。Ecstacy Blueペダルは、伝説となったEcstacyアンプのブルーチャンネル - 伝統的なクラシック・ロックンロール・クランチ - を完璧に再現します。EcstacyアンプのBlueチャンネルが究極のPlexiトーンを備えていることはギタープレイヤーなら誰もが知っていることですが、セッティング次第でBlueはよりハードなサウンドを放つこともできます。Bognerアンプの設計者、ラインホルドは、Ecstacy Blueペダルをデザインする際にオペアンプやダイオードクリッピングは使わず、4つのディスクリート・クラスAゲインステージを使用して、Ecstacyアンプのブルーチャンネルを完璧に再現しました。この革新的なアプローチにより、過去のオーバードライブペダルでは実現できなかった、クリアでタッチに敏感に反応し、素晴らしい分離感を備えたサウンドを創り出すことに成功したのです。Ecstacy Blueは9V乾電池、もしくは9V DCパワーサプライで動作しますが、ラインホルドの先進的な回路設計により、電圧は内部で大幅に昇圧されます。この高い電圧は、伝説となったEcstacyアンプのチューブデザインのような、驚異的なダイナミックレンジをサウンドにもたらします。
電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:8
この商品のレビューを書く

2018/04/04

111111ch運用で幅広い音が作れる

投稿者名:Easy 【山口県】

 スイッチャーに組み込んで、複数の歪みの一つとして運用しています。
2ch両方使おうとすると、片側の歪み不足を感じ、それをゲインで補うと今度は、ブースト時にグシャっと潰れた音になり気に入りませんでした。
ところが1chと割り切って考えると、とても幅の広いクランチサウンドが作れることに驚きました。
ブーストスイッチを常時オンで、ミニスイッチがどのポジションでも多彩で美味しい音が出てくれます。

クランチーなリードトーンやイナタいバッキングはコイツの出番となりました。

レビューID:81242

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/12/05

11111素晴らしいペダルです。

投稿者名:zxc 【熊本県】

高級感溢れる箱に入ってきます。

あまり歪まないというレビューを色んなところでみていましたが思ったより歪みます。

ちゃんと芯が残った歪みなので弾いてて音が太く感じます。

ピッキングの強弱で
クリーンにしたり歪みにしたりと
ピッキングへの追従性も素晴らしいと思います。

スイッチは今までにない踏み心地です。
硬すぎず柔らかすぎず。
ガチャっていう音もそんな大きくないので
これはいいかもですね。

BOOSTスイッチもVolumeとGainをそれぞれ調整出来るので助かります。

自分はバッキングとリードで使い分けています。

筐体サイズも思ったより小ぶりでした。
かなり頑張って造られていると思います。

これ一台あればどこでもやれそうな、そんな気がします。

レビューID:60121

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/10/09

11111Red=歪専用、Blue=万能型

投稿者名:acidmb 【神奈川県】

時折Redとの比較になりますがご了承下さい。
まず、オーバードライブのペダルとして見ても、Blueは極端なセッティングをしない限りそこまで歪むペダルでは無いです。ブースター機能をONにしないと、ゲインMAXでもクランチ程度の歪です。
まず、ゲインを極端に下げる設定(boost off、variac off、mode plexi、Pre-eq b1 or n、Structure 101)にすると、クリーンがとても綺麗です。方向としてはアコギシミュなんですが(ミドルは下げ気味)、大抵のアコシミュよりも一音一音がはっきり聴こえ、特有のコンプレッションも相俟って気持ち良いです。
逆にミドルを上げて、それこそmodeに搭載されてるプレキシなんかのヴィンテージアンプのクリーンやクランチなんかも狙えます。
逆にゲイン強調型(boost on、variac on、mode blue、Pre-eq b2、Structure 20th)にすると、ゲインつまみ3時〜MAXでred並みの歪が得られます。個人的にredよりもコンプ感が薄れ、ミドルが若干下がってフラットになった印象を受けました。
因みに、RedではStructureの101が使えませんでしたが、blueでは100が使えない印象です。微妙に歪んでミドルが強調されるので、サスティーンが無く、クリーンやクランチ、はたまたオーバードライブやディストーションが狙いにくい印象です。
アンプのリターンに繋いでチューブライクな音が出せるのはRedと一緒です。

レビューID:59000

参考になった人数:11人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/03/28

11111映像は

投稿者名:んばば 【東京都】

ムービーは参考にしない方がいいです。
こんな安っぽい音はしません

こんなにいい商品なのにサウンドハウス自らバカにしてるような演奏はやめてほしい



とてもアンプのなりに近い音がします!
サウンドメイクの幅も広い
ただ他の方が述べているように本物のエクスタシーの音にはそりゃあならないです

でも今まで弾いたペダルのなかで一番満足できる歪みです!

レビューID:55273

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/12/14

11111多機能&高音質

投稿者名:ニコやん 【群馬県】

機能的にはブースト付きオーバードライブとしてはかなりハイレベル。2chのプリアンプという感覚です。
機能面のポイントはboost時にgain調整だけでなく、vol調整もある事。歪みが欲しいのにブーストすると音量まで大きくなりすぎるという不満が無くなりました。
音作りも見た目より難しくなく、多彩なスイッチ類で好みの設定を見つける事ができればあとはアンプとほぼ同様です。EQもツボを押さえています。
音質的にはかなりキメの細かい音です。とは言っても真空管的な適度な荒さがあり、ギターのVolやピッキングニュアンスにもタイトに反応して歪みます。音の粒立ちも良く、かなり歪ませても旋律がしっかり聴こえます。
歪みが足りないと思ったら赤い方を買うか、前段にお好みのブースターを噛ませてやってもいいでしょう。プリアンプ的な使用をする自分には充分でした。
表現力に幅が出る反面、プレイの腕前やセッティングの追い込みが包み隠さずモロに音に出るので注意が必要です。
色々な意味でギタリストをワンランク上に押し上げてくれるペダルだと思います。

レビューID:45598

参考になった人数:15人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

BOGNER (ボグナー)
Ecstasy Blue

商品ID:177618

¥27,800(税抜)

(¥30,580 税込)

  • 送料無料

305ポイント内訳

  • 305Pt

    通常ポイント

  • 305Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top