SOUNDHOUSE

DTM・DAW  > オーディオインターフェイス  > USB接続オーディオインターフェイス  > STEINBERG ( スタインバーグ ) /UR28M

  • STEINBERG ( スタインバーグ )  / UR28M 画像1
  • STEINBERG ( スタインバーグ )  / UR28M 画像2
  • STEINBERG ( スタインバーグ )  / UR28M 画像3
  • STEINBERG ( スタインバーグ )  / UR28M 画像4

STEINBERG ( スタインバーグ )
UR28M

スペック
■オーディオインターフェイス/モニターコントローラー

オーディオインターフェースとしての基本仕様
『UR28M』は、最高24bit/96kHzに対応した6イン8アウトのUSB2.0オーディオインターフェースです。操作子が上面に集約されており、自宅の制作環境で使いやすいデスクトップ型のデザインです。2つのノイトリック製TRS/XLRコンボジャックおよび2つのTRSによる計4アナログ入力、6つのTRSアナログ出力に加え、S/P DIF(COAXIAL)のステレオデジタル入出力を備えております。2つのコンボジャック入力は、高品位なマイクプリアンプ「D-Pre」を搭載。歪みやノイズの少ない、音楽的なキャラクターを持ったバランスのよい音質を実現しました。コンデンサーマイク用48Vファンタム電源供給対応、エレキギターやベースをダイレクトに接続するためのハイインピーダンス切り替えスイッチも備えています。また、多彩な入力ソースに対応するため、入力信号を26dB減衰させるPAD機能も1/2ch個別に搭載しています。

ユニークなモニターコントロール機能
『UR28M』は、最大3セットのモニタースピーカーを接続して、ボリューム、ミュート、モノラルミックス、ディマー(*)を本体のボタンやノブでコントロールできます。モニターコントロールには、信号を出力するモニタースピーカーを1つ選ぶAlternateモードと、それぞれのモニタースピーカーから別々の信号を出力するIndependentモードがあります。また、携帯型音楽プレーヤーを接続するための2TR IN(ステレオミニ端子)も備えており、オン/オフはもちろんのこと、音声信号をコンピューターには送らずに、MIX 1に出力してモニターすることが可能です。また、独立した2つのヘッドフォンアウトも備えております。

強力なDSPエンジンを搭載
『UR28M』は、本体にDSPエンジンを搭載していますので、オーディオ入力信号に内蔵のDSPエフェクトを掛けながらTrue Integrated Monitoring (ハードウェアミックスによるレイテンシーのない快適なモニター環境)を構築することができます。DSPミキサーにより、最大6チャンネルの入力信号を3つのステレオにミックスして出力できます。DSPエフェクトは「MR816」シリーズ譲りの4基の「Sweet Spot Morphing Channel Strip」と1基の「REV-X」を搭載しています。もちろん、DSPエフェクト使用時はコンピューターのCPUに処理負荷がかかることはありません。

音楽制作ソフトウェア『Cubase AI 6』を初バンドル
『UR28M』には、「Cubase AI」の最新バージョン『Cubase AI 6』を世界で初めてバンドル。音楽制作ソフトのフラッグシップモデル『Cubase 6』と同じオーディオエンジンを採用し、厳選された機能を搭載したソフトウェアですので、購入したその日からすぐに音楽制作が可能です。

■動作環境

本体
Windows
OS:Windows XP SP3, Windows Vista SP2 (32bit/64bit), Windows 7 (32bit/64bit)
CPU:Intel/AMD 2GHz以上のプロセッサ
必要メモリー:1GB以上(Windows 7 64bitの場合は2GB以上)
その他:CD-ROMドライブ、USB2.0端子、インターネット接続環境(ライセンス認証に必要)、ASIO/WDMと互換性のあるホストアプリケーションソフトウェア

Mac
OS:Mac OS X 10.5.8、10.6.3 (32bit/64bit)
CPU:Intelプロセッサ(Intel Dual Core CPU推奨)
必要メモリー:1GB以上(2GB以上を推奨)
その他:CD-ROMドライブ、USB2.0端子、インターネット接続環境(ライセンス認証に必要)、CoreAudioと互換性のあるホストアプリケーションソフトウェア

関連オプション

商品レビュー 評価:91110.50(3.7)

2014/06/27

111ホワイトノイズについて

投稿者名:() 【山梨県】

結論からいうと仕様のようです。

購入後すぐMac等への接続の有無に関わらず電源を入れた時から常時「サー・・・」というホワイトノイズが気になりました。
インプットchからの録音にも乗っています。
他の方のレビューにあるファームウェアのアップデートでは改善されませんでした。

ヤマハの修理窓口に相談したところ初期不良の可能性ありとのことで、一旦販売店経由でメーカーに返送したところ新品交換で帰ってきましたが、相変わらず同様のホワイトノイズが乗っています。

ただし、以前使っていたTASCAMのUS-122Lがインプットボリューム0で-53dbだったのに対し、 UR28Mは-83dbと、数値的に決して悪い成績ではないようです。が、何故か後者の方が聴感的にかなり気になります。個体差もあるかもしれません。

レビューの仕様でリンクは貼れないのですが、検索するとヤマハからの回答等、事例や記事が多少見つかります。やはり仕様のようです。

  • Yes
  • NO
参考になりましたか?

参考になった人数:2人(2人中)

2013/04/02

11使えない・・・

投稿者名:exps 【神奈川県】

操作性は凄く良いですね!

でも、このホワイトノイズはどうにかならないのかなぁ・・アップデートもやりました、本体じゃない原因が有るかと、色々試しましたが、う~ん・・・MBOXとaudioexpressと比較すると、明らかに気になる。
安くないのに残念、娘にあげます。

  • Yes
  • NO
参考になりましたか?

参考になった人数:5人(282人中)

2013/03/20

11111利用してみて非常に良い製品だと感じています!

投稿者名:BlackBeauty 【大阪府】

これまでの良い評価については私も全くそのままの印象ですので、過去のレビューについての補足をさせていただければと思いました。
ともあれ、利用してみて非常に良い製品だと感じています。下記これまでのレビューについての補足とさせて頂きます。
●<TRS/XLRコンボジャックがレベル低下するという指摘について>
ファームウェアアップデート V1.10にて改善されています。 → LINE INPUT 3/4 の入力レベル切替 +4dB / -10dB に対応
既存ミキサーからの入力も上記チェックボックスを変更することにより良いレベルで入力可能です。
●<2TR inのレベルが小さいという指摘について>
これは私の環境でも小さいと感じました。
iPhone4側のボリュームをフルテンにして、2TR INの入力レベルを12時方向にしてようやく小さめに聞こえてきます。フルテンにしても大きすぎることはありません。またミニプラグ接続ということもありレベルを上げると大きくノイズが乗ってきます。他の方のレビューにもありましたがこの機能は【おまけ】として考えた方がよろしいかと思われます。
●<ホワイトノイズの指摘について>
ファームウェアアップデート V1.10にて改善されています。ヘッドフォンを通してOUTPUTLEVELをフルテンにしてもほぼ無音です。
●<>滑らないのは良いんですが、軽くガタガタします、という過去レビューについて>
私の環境では【ビクともせずきっちり固定】されます。
品質チェック時に個体差がある点かも知れませんが概ねこのような問題は少ないないのではないか、と考えます。
●< >レイテンシがそれほど詰めれないと思います、という過去レビューについて>
ファームウェアアップデート V1.10にて改善されています。アップデート後はむしろインターネット上の個人ブログでの実機評価を見る限り某R社の有名モデルやAVID社の600シリーズよりも好結果が出ているようです。CoreI7 CPU にて 48Khz / 64 Samples で利用しており、
Input Latency : 4.104m sec
Output Latency : 5.083m sec
の値で動作しています。現状の私の利用用途においては音切れはありません。
以上ご参考になれ

  • Yes
  • NO
参考になりましたか?

参考になった人数:15人(18人中)

STEINBERG ( スタインバーグ )
UR28M