ここから本文です

ドラムセット正面

ドラムセット正面

バス・ドラム

ドラムセットの中で、ひときわ目立つのが中央に位置する「バス・ドラム」です。ドラムセットの中で最も大きいドラムで、低音パートを担当しています。フット・ペダルで演奏します。

スネア・ドラム

ドラムセットの中で一番使用頻度が高く、重要なドラムが「スネア・ドラム」。主に中音域を担当し、バス・ドラムと組み合わせて「ドン!パン!ドン!パン!」と基本的リズムを奏でます。

タム / フロア・タム

主に基本的なリズムの切れ目に入るフレーズ(フィルイン)に使われるドラムが「タム・タム」です。フィルインはおかずとも言われます。大きめのサイズでスタンドつきのタムを「フロア・タム」と呼びます。音程がつけやすいので、メロディアスなフレーズを叩くのに向いています。

ドラムセット背面

ドラムセット背面

ハイハット・シンバル

2枚のシンバルがスタンドにセットされているのが「ハイハット・シンバル」です。通常、左足でペダルを踏むことで2枚のシンバルを開閉します。これにより、ドラムセットの中で唯一、自分の意思で音を鳴らしている時間を調整することができます。ビートを刻むという役割もあります。サイズは主に14インチです。

クラッシュ・シンバル / ライド・シンバル

ライド・シンバルは、主にハイハットと同様にリズムを刻むために用いられることが多く、「トップ・シンバル」とも呼ばれています。クラッシュ・シンバルに比べて、より大きく・厚みがあり、カップと呼ばれる中心部分の形状も様々です。ジャズなどで多用されるシンバルですね。「チンチン、カンカン」といった乾いた音が特徴です。
クラッシュ・シンバルは、主にアクセントをつけるためのシンバルで、「サイド・シンバル」とも呼ばれています。ライド・シンバルよりも小さくて薄く、16~18インチのサイズがよく使われます。叩くだけでインパクトがあるシンバルですが、バス・ドラムと同時に叩くことで、更に強いアクセントを奏でます。


新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
タイプで選ぶ「良音」カラオケ配信機材 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top