ここから本文です

SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ ) / 2BA-221

SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / 2BA-221

  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / 2BA-221 画像1
  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / 2BA-221 画像2
  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / 2BA-221 画像3
  • SUMMIT AUDIO ( サミットオーディオ )  / 2BA-221 画像4
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
極上のトーンを誇るSUMMIT AUDIOのマイクプリをハーフラックサイズに凝縮。マイク、ラインはもちろん、ギター入力にも対応。ラインとマイク入力をミックスして出力可能です。ダイナミックかつ上質なチューブサウンドを是非貴方の手に!
  • レコーディングエンジニア/プロデューサーのStephen KrauseがSummit Audioの魅力について語ります。

  • SUMMIT AUDIOは、未だ需要の高いヴィンテージ機材に倣ったクラッシックな機能と最先端の手法、技術の組み合わせをデザインの基礎としています。業界標準となったDCL-200デュアルコンプレッサー/リミッターや、2チャンネル・プリアンプのTPA-200Bを始め、真空管を巧みに使用したエキサイティングなラインナップのどれもが、特徴的、魅力的なサウンドを持っています。ヴィンテージサウンドと堅牢性を両立したSUMMIT AUDIOの製品、そのどれもが、あなたのスタジオにとって不可欠な存在となることでしょう。

  • アメリカの人気TV番組Jimmy Kimmel Live!のミキシングを担当しているBart Chiate氏が、SUMMIT AUDIO との出会いと魅力について語ります。

■チューブ・プリアンプ
■可変式マイク入力インピーダンス:100Ω~10kΩ
■可変式ハイパスフィルター
■Hi-Z楽器入力、ライン/マイクレベル入力
■Hi-Z入力とマイク入力は個別のゲインコントロールが同時に使用可能
■インサート端子
■複数のユニットをスタック可能
■ハーフラックサイズ
■極性変換スイッチと20dBパッド
■12AX7A/ECC83×1を使用
■高電圧パワーサプライ内蔵
■XLR/フォン入出力端子
■3つの独立した可変式ゲインステージ
■2番ホット
■シグナルLED
緑:INPUTより入力されている
橙:入力信号が適切なレベル
赤:クリッピングしている
※緑と橙が常に点灯し、赤は時折、点灯するくらいに調節してください。

【スタック(積み重ね)】
Stacking OUTは、チューブステージ通過前の信号を出力します。
もう一つ別の2BA-221のStacking INPUTに接続する事で、4つの入力(マイク/ライン、またはHi-Z)を持った2BA-221として使用することができます。

【マイクイン、ラインイン同時使用】
・アコースティックギターのプリアンプとして
マイクで集音した信号と、ピックアップからの信号をミックスして出力。
・楽器のダイレクトボックス、マイクプリアンプとして。
楽器からの信号は、ラインインに、マイクからはマイクインに接続

【インサート】
ハイパスフィルター、チューブステージ通過前の信号を外部プロセッサーに出力し、インサート可能。

【1in3outのプリアンプとして】
HI-Z INPUTに入力した信号は、メイン+4dBのXLR、メイン-10dBのTRSフォンだけでなく、スタックアウトからも出力されます。(例:XLRはレコーディング機器、TRSフォンはベースアンプ、スタックアウトはヘッドフォンアンプなど)
■堅牢なデザイン:サミットオーディオの製品は、常に全体のデザインを考慮しながら組み上げられています。細部へのこだわりや、幾度もの改善によって、過酷なツアーにも十分耐えられるだけの耐久性を実現しました。サミットオーディオの製品が、世界中でトップアーティストたちに使われているゆえんです。
■Made In USA:サミットオーディオの製品は、すべて最高品質のパーツを使ってハンドメイドで製作されています。パーツの品質と技術者のノウハウこそが、サウンドの質と製品の耐久性を決定づける要素なのです。

■重量: 約2.03kg

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2010/05/07

1111管を換えて遊べます

投稿者名:nuspirit 【東京都】

ベースで使用しています。
TD100 にしようか迷いましたが,マイクプリも付いているのでこちらにしました。
いい感じで倍音を増やし,ウォームにしてくれます。
当然ですが,ウルトラローノイズ,ソリッド,ハイファイを求める場合には不向きです。
ソリッドステートプリのゲインを上げて,チューブアウトを下げても,なぜか依然としてウォームです。
私感ですが,そんな中でも,よりハイファイにしたい場合は,デフォルトのチャイナ12AX7 を他のものに変えてみるといいと思います。
JJ の ECC803S では,デフォルトと同じく低域重視でありながら,より落ち着いたハイファイ感が得られます。
ローが重たすぎると感じるときは,Sovtek(普通な感じ)とかエレハモ(ややワイドレンジ)ですこし明るく軽くなります。
より元気にしたい場合は,ノイズは増えるものの,7025系より5751系のほうがいい感じだったと思います。
12AT や 12AU では,やや暗くこもった感じになりました。ご参考までに。
ベースの出力を,先に他の非チューブプリに通してからこの 2BA-221 に入力する手もあります。
その時はバランス入力より TSフォン入力に挿したほうが音が太いと思われます。
バランス入力すると,ロードつまみで遊べて楽しいものの,やや細くなった気がしました。

レビューID:16292

参考になった人数:56人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

SUMMIT AUDIO (サミットオーディオ)
2BA-221

商品ID:72437

¥69,800(税抜)

(¥76,780 税込)

  • 送料無料

767ポイント内訳

  • 767Pt

    通常ポイント

  • 767Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top