ここから本文です

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER3SE

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER3SE

  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER3SE画像1
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER3SE画像2
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER3SE画像3
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER3SE画像4
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER3SE画像5
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
「ER3 SE」は、Etymotic researchが追及する正確無比なサウンドを継承しつつ、よりスタジオ・クオリティの高音質サウンドへバージョン・アップしたカナル型イヤホン。Etymotic reserchらしいフラットで音像のはっきりとした高い解像度と、驚異的な遮音性を存分に発揮します。
  • 新開発バランスド・アーマチュア・ドライバー

    新開発バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載

    スタジオ・クオリティの新開発バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載。低域から高域まですべての音を正確に再生します。

  • トップクラスの原音再生力

    トップクラスの原音再生力

    原音を85%以上も正確に再生する、同価格帯トップクラスの驚異的な再生能力を実現します。

  • 抜群の遮音性能

    抜群の遮音性能

    航空機や電車内など騒々しい環境でも、周囲の音をしっかりとシャットアウトする、最大35dB-42dBの遮音性を実現。

  • メタル製ハウジング採用

    メタル製ハウジング採用

    アノダイズド加工を施した高級感あるメタル・ハウジングを採用。

  • 着脱式mmcxケーブル採用

    着脱式mmcxケーブル採用

    ケーブルには、mmcxコネクタータイプの着脱式ケーブルを採用。ケーブル交換が容易で、万が一の断線も安心です。

  • 充実の付属品

    充実の付属品

    高い遮音性能と快適なフィット性のイヤーチップが付属。

特徴1 正確な原音再生を追求し、全帯域をバランス良く再生 高解像度かつ、躍動感あるパワフルな低音
特徴2 プロエンジニアやミュージシャンに最適なサウンド ポータブル・オーディオ等でのリスニングに最適
ドライバー バランスド・アーマチュア×1 バランスド・アーマチュア×1
ハウジング アルミ製(アノダイズド加工) アルミ製(アノダイズド加工)
ブラック ブラック
ノイズ・アイソレーション(遮音性) 35~42dB 35~42dB
インピーダンス 22Ω 22Ω
感度 102dB(@1kHz、SPL at 0.1v) 102dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
周波数特性 20~16,000Hz 20~16,000Hz
最大出力音圧 120dB SPL 120dB SPL
プラグ 3.5mmステレオミニ、L型 3.5mmステレオミニ、L型
ケーブル mmcxプラグ、着脱式 着脱式、1.5m
ケーブル長 約1.2m 約1.2m

関連商品

スタッフレビュー

ETYMOTIC RESEARCHの新型イヤホンER3SEはスタジオ・エディションと呼ばれているとおり、高域から低域までバランスの良い、フラットな音質が特徴。ETYMOTIC RESEARCHらしい、中高域の明瞭さや音の解像度はしっかりと受け継ぎつつ、人気シリーズER4とhfのキャラクターを掛け合わせた、非常にバランスの良い上質サウンドです。
クリアで明るい中高域はそのままに、低音の存在感を感じ取れる解像度の高さはさすが。ハイハット・シンバルの細かいタッチや、アコースティック・ギターのストローク、アルペジオの残響は、繊細かつクリアに聴き取ることができます。音が刺さるような鋭さは一切無く、とても自然で耳あたりの良い音質と感じました。ETYMOTIC RESEARCHの忠実な原音再生、抜群の解像度は、他のメーカーでは味わえません。バスドラムやベースは、低音で空気が振動する様を生々しく再現し、表情がとても豊かです。今までのETYMOTIC RESEARCH のイヤホンで低音が物足りないと感じるなら、この音色なら満足できるのではないでしょうか。ETYMOTIC RESEARCHのイヤホンをすでに所有している方も、そうでない方も、試す価値ありの高音質イヤホンです。

営業部 / 山崎 真営業部 / 山崎 真

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:2

2018/08/05

11111すばらしいです

投稿者名:購入者 【神奈川県】

Etymotic ResearchはER4Sとhf5を持っており、hf5をポータブル用に使用していたのですが、壊れかかってきたので、hf5は販売終了のようだったので、ER3SEを購入しました。
ER3SEはhf5のサウンド傾向で、さらに解像度のアップと、中低域の充実が図られています。
hf5でもER4Sにくらべ中低域が太くなっていましたが、本機はさらにしっかりとした低音を再生します。ER3SEの低音で十分、ER3XRは必要ないのではとも思いました。
ただし、その分ER4Sほどの透明感と高音のキレはありません。
しかし、ポータブル用途で聴くには、必要十分なすばらしいサウンドと思います。
先日別メーカのイヤホンを買って失敗しましたが、やはりEtymotic Researchは安心して聴けますね。ナチュラルなサウンドと思います。

レビューID:84279

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/28

11111ER4SRと比較して

投稿者名:ER 【群馬県】

視聴環境
Walkman NW-ZX300
Walkman NW-A16(主に動画)
音響設定全てオフ

ER4SR(以降4SR)をすでに所有していますが、ER3SE(以降3SE)が気になり購入しました。
まず見た目ですが、イヤホン部分は塗装の違いはあるものの大きな変化はありません。ケーブルは分岐からイヤホン部分まで4SRでは編み込みになっていますが、普通のストレートになっています。タッチノイズについてはそれほど変わりありません。
また、分岐部にある抵抗(?)の前後が4SRでは断線しにくいよう盛ってあるのに対し、3SEでは盛られていません。
音についてですが、4SRと比較すると音場が広くなり中低音の量感も増えています。しかしボーカルが若干ボワつく、曲によっては埋もれ気味に感じました。(4SRを60時間以上使用してるので、4SRの音に慣れてしまっているというのもあると思いますが。)
4SRの下位機種のような立ち位置の3SEですが、初Etymoやグレードアップを考えている方にはおすすめできると思います。

レビューID:79479

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ETYMOTIC RESEARCH (エティモティックリサーチ)
ER3SE
カナル型イヤホン

商品ID:245237

¥11,670(税抜)

(¥12,603 税込)

  • 送料無料

378ポイント内訳

  • 126Pt

    通常ポイント

  • 252Pt

    ポイント3倍

  • 378Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

ASK

歳末セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 社内審査結果発表&ユーザー投票 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top