ここから本文です

サウンドマート

LEWITT ( ルウィット ) / LCT440PURE

LEWITT ( ルウィット )  / LCT440PURE

  • LEWITT ( ルウィット )  / LCT440PURE画像1
  • LEWITT ( ルウィット )  / LCT440PURE画像2
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
LCT 440 PUREは、先進テクノロジーの最も重要な要素をコンパクトなハウジングに凝縮したラージ・ダイアフラムコンデンサーマイクです。カプセルは高水準のディテールを再現し、内在ノイズも極限まで抑えられています。ヴォーカルから楽器まで、あらゆる場面でサウンドの真髄をとらえます。
■コンデンサーマイク
■ダイアフラム: 3 micron gold sputtered Mylar
■トランスデューサー : 25.4 mm
■指向性: Cardioid
■感度: 27.4 mV / Pa (-31.2 dBV)
■S/N比: 87 dB (A)
■ダイナミック・レンジ/th>: 133 dB (A)
■最大耐音圧 SPL (0.5 % THD): 140 dBSPL
■ノイズレベル: 7 dB (A)
■内部インピーダンス: 110 Ω
■ロード・インピーダンス: 1,000 Ω
■電源電圧: 48 V +/- 4 V
■消費電流: 2.63 mA
■接続コネクタ: Gold plated 3-pin XLR
■寸法: 138 x 52 x 36 mm
■重量: 310 g
■付属品:ショックマウント、メタル・ポップ・フィルター付属

製品お受け取り後、2021年3月31日までに代理店サイトのフォームから申し込むことでiZotope/RX Elementsがプレゼンとされます!
詳しくは下記の代理店ページをよくご確認ください。
https://www.minet.jp/contents/promotion/lct-rx-elements-2020/

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.5)
  • レビュー数Reviews6
この商品のレビューを書く

2021/01/25

11111この価格で安心して買える商品

投稿者名Reviewed byNF 【神奈川県】

宅録でのピアノ録音やオンライン弾き会に利用
とにかくクリアで高音域ののびがいい
アコースティックピアノでは高音域の不自然さもありません
ノイズが少ないので適度なゲインにすれば
オンライン弾き会でも
しゃべり&楽器音どちらも1本で申し分なく拾える
ペンシル型のマイクと比べて低音域もすんなり入りアコースティックピアノでは変な強調感もなくちょうどいい(会場にもよるでしょうが)
ローカットスイッチはないので多数本のミックス利用では制限がでるのかもしれないですが
上記の使い方では特に問題は感じません

レビューIDReview ID:113862

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2021/01/08

11111ノイズ感が無くクリアで太く自然な音が録れる

投稿者名Reviewed byみなP 【東京都】

音楽スタジオを営んでおり、日本でも著名なJAZZピアニストの録音・ミックス・CD制作をしています。
当初はNEUMANN KM184ステレオペア、audio-technicaのATM450、SHURE SM81で録音を続けるも、低音不足、どのマイクで録ろうが似たような音になり解決策が見えませんでした。
レコーダーにTASCAM Model 12を使っているのも原因なのではと頭を悩ませました。
マイクの立て位置を試行錯誤、近接効果を狙ってマイクを低音弦に近づけても解決せず。
マイクのチョイスに原因があると断定し、評判のいいLEWITT LCT440 PUREをペア導入しました。
他の選択肢でNEUMANN U87 Aiも考えましたが、個人の音楽スタジオでは手が出ません。
結果は上々、立てた位置もありますが、素晴らしい調律が施されたYAHAMA C5のグランドピアノの柔らかい音で「突き抜ける高音、広がる中音、沈む低音」を収録できました。
ピアノの音と木のホールの残響が、驚くほど色付けなく自然な音です。
同時に立てたKM184の音も悪くないのですが、微小なノイズ感があることと、ハイ上がりで低音が弱くEQで補正が必要となりボツにしました。
対してLCT440では殆どEQ要らず、フェダー調整のみのMIXで、ホールで聴いた音そのものになりました。
今後は、さらにいい音を録るために、LCT 540 SUBZEROをペア導入の予定です。

レビューIDReview ID:113154

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/07/22

11111この価格帯では”買い!”でしょう。

投稿者名Reviewed bywajin 【京都府】

ややHIGH上がりで低域が弱く細めの硬めな感じはありますが、某NT1のようにカスカスした耳障りな高域の出方ではなく、EQで上を足さなくてもいい感じにヌケてくれる具合です。
いろんなものを録ってみたところ、太鼓系の低域がドシッと響いて欲しいものの録音には向きません。
笛や弦はクッキリと輪郭を拾ってくれます。
他の方が録音された音源を聴いてみると、金管楽器も綺麗に生々しく録れています。
女性ヴォーカルであれば、かなりマイクに近づいて録ってもこもる感じがなく、適度なぬくもりとヌケの良さがあってとても良いと思います。
なんといっても素晴らしいのは、ノイズの少なさです。
ほぼノイズ無しです。相当ボリュームを上げないと聴き取れないぐらいノイズは少ないです。
とてもクリーンに録ってくれます。
指向性がしっかりしているので、周囲の余計な音はほぼ拾いませんから、宅録でも十分に綺麗に録れます。
この価格でこれだけ綺麗に生々しく録れるのであれば、録りたい音と合っていさえすれば間違いなく”買い”なマイクと思います。

レビューIDReview ID:106746

参考になった人数:9人

9 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2020/06/06

11111素晴らしい

投稿者名Reviewed byjiz 【東京都】

非常にクリアーかつ低ノイズで原音を損なうことなく録れます。
定番どころの2~5万円台を数本使用してきてますがまったく引けを取らないクオリティだと思います。
わずかにハイ寄りでオーテクとAKGの中間くらいのクッキリさかと。

レビューIDReview ID:104944

参考になった人数:12人

12 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/11/09

11111生感

投稿者名Reviewed byふぁぶ 【北海道】

ボーカル録音に使用していますが、生歌に近い音で録音できると思います。一番驚いたのはノイズの少なさです。「近づき目で使用してください」と説明書に記載されている通り、少し近づき目の方がノイズが少なく低音効果もなくクリアに録音できました。
多くのマイクを使っているわけではないですが、個人的にはお値段以上の買い物ができました。
公式サイトを見るとわかりますが、ポップフィルター(金属)、ウィンドスクリーン(スポンジ)、ショックマウント、ポーチがついてきます。箱もかっこよく、中もしっかり梱包されてますよ!
ウィンドスクリーンはすこし着脱にコツがいります。ショックマウントはマイクの支柱が円形なのに向きが固定される仕様のため、K&M 19695をマイクスタンドに使用して解決しています。
LCT240等には付属品の記載があるのに441とこちらには記載がなかったため、不安になってサウンドハウスさんに問い合わせたところ「ついてきます」ということで安心して注文できました。ただ、問い合わせ内容を確認して返信してくださった方の手間を考えると、公式サイトに記載されている情報は書いておいてほしいかな、と。余計なお世話ですが、1行丁寧に追記するだけで無駄な業務(人件費)減らせますし。

レビューIDReview ID:97506

参考になった人数:18人

18 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

LEWITT ( ルウィット )
LCT440PURE

商品ID:236897

¥21,800(税抜)

(¥23,980 税込)

  • 送料無料

1,198ポイント内訳

  • 239Pt

    通常ポイント

  • 959Pt

    対象在庫商品ポイント5倍キャンペーン

  • 1,198Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

お得なクーポン
セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top