ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

One Control ( ワンコントロール ) / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター

One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター

  • One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター画像1
  • One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター画像2
  • One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター画像3
  • One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター画像4
  • One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター画像5
  • One Control ( ワンコントロール )  / Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター画像6
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
エレキベースの音として誰もがイメージするAMPEGサウンドをキャプチャー。
エレキベースの音として誰もがイメージするサウンド。
指弾きでリズムを刻む時には余計な飾り気がなく、素直で濁ること無く、芯の通った音がボトムエンドを支え、楽曲全体の方向性を明確に示します。強くピッキングをすれば、エッジの立ったアタックが加わり、バンドに迫力と勢いを加えます。そしてスラップでは弦がはじけるような存在感と共に、厚みのあるサステインがベーストーンに彩りを加えます。

“渋いプレイ”には渋く、“迫力のプレイ”にはスピードとパンチで応えるベースアンプのクラシック。どんなジャンルにも対応できる許容性の広さと懐の深さを持ちながら、真空管アンプならではのなんとも言えない色気を持ったヴィンテージベースアンプの金字塔。

One Control Sonic Silver Pegが目指すのは、全てのベーストーンの基本となることの出来るベースAIABペダルです。1970年代にアンペグ社が発売した100W出力の真空管アンプ“V4”のサウンドをキャプチャします。

1969年以降、エレキベースのサウンドは変わりました。なぜなら、“SVT”が世に出たからです。伝説として語られる“SVT”アンプは、まさにベースアンプの革命でした。
“知る限り、SVTは、ベースギターの基本音よりも高い共振周波数を持つスピーカーキャビネットを採用した初めてのベースアンプだ。300Wという大出力に加え、キャビネットも含めた特性こそがSVTのあのラウドかつ伸びるサウンドを実現している。”これはSonic Silver Pegの開発者、BJFの言葉です。

SVTの実質的な後継機種とも言えるVシリーズにも同様の特性があり、Vシリーズの8"×10キャビネットも、やはりベースギターの基本音よりも高い共振周波数を持つことで低歪みかつ驚異的なパワーを実現していました。

Sonic Silver Pegでは、回路内の早い段階にVolumeコントロールを設置することで、伝説のアンプが持つパワーを再現することに成功しました。

さらに、Sonic Silver Pegにはオリジナル同様、800Hzを中心に±15dBのブースト/カットを実現したアクティブMidノブを搭載しています。加えてToneノブにより300Hz~10kHzをスウィープできるローパスフィルターをコントロール可能。

そして、0dB/-15dBスイッチにより、オリジナルにある2つのインプットのサウンドの切替えも可能。クリーンで職人技のようなベーストーンから、真空管が爆発しそうな飽和感に溢れたオーバードライブトーンまで、伝説のトーンを余すこと無く小さな筐体に詰め込みました。

トラディショナルなスタイルのベースプレイであれば、そのほぼ全てをこのペダル1台でカバーできます。

クリーンセッティングでは低出力のパッシブシングルコイルをブーストしたり、ムスタングベースでパンチのあるトーンを作り、アクティブピックアップにはよりパンチときらびやかさを加えたトーンへと昇華させます。
ピエゾピックアップの基本音もカバーし、そのままパワーアンプをドライブできるまで増幅することも可能。5弦や6弦のような多弦ベースの周波数も出力できます。

十分な出力レベルがあるため、ミキサーなどに直接出力することも可能です。

最も普遍的であり、かつベーシストが渇望するあのトーン。それをSonic Silver Pegは実現したのです。


●特徴
・伝説のベースアンプ、“V4”のサウンドを再現したベースAIAB
・クリーントーンからドライブトーンまでをカバー
・オリジナルアンプのインプット端子を切り替えるように使える0/-15スイッチ
・アクティブMIDコントロール
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 1M
アウトプットインピーダンス : 20K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 2mA
S/N比 : -90dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。
One Control 製品カテゴリー一覧

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews6
この商品のレビューを書く

2020/06/09

11111ハリがある太い音です。

投稿者名Reviewed byこいこいさん 【静岡県】

ずいぶん前に購入したのですが、フラット弦をはったプレべだと少し音が良くなる程度で特に必要ないかな~という感じでほとんど使いませんでした。
星3個ぐらいの評価ですね。

で、最近シングルコイルの初期型プレべを購入し元からはってあったラウンド弦でつないでみるとものすごく良いが出ました。
OPB特有の高域の暴れた音をほんの少しだけ抑えてハリのある太い音になります。
歪み有り、無し、どちらでも迫力ある音にしてくれます。
フラット弦のプレべでは元から太さがありハリもあるので必要なかったようです。

Ampegのプリアンプよりもウルトラハイ/ローを使わないのであれば本物のAmpegに近い音ですね。
しかも、そちらはノイズがヒドイのにこちらはほとんどノイズが乗りません。

コントロールは扱いにくいですがしっかりと自分好みの音を作り込めると考えればむしろ有能かも。

ただしあくまでもかけっぱなしのプリアンプとしての使用は良いのですが、歪み用エフェクターとしては絶望的(笑)に使えないです。

レビューIDReview ID:105069

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/05/10

1111音質補正に使える一台

投稿者名Reviewed byderringer escape plan 【】

音質補正に素晴らしく使える一台です
300hz〜10khzのtoneと書いてあるフリーケンシー
が得に秀悦です! 中高音域に寄せて使うも良し!
左側で 低音域から中低音域で使うも良し!
素晴らしく活かせます!
midと書いてある800hzは9時から上に向かうとブーストが強くなる感じです! このつまみは音の輪郭をはっきりとさせつつ落ち着かせる所があるので
上げすぎない程度に使うのが良いと思いました
ボリュームは8時から9時あたりが自分では良かったです! コンプより前に繋ぐのが良い結果になりました エンハンサー系のペダルがあれば 音を聴きながら
繋ぎ順を決めるといいと思います!
スイッチの歪みに関しては70年代のロック系に合う
音色だと思います 荒めの歪みですね
ただ やはり 歪みスイッチと通常の歪みのないスイッチと切り替え時にボリュームの音量が変わるので
そのあたりは ちょっと面倒かもしれないです
gainつまみ あればよかったと 自分も思いました!
vol 8時ぐらい mid9時 tone4時が自分はよかったです
toneは気分によって10時 12時 2時とかにもしてます
この値段でこのペダルは素晴らしいと思います!

レビューIDReview ID:92142

参考になった人数:2人

2 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/04/14

1111ミドル使いが苦手な人にはいいかも…

投稿者名Reviewed byfuku.fuku.fuku.0915 【愛媛県】

レオさんのベース以降の、よりローもハイも出るベースのキャラ変にいいかもしれません。
私のアイバニーズ5弦フレットレスでミドルが張ったモータウンみたいな音にしたい場合に、EQでキャラ変を目指すと泥沼化してかつ上手くいかないので、SSPのクランチモードで目的が達成できているように思えています。
ちなみにSSP試したきっかけは。現代的なベース用の歪みペダルのローが痩せませんっていう謳い文句の商品…のロー感がむしろ邪魔に感じて痩せないというか盛ってるでしょって感じる時ありません?あのペターっとしたロー嫌じゃないですか…。おなじように感じる方多いんじゃないでしょうか???それで歪みペダルっていう枠組みから少し離れてSSPを試してみたって感じです。ベース用よりRATやチューブスクリーマーの方が好きって方。そうゆう方におすすめかもしれません。SSPは不自然なロー盛りはありません。

レビューIDReview ID:91419

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/02/12

1111クセがすごい

投稿者名Reviewed byばです 【神奈川県】

Volumeを上げると歪みも増したり、Midのツマミの効きが良すぎたり扱いが難しい点もありますが、このコンパクトな筐体&低価格でアンプシュミレーター、プリアンプ、Overdriveの3役をこなせる優秀なエフェクターです。
個人的に、アンプに繋ぐ場合はボワボワなりすぎず良い低音感ですが、ラインでとると50hz〜120hzあたりの低音感が消えてしまいSansなどに比べるとカラッとした音になってしまう印象です。
しかし、Ampegのキャビネットと組み合わせると最高に気持ちいいgainが出せます!脂ののったいい音になります!
僕は、vol12時、tone2時、mid8時で使ってました!

レビューIDReview ID:79888

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2017/10/16

1111プリアンプとして使用

投稿者名Reviewed byしゅってぃ 【大分県】

掛けっぱなしプリアンプで、サンズやMXRとは違う、他の人とかぶらないものがいいなと思い購入しました。

いい感じに太く、きらびやかにしてくれます。
かけっぱなで使用するので-15dbいれて、volumeは9時程度です。

先に書いてる方もおっしゃる通り、GAINがあったほうが利便性は良いと思います。
私は歪むか歪まないか程度の音量で固定して使ってます、このような使い方の人は特に問題はないかと思いますが。
歪ませた音で使いたい方は、後段にボリュームをかませる等しないと大音量になってしまうかと。

レビューIDReview ID:76491

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

One Control ( ワンコントロール )
Sonic Silver Peg ベース用アンプシミュレーター

商品ID:235733

¥11,586(税抜)

(¥12,744 税込)

  • 送料無料

1,273ポイント内訳

  • 127Pt

    通常ポイント

  • 1,146Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 1,273Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top