ここから本文です

BOSS ( ボス ) / AC-3

BOSS ( ボス )  / AC-3

  • BOSS ( ボス )  / AC-3 画像1
  • BOSS ( ボス )  / AC-3 画像2
  • BOSS ( ボス )  / AC-3 画像3
  • BOSS ( ボス )  / AC-3 画像4
  • 試聴する
  • メーカーサイト
エレキ・ギターの音をアコースティックサウンドに。新開発のDSPによる最新のモデリング技術を投入することにより、美しい響きのアコースティック・ギター・サウンドを生み出します。高品位リバーブも内蔵しています。
■ギター用エフェクター
■アコースティックギターシミュレーター
■電源/006P(1個)、ACアダプター(PSA-100別売)
■寸法・重量/70(W)×55(H)×125(D)mm、440g
~メーカーサイトの解説より~
■AC-3は、接続したエレキ・ギターのサウンドをモデリングにより美しいアコースティック・ギターのサウンドへと変化させるアコースティック・シミュレーターです。ギターを持ち換えることなくエレクトリック/アコースティック・ギターのサウンドを使い分けることができ、ライブ・ステージなどでは絶大な威力を発揮します。 また、アコースティック・ギター・サウンドに最適化された高品位リバーブも内蔵。豊かな音の広がりと奥行きを表現できます。
■モード・スイッチにより4種類のアコースティック・ギター・サウンドを選ぶことができます。定番ともいえるドレッドノート・タイプのSTANDARD、大きなボディで豊かな低音域と美しい高音域に特徴があるJUMBO、アタック感を強調することによってバンド・アンサンブルのなかでも他の楽器に埋もれない存在感を主張できるENHANCE、そして、ラウンド・バック構造でピエゾ・ピックアップによるサウンドが特徴的なPIEZOで、好みのアコースティック・ギター・サウンドを手に入れることができます。 また、ボディの胴鳴りをコントロールするBODYつまみと、アタック感や倍音成分をコントロールするTOPつまみにより、好みのサウンド・キャラクターに調整できます。
■ギター・アンプへの接続を前提としたギター・アンプ・アウト端子と、PAやレコーダーなどへ接続可能なライン・アウト端子の2種類の出力端子を備えています。ライブなどでライン・アウト端子はPAへ、ギター・アンプ・アウトはギター・アンプへ同時に接続した場合、AC-3がオフの場合はギター・アンプ・アウト端子からバイパス音、オンの場合はライン・アウトからエフェクト音と、出力が切り換わるため、音量調節やイコライジング、エフェクトなどを個別に設定することができます。 また、ギター・アンプ・アウト端子、ライン・アウト端子ともに、単独で使用する場合にはエフェクトのオン/オフの切り換えとなります。
※電源アダプターはBOSS/PSA-100Sをご使用ください。それ以外のアダプターの場合誤動作の原因となることがあります。


電源アダプターの選び方

電源アダプターの選び方

1.タイプ
電源アダプターには、交流(AC)と直流(DC)の2つのタイプがあります。お使いの機器の電源仕様は、取り扱い説明書または、本体のマークをご確認ください。直流(DC)の場合、下記の様なマークがあります。
センタープラス センターマイナス
2.電流
ご使用のモデルの電流(A、mA)をご確認ください。原則としてアダプターは機器の電流と同じもの(同じものがない場合は機器に一番近い大き目のもの)をお選びください。例えば機器の表記が800mAの場合は1Aのアダプター、1.5Aの場合は2Aモデルとなります。
3.コネクター内径
お使いの機器の電源アダプター接続口をご確認ください。2.1mm径に対し2.5mm径を接続致しますと電源は入りますが、接触不良が発生する場合がある為、2.1mmに対しては2.1mmのモデルをお選びください。
4.極性
AC-DC機器には極性があり、センターがプラスのものとマイナスのものがあります。この極性を誤ったり、AC-DC変換が必要な機器にAC-ACのアダプターを接続した場合は、部品が焼け、破損にも繋がりますので十分に注意してください。
5.電圧
原則として異なる電圧のアダプターは故障の原因になりますので使用しないでください。
6.注意点
間違った仕様のアダプターを使用し、機器が壊れた場合は保証対象外となります。

関連商品

スタッフレビュー

エフェクトをONにした瞬間、想像以上にアコギっぽいサウンドが出てきたので思わずニヤけてしまいました。4つのアコギサウンドが搭載されていて、ドレットノートタイプの音を再現した定番のSTANDARD、低音域に特徴のあるJUMBO、アタック感を強調したENHANCE、そして、ピエゾ・ピックアップ・サウンドを再現したPIEZOがあり、好みのサウンドで演奏することができます。音作りの幅広さや演奏中にアコギの音がほしい場面でも、わざわざギターを持ちかえることなくアコギのサウンドが得られるため、曲のアレンジの幅もグッと増えます。個人的には、JUMBOモードでのミュートで音を刻んだ際に空気感がリアルに再現される点がかなり気に入っています。また、リバーブ機能も付いているため、ただのアコギ・シュミレーターにとどまらない、積極的な音作りができるという点も欠かすことのできない推しポイントです!

営業部 / 舘野  駿貴営業部 / 舘野 駿貴

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.2)
  • レビュー数:6

2018/06/06

11111充分♪

投稿者名:まっこ 【愛知県】

流石に生のアコギの様な訳には行かないのですが、
ちょっとそれっぽい音が出せれば良いってシーンなら
コレで充分に用は足りるなぁって感じました。
何より、ライブの際に1曲2曲の為にアコギを持って行かなくて良いのが一番の利点です。
複数のバンドが出演するイベントではなるべく荷物は減らしたいです。

レビューID:75250

参考になった人数:8人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/12/14

11111エレアコだと豊かなサウンドに!

投稿者名:シゲさん 【広島県】

私の場合、エレキでの使用は考えておらず、私のパートがキーボード、ベース、ギターのため、そのステージでエレピとベースの場合は、キーボードアンプ(PAパワードスピーカー)を使用するため、EベースorエレアコベースはこのAC-3のLINE OUTで出力し、次のステージでベースとギターの場合は、ベースアンプへG.AMP OUTより出力する、DIやラインセレクターの様な使い方をしていて、とても便利な1台です!
基本、エレアコのベースとギターを使用していますが、ノイズもなく、タイトルどおりの「豊かなサウンド」で響いてくれるので、とても気に入っています!
勿論Eベースの場合は、エフェクトOFFのダイレクトで鳴らしていますが、リバーブが欲しい時はONにして、また違ったベースサウンドを楽しんでいます!
ただ、本来の使い方でのEギターがアコギに聞こえるようにするには、アンプでかなり違ってくると感じました!おすすめはベースアンプで鳴らすとGOODでした♪
本来の使い方ではないレビューなので参考にならなくてスミマセン♪

レビューID:68586

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/03/29

1111ギターとアンプで変わります

投稿者名:近所のおっちゃん 【東京都】

テレキャスター+ギターアンプでは、けっこう頑張っていろいろいじっても、ピエゾPUっぽい音にしかなりませんが、
セミアコ+ベースアンプですと、かなりアコギの自然な音になります。

リバーブがイイ感じなので、かなり使えます。

レビューID:71493

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/07/04

1111単体では・・・

投稿者名:S 【】

他のシミュレーターでさらに加工してやれば、アコギサウンドに近づきました。
エフェからアンプではなかなか難しいね!

レビューID:42198

参考になった人数:5人

参考になりましたか?
Yes
NO

2011/05/29

1111pick upを付けたアコギのような音

投稿者名:lefty John 【埼玉県】

初めはカサカサしたようなささくれだった変な音だと思っていましたが、なんとGibson J-45にfishmanのhumbacking pick upを付けた音にそっくりでした。マイクで拾ったアコギの生音にはほど遠いけど、エレアコに近い音は出るようです。ライブでは結構、使えます。

レビューID:24294

参考になった人数:14人

参考になりましたか?
Yes
NO

BOSS (ボス)
AC-3
アコースティックシミュレーター

商品ID:20693

¥10,088(税抜)

(¥10,895 税込)

  • 送料無料

108ポイント内訳

  • 108Pt

    通常ポイント

  • 108Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
PLAYTECH デザインコンテスト2018 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
カタログ請求 メルマガ登録
音楽ライター募集
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top