ここから本文です

TAMA ( タマ ) / RW200 メトロノーム

TAMA ( タマ )  / RW200 メトロノーム

  • TAMA ( タマ )  / RW200 メトロノーム 画像1
  • TAMA ( タマ )  / RW200 メトロノーム 画像2
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
ドラム練習時には勿論、ライブ演奏時のクリック音にも利用可能なドラマーのためのメトロノーム。ジョグダイヤルやスイッチのサイズを大きくし、シンプルに扱うことができます。

■メトロノーム
■電源:9V角型電池(006P)またはDC9V 200mAアダプター(メーカー推奨品IBANEZ/AC509)
■テンポ幅:30-250/min
■ビート0,1,2,3,4,5,6,7,8,9
■ディスプレイ:PROGRAMナンバー、SOUND、MODE、BEAT、TEMPO、電池残量(バックライト搭載)
■接続端子:ステレオミニ、モノラルフォン、REMOTEコントロールジャック
■サイズ:127x35x150mm
■重量:285g(電池含む)

●4つのリズム(音符)
4つのリズムの音量を独立して調整することが可能です。例えば同じ16分音符でも、違ったアクセントをつけたリズムに合わせて幅広いトレーニングが可能です。

●曲のテンポが分かるTAP機能付き
曲を聞きながらテンポを測定するTAP機能を搭載しています。操作はTAPボタンをテンポに合わせて数回押すだけとシンプル。計測したテンポのままSTARTスイッチを押すとそのテンポでメトロノームがスタートします。

●メトロノームの操作方法 ? STAGEモード
ライブ等でテンポ、拍子の異なる楽曲を複数演奏する際に、曲の出だしのみをカウントしてサポートする便利なモードです。各演奏曲の情報(テンポや拍子)をあらかじめプログラムしておけば、8小節のカウント後に自動的に停止した後、メモリーした次の曲の情報を読み込みます。

●テンポ・拍子プログラム機能
RW200は30個の各プログラムナンバーにビート(拍子)、テンポ、サウンドを記憶させることができます。

●オート電源オフ機能
RW200は電源スイッチの切り忘れによる電池消費を防ぐため、オート電源オフ機能を搭載しています。電源を入れた状態で最後の操作から約1時間経つと、自動的に電源がオフになります。

●ドラムセットにセットアップ
RWH10とMC69(共に別売)を使用することで、シンバルスタンド等にセッティングが可能。

●フットスイッチ対応
別売りフットスイッチを接続するためのステレオジャックを搭載しています。モーメンタリータイプのデュアル・フットスイッチ(Ibanez IFS2U推奨)を接続することでSTART/STOP機能とプログラムナンバーのアップを足元で操作することが可能です。
シングル・フットスイッチをご使用の場合は START/STOPが割り当てられます。

関連商品

スタッフレビュー

テンポキープが要のドラマー用メトロノームです。他社の製品と比べ大きく、操作しやすいサイズ感です。
この「RW200」になり、LCDのバックライトも付き、暗いステージでの視認性が向上しました。さらに、ライブ等でテンポや拍子の異なる楽曲を複数演奏する際に便利なSTAGEモードが追加され、各演奏曲のテンポや拍子をあらかじめ曲順どおりにプログラムしておくと、曲の最初のみカウントしてサポートしてくれます。8小節分発音した後に自動でストップし、次の曲のテンポ、拍子のセッティングでスタンバイ状態になります。
テンポをダイヤルで簡単に変更できるなど、操作性もよく、わかりやすい、非常に便利なメトロノームです。ドラムス以外のプレーヤーにもお勧めです。

営業部 / 山口 雅明営業部 / 山口 雅明

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:5
この商品のレビューを書く

2017/04/29

11111まさにドラマー用メトロノーム

投稿者名:コシヒカリ 【新潟県】

長年使った旧モデルRW100が故障のため買い替えです。デザインと機能的に大差はないのですが、いくつかの機能の追加があり利便性が向上しました。購入前に人気のあるB社製の物も検討したのですが、迷わずこれに決定。以前愛用したRW100は多少の不満もあったのですが、RW200では全ての不満が解決されてました。レビューがあまり、ありませんがこのメトロノーム使ってるドラマーさん結構多いのではないのでしょうか?でも特別おすすめできるポイントがあるわけでもなく、価格が手頃でもなく、コンパクトでもなく、いまいち一押しの表現に困ってしまうメトロノーム。私が旧モデルから愛用して感じた事は、至って普通のメトロノームをドラマー目線で開発され改良されたメトロノーム。ドラム用として考えれば、ドラム演奏に適した機能を備えた、使い勝手のいい優秀なメトロノームです。20年前に店員さんにすすめられ半信半疑で購入しましたが、本当重宝しました。現行モデルにバトンタッチとなり更に使いやすくなって、ドラム演奏に集中できます。
(追記)旧RW100(RW105も)はACアダプター若しくは電池を抜くと曲順に記憶させたプログラムが消えましたが、RW200はフラッシュメモリー内蔵のため保存されたままです。メーカーの商品説明にもないので追記しました。説明書に書いてあり、動作も確認済みです。

レビューID:72186

参考になった人数:11人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/03/23

1111バックライトのみ惜しい。

投稿者名:ロート 【東京都】

トリガーを使用して、曲送りとスタートストップを行えるのがすごく良い。
ただ、バックライト常時ONができないこと。トリガー操作だとバックライトが点灯しないことのみ惜しい...

レビューID:90767

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/01/13

1111ACアダプターも付属しているといいですね

投稿者名:8323 【福井県】

クリック機能自体は全く問題ありません。ただ、自宅での練習に使うことが多いため、ACアダプターがあるとよいのですが、別売となっているのが少し残念です。

レビューID:88712

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/10/18

1111ほとんど満足。しかし…

投稿者名:どらまー 【神奈川県】

練習、ライブ共に使いやすさ抜群です。
便利なのが、テンポのメモリー機能が付いているので、曲の演奏開始前にボタンを押しスタートすると8小節鳴った後自動で音が消え、次の曲のテンポメモリーに切り替わります。恥ずかしながら、この機能のおかげでライブ中に曲ごとのテンポキープができていると言っても過言ではありません。バックライトのおかげで暗いステージでも視認性は良いです。

サイズが大きいという方もいらっしゃいますが、テンポキープが要のドラマーですから、これくらいシッカリしたものを持ち歩くのはもはやステータスかとw

少し残念だったのは、スタート/ストップボタンの位置が下にあるために、譜面台等に立てかけて置くとボタンを押してしまうので、平らな椅子やテーブルの上に置くか、専用のクランプを使うしかないということです。
それと、ステレオミニとモノラルフォンの2つから同時に出力できないことです。ドラマーだけはステレオミニに繋げたイヤモニで音を聞きながら、バンドメンバーにはモノラルフォンを繋げてコロガシから出力というのができません。

しかし全体的に見て本当に素晴らしい製品です。
ドラマーは買って損は無いかと。

レビューID:67201

参考になった人数:12人

参考になりましたか?
Yes
NO

2019/04/16

111タップ機能について

投稿者名:黒猫クロリ 【兵庫県】

大変気に入って使っておりますが、タップ機能に関しては、5回もタップしないとテンポが出ないのが残念なところです。

レビューID:91484

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

TAMA (タマ)
RW200 メトロノーム

商品ID:201382

¥7,780(税抜)

(¥8,402 税込)

  • 送料無料

84ポイント内訳

  • 84Pt

    通常ポイント

  • 84Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top