ここから本文です

AUDIX ( オーディックス ) / D-6 低音楽器用

AUDIX ( オーディックス )  / D-6 低音楽器用

  • AUDIX ( オーディックス )  / D-6 低音楽器用 画像1
  • AUDIX ( オーディックス )  / D-6 低音楽器用 画像2
  • AUDIX ( オーディックス )  / D-6 低音楽器用 画像3
  • AUDIX ( オーディックス )  / D-6 低音楽器用 画像4
10
  • メーカーサイト
発売以来世界中で絶賛のバスドラム/低音用マイク。単一指向性で、スウィートスポットを逃さず、EQなしでもクリアーな音質、タイトな音圧が得られます。

[直輸入品]

OTOYA MOVIE

  • Galacticインタビュー

    Galacticのドラマー、スタントン・モアと、プロダクションマネージャーのライアン・ジョーンズ。この2人がステージのセットアップやドラム用マイクのセッティングについて紹介します。
    オレゴン州ポートランドのクリスタル・ボールルームにて。

  • Yellowcard

    Yellowcardのマネージャー兼裏方役のスパイダーが、マイクにまつわるバンドの裏事情を教えてくれます。Audix VX5を試したところ、普段使用しているボーカル用マイクのAudix OM7よりも断然GOOD! すっかり気に入ったスパイダーは、マイクをOM7からVX5に交換しました。

  • AUDIXマイクを語る

    ドラマー/パーカッショニストのThomas LangとLuis Conte、オーディオエンジニアの John Gravesが、ドラム/パーカッションのマイク選びについて解説します。この動画は、カリフォルニア州ナパバレーにある、Artist Worksで収録されました。

  • ドラムセットマイキングシリーズ第1回

    ドラムセットのマイキングシリーズ第1回。スタジオミュージシャンであるMike Snyderと、Kink FMラジオで音響エンジニアを務めるDean Kがドラムマイキングの方法について語っています。

  • ドラムセットマイキングシリーズ第2回

    ドラムセットのマイキングシリーズ第2回。スタジオミュージシャンであるMike Snyderがキックドラムの音録りの極意を紹介。

  • ドラムセットマイキングシリーズ第3回

    ドラムセットのマイキングシリーズ第3回。スタジオミュージシャンであるMike Snyderがスネアドラムの音録りの極意を紹介。

  • ドラムセットマイキングシリーズ第4回

    ドラムセットのマイキングシリーズ第4回。スタジオミュージシャンであるMike Snyderによるオーバーヘッドマイキングのテクニックを紹介。

  • ドラムセットマイキングシリーズ第5回

    ドラムセットのマイキングシリーズ第5回。映画への参加やTVCMの音楽制作で活躍するファーストコールミュージシャンMike Snyder、今回はタム、フロアタムのマイキングテクニックを紹介します。

  • ドラムセットマイキングシリーズ第6回

    ドラムセットのマイキングシリーズ第6回。スタジオミュージシャンであるMike Snyderがハイハットのマイキングテクニックを紹介します。

  • ドラムセットマイキングシリーズ最終回

    ドラムセットのマイキングシリーズ最終回。ドラムキットの各パートのマイキングテクニックの紹介に続き、今回は全てのサウンドのミックステクニックをMike Snyderが披露します。

  • フィールドレコーディングについて

    サウンドデザイナー Jason Edwardsが、ドキュメント映像で使う音を収録するため、大自然の中でフィールドレコーディングを行いました。その収録風景や、サウンドデザインのプロセスをご紹介。Audixマイクを用いた、Jason自作の5.1chサラウンド・ツリーは必見です!

  • ドラム・マイキング・テクニック Part1

    Chris Denogean(DrumChannel.com / チーフエンジニア)が、4本のマイクを使ったドラムのマイキング方法を解説します。

  • - RECYCLED PERCUSSION - インタビュー

    現在ラスベガスで活動をしているパーカッション・グループ「RECYCLED PERCUSSION」が、AUDIXのマイクを使用中。発起人であるジャスティン・スペンサーが、AUDIXのマイクの魅力を熱く語ります。

■ダイナミックマイク
■単一指向性
■周波数特性:30Hz-15kHz
■出力インピーダンス:200Ω
■感度:0.8mV/Pa@80Hz
■最大SPL:144dB
■オフアクシスリジェクション:>20dB
■コネクタ:XLR3ピン(オス)
■素材・仕上げ:アルミ・ブラックハードコート
■サイズ・重量:径51mm、シャフト径21.5mm、長さ117mm・217g
■付属品:マイククリップ(DCLIP)、キャリングポーチ

・D-6はハイパーカーディオイドの低音域用ダイナミックマイク、シビアな低周波域の再現が求められるバスドラムの集音マイクとして最適です。地面を揺らすような低音を放つキックドラムの低域でも並外れた鮮明さとアタック感を表現します。大型のタムやパーカッション、またベースアンプキャビネットにもお薦めします。D-2、D-4と同様、アメリカAUDIX社で設計/組立て/品質検査まで行われ。アルミニウム製のボディは、抜群の耐久性と加工精度を誇る。適度な重量はバスドラムの音圧に共振することなくしっかりと収音。コンパクトなのでホールカットした穴にセットしやすい。レーザーで刻印されたモデル名とシリアル番号、スチールメッシュグリル、からも作りの良さが感じられます。タフなDCLIPがマイクをしっかりホールド、ポジショニングは極めてスムースに行えます。

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

バスドラム用マイクとして人気のモデル「D-6」は、軽量かつコンパクトなサイズでセッティングも楽々です。そしてこのコンパクトなボディからは想像もできないような体に響く低域とアタックの効いたタイトな高域を得ることができます。
バスドラム以外にもフロアタムやベース用キャビネット、ボイスパーカッションのビートボックス等、様々な低音サウンドの集音に威力を発揮します。また、バウンダリーマイクと組み合わせて使用することでより迫力のある低音を演出することができます。

営業部 / 岩谷 征治営業部 / 岩谷 征治

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.9)
  • レビュー数:12
この商品のレビューを書く

2017/08/11

11111求めている音に到達するのが早い

投稿者名:yuki 【神奈川県】

Kick用に購入しました。
EQなしで既に使える音になっているので音作りが早い。(重要)
重心の低いロックよりな音ではありますが、組み合わせ次第でいかようにでもなると思いました。
ローは申し分ないですがハイにもっと芯のある音が欲しいと思ったので、
BETA91A
421
D112
を組み合わせてみてD112がとても理想の音に近かったので大雑把に、
ローはD6で、ハイはD112でと混ぜて使っています。(EQ必須)
マイクの位置はいずれもサウンドホールにちょっと入れた状態で横に並べて位相差が少ないようにしています。(OnとOffとするより同じ位置の方が結果良かった。)

レビューID:74818

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2015/02/25

11111さらに低く

投稿者名:T-Hyde 【福井県】

これまでD-4をバスドラム録音用に使用していました。これはこれでいい音だったのですが、D-6に換えてさらに低く響くように感じます。これで録音した私のバスドラの音は、生音よりもどっしりとした気持ちいい音でした。

レビューID:54620

参考になった人数:4人

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/10/28

11111いい音です。

投稿者名:へヴィメタ中年 【北海道】

バスドラ(ツーバス)用に二本買いました。使用は私の所属しているHEAVY METAL BANDの録音用。

バスドラはノーミュートで、わりとヘッドのテンションは高めです。設置は、バスドラの中で、打点の手前15cmくらいでしょうか。

理想の音でとれます。アタックがきれいに出て、低音もこもらずに腹に響く感じです。みなさん書かれている通り、イコライザーなどいじらなくて十分です。それでもいじりたくなるんですが。

ミドルの強い、詰まった硬い音にしたい場合はイコライザーで調整することもあります。

ほかにイベントで使用したりしますが、ミュートのしてあるバスドラはなかなかいい音で出せません。当方プロではないので、好みの音でないため何がいいのかわからないことが原因で、マイクのせいではないと思いますが。

オールラウンドにどんなジャンルでも使えそうな印象はあります。が、当方、なんにでも使いこなせてはいません。

レビューID:52271

参考になった人数:1人

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/02/14

11111非常に良い。良すぎて暇かも

投稿者名:tasdtum 【熊本県】

基本的にキック専門で使っています。
はっきり言うとそのままで使える音です。
通常キックには2カ所くらい定番の押さえる周波数がありますが、その二つが最初から押さえられているので、そのまま使った方が音がいいです。つまり、何もしなくても基本出来てる音です。なのでつまらないです(笑)
といっても、もちろんいじくれるので最終的な出音はお好みでいいのですが、とりあえず使える音になっているので話が速いと言う事ですね。
あえて難点を言うと、付属のクリップがちょっと華奢と言う事でしょうか。ずれると言う事はありませんが、挟む部分が柔らかいのでちょっとだけ不安です。調整で動かしてる時にはずれそうになります。

レビューID:47155

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/05/04

11111新世代のBD専用MIC

投稿者名:STUDIO RED FIVE 【東京都】

うちではBDが穴無し両面ヘッド・ミュートも外にフェルト帯で、BD内部にMICを仕込んでます。
こういう特殊な条件下でもミッドレンジを凹ませたf特が威力を発揮して、良い意味で普通の音で録れます。
ダイナミック型のみで録音にも耐え得る、唯一のBD用MICなんではないでしょうか。
以前からある他社のはこれと比較すると、重低音とアタック感の両立がなされてません。
しかしそれは必要がなかったからでしょう。
昔の立派な録音スタジオには、真空管コンデンサMIC耐音圧の大きいのもが有り余る程あったんですから…。

レビューID:40615

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見る
    • この商品のレビューを書く

AUDIX (オーディックス)
D-6 低音楽器用

商品ID:18006

¥23,800(税抜)

(¥25,704 税込)

  • 送料無料

2,570ポイント内訳

  • 257Pt

    通常ポイント

  • 2,313Pt

    ポイント10倍

  • 2,570Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
みんなでつくる新音楽用語事典 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top