ここから本文です

AKG ( アーカーゲー ) / D7 ダイナミックマイク

AKG ( アーカーゲー )  / D7 ダイナミックマイク

  • AKG ( アーカーゲー )  / D7 ダイナミックマイク 画像1
  • AKG ( アーカーゲー )  / D7 ダイナミックマイク 画像2
  • AKG ( アーカーゲー )  / D7 ダイナミックマイク 画像3
2
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
パワフルサウンドを誇るAKGのボーカル向けダイナミックマイク。特許を取得した2重構造のダイアフラムによりコンデンサーマイクのような広いレンジ感とクリアなサウンドを誇ります。ハンドリングノイズを抑えるショックマウントとハイパスフィルターを搭載。抜けのよい芯のあるサウンドが特徴です。
■タイプ:ダイナミックマイク、ボーカル用
■指向性:超単一指向性
■F特:70Hz~20kHz
■インピーダンス:600Ω
■仕上げ:dark stage blue
■寸法・重量:φ51×185.2mm、340g
■マイクホルダー、ソフトケース付属

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

AKGといえば、C414、C451Bなどのコンデンサーマイクという方も少なくないはず。
しかし、ダイナミックマイクも見逃せません!
D7は、どっしりとした低域、芯のある中域、程よく抜ける高域のバランスが最高です。歌ったときの気持ちよさだけではなく、実際に録音した音も聴きやすいため、歌詞を大事に届けたいボーカリストにおすすめです。
また、超単一指向性のため、ハウリングにも強いです。ライブで安心して使用できるのは、嬉しいポイントですね

サウンドハウススタッフサウンドハウススタッフ

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.7)
  • レビュー数Reviews15
この商品のレビューを書く

2023/08/29

11111女性ボーカルでナチュラル系に最適

投稿者名Reviewed bylunacre 【東京都】

EV 767aが経年劣化でハウリングしやすくなってきたので買い替えです。
D7とD5を同時に購入しました。
767aもShureの58に比べて、布1枚脱ぎ捨てたような解放感のある音(高音域が素直に伸びた音)でしたが、D7も同傾向で、高音域までスカッと伸びています。
2本同時に使っていますが、D5よりも明らかにD7の方が高音寄りです。まるでコンデンサーマイクのような音です。
ゆえにバックに埋もれず、ボーカルが前に出てきます。
低域はすっきりしていますので、全体に変なピークもなくナチュラルな感じです。
Jazz系など、ナチュラルなボーカルに最適かと思います。
近接効果は強めで、10cm以内に近づくと、音量、低域ともにぐんと上がります。
重量はやや重めですが、バランスが良く持ちやすいとのこと(うちの女性ボーカル談)
D5は低域がD7よりも迫力でますので、ロック向きかもしれませんね。
どちらもいいマイクだと思います。

レビューIDReview ID:142805

参考になった1

2023/01/06

11111アマチュア無線家のマイク

投稿者名Reviewed bymokochannosiawaseantena 【愛知県】

AKGのD5でも十分だと感じる音ですが、ここでは
D7のアマチュア無線家の視点から評価してみたい。
アマチュア無線局でも高音質 肉声に忠実な音が求められます。
特に短波帯の遠距離通信(DXという)においては、雑音まみれ
の中から突出した局(目立つ送信音声)と応答したくなるのは
当然である。結構高域が澄んでいて声の透りが良くそれでいて
低域もゼンハイザーe945と比較してもD7のほうが、伸びる低域
という点で優っていると言える。アマチュア無線の通信で求められるいわゆるリーダービリテイ(了解度)の良さからみても
素晴らしいマイクだ。後はEQ調整可能な無線機(トランシーバー)も最近では一般的になってきて味付けも出来てなお本領を
発揮できるであろう。SM-58やヘイルPR-22も候補に上がって
使ってみたが、絞ってマイクを選ぶならアマチュア無線家的には
D7は
PR-22. AKG D5と超高級品ゼンハイザーの445の中から選ぶという絞込み選択になろう。アマチュア無線局では当然ながら
アンテナ(八木アンテナ)の性能と高さとロケーションといちばん
重要なのが伝搬状態(電離層のご機嫌?)そして伴ってくるのが
空中線電力(日本では5Wから1KW)そしてこのマイク選びという
フアクターを通して有効な無線交信が出来るものである。
このお値段で世界を制覇(無線交信で世界中と交信)が居ながら
にして出来るなら決して無駄遣いにならないと思える、思わさせるマイクの一本であろう。

レビューIDReview ID:136306

参考になった3

2023/05/06

11111AKG D7 と SHUR58A

投稿者名Reviewed bykoga0713 【東京都】

中音域が強く、高音域が良い具合に抑えられる

レビューIDReview ID:136049

参考になった0

2022/08/09

11111ゲインもありライブで使えます。

投稿者名Reviewed byぜんらんど 【東京都】

定番SM58同等以上のマイクを探してD7を購入。ゲインもありスッキリ抜けも良くハウリングにも強い印象です。付属のウインドスクリーンは弱くて直ぐに破れてしまいました。

レビューIDReview ID:132070

参考になった1

2021/10/24

11111今一番のお気に入りになりました

投稿者名Reviewed byユーリ 【東京都】

今一番のお気に入りマイクとなり、購入して大変よかったと思っています。まだ音楽に詳しくないですが、以下ご参考になれば幸いです。
自分はD5C、E945を既に所持していますが、何かしっくりこない部分があり、マイクの選択肢としてももう1本欲しいなと思いマイクを探していました。
結果SM58、Bata58a、D7で最終検討していましたが以下の理由でD7を購入しました。
・SM58は基本として持っておこうかと思いましたが、自分の中で使用機会が少なかったので外しました
・Bata58aは高音がキンキンするのがきつくて嫌だったため外しました
・D7は他のダイナミックマイクと違い人間の可聴域最大である20kHzまで集音できるので、その違いが気になった
・様々なマイクの歌唱デモを聴いて、D7は女性の歌唱デモでは声がスッと出ていた様に感じ、サウンドハウスさんの男性の歌唱デモでも1番聴きやすかった
・自分は男ですが、男性の中ではかなり高い声になります。D7は他のレビューで女性や高めの声の人に合うとあり気になった
・サウンドハウスさんのD7紹介に歌詞を届けたい方におすすめとあり、自分の指向とあっていた
今は使用環境をオーディオインターフェースをSSL2、マイクケーブルをQAC-222として、D7を使用しています。
D7の使用感は、たしかに声がよくスッと通り、言葉が聴きやすい様に感じています。さらに見た目がかっこよい、高級感がある、加えて手が小さい自分でも握り易く、重さも思っていたより軽く感じたのもとても良かったポイントです。
D5Cはあの価格帯ではすごく上等なマイクですが、D7はさすがにAKGのダイナミックマイクの最上位モデルなだけあり、同じAKGのD5Cよりスッと綺麗に声が通っていると思います。
また、D7はD5Cに対しグリルや握り部分の表面処理がかなり違い、印字やロゴ部分も差異があり、全体的に高級感があります。
他方でE945はD7と同様に抜けが良いですが、D7と異なり圧縮感があるように感じます(他の方のデモを聴いてもそう思いました)。ここがD7とE945の違いと思います。
最後に、紹介記事や過去レビューがかなり役立ちました。どうもありがとうございました。

レビューIDReview ID:123452

参考になった13

  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

AKG ( アーカーゲー )
D7 ダイナミックマイク

商品ID:132552

¥22,800(税込)

  • 送料無料

456ポイント(2%)内訳

  • 228Pt

    通常ポイント

  • 228Pt

    ポイント2倍キャンペーン

  • 456Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram