ここから本文です
コンガ

コンガ

コンガはキューバ生まれのパーカッションで、打面には水牛の革が使用されています。REMOやEVANSから合成樹脂製打面のコンガも発売されており、それらは湿度などの影響を受けにくいことが特徴です。また、日本ではあまり一般的ではありませんが、コンガは大きさによって名前が異なり、小さいものから順に、キント、コンガ、トゥンバドーラと呼ばれています。
キント: 11”
コンガ: 11-3/4”
トゥンバドーラ: 12”

ボンゴ

ボンゴ

ボンゴは、コンガ同様キューバで生まれたパーカッションで、同じく水牛の革を使用しています。コンガとの違いはその大きさにあり、片手でも持ち運べるほど小さく、そして大小2つの太鼓が繋がっているのが特徴です。
こちらもREMO、EVANSから合成樹脂製打面のものが発売されています。

ジャンベ

ジャンベ

ジャンベは西アフリカ生まれのパーカッションで、ヘッドに山羊皮を使用し、ロープでチューニング出来るものの他、REMOやLPから合成樹脂ヘッドにキーチューンタイプの商品も発売されています。
最近は日本でも、ストリートライブやクラブイベントなどでよく見かけられます。低音は中央を、高音は淵を叩きます。

カホン

カホン

カホンはその手軽さから、ジャンベよりもさらに日本での普及率の高い、ペルー生まれのパーカッション。スペイン語で「箱」を意味し、その名の通り直方体で、後方にサウンドホールが空けられています。叩く位置により低音と高音を分けることができ、1台でドラムセットのようにバスやスネア、その他の音色を得られます。その多様性から近年特にストリートライブなどで重宝されています。

ティンバレス

ティンバレス

こちらもキューバ生まれのパーカッションです。金属の胴にプラスティック・ヘッドが張られていますが、ボトム(下)にヘッドはありません。形状はスネアに似ていますが、タムのような音が鳴ります。演奏の際はリムショットが多用され、金属的な音が特徴的です。一般的には、大小異なるサイズを一つのスタンドに取り付け、ティンバレスの上にはカウベルやアゴゴをマウントして使用することが多く、胴体の側面を叩くパイラというアプローチもあります。

カウベル

カウベル

カウベルはその名の通り、元々牛などの家畜の居場所を知らせるためのベルでしたが、ラテン音楽に取り入れられ、今では広く普及しているラテンパーカッションの代表的楽器となっています。
手で持つか、ホルダーに固定するか、バチの種類などでも容易に音色が変えられます。


新生活応援セール

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO 乾電池
2020年 新卒採用
ブランドから探す
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
Fashion Music SOUND HOUSE x SHOPLISTスペシャルコラボ YOITOKOめぐり旅 Vol.9 岡山県津山市 B'z稲葉浩志の出身地! 「津山」の音楽シーンはUltra Soulだった! SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top