ここから本文です

MOOER ( ムーアー ) / Red Truck

MOOER ( ムーアー )  / Red Truck

  • MOOER ( ムーアー )  / Red Truck画像1
  • MOOER ( ムーアー )  / Red Truck画像2
  • MOOER ( ムーアー )  / Red Truck画像3
5
  • メーカーサイト
アナログ感覚で設定ができるマルチエフェクター。ループ・スイッチャー・サイズの筺体にMooerの人気エフェクターを集約!タップテンポでの同期や、ステレオアウト、チューナー機能、さらにはプリセットもでき作り込んだサウンドを簡単に持ち運ぶことができます。
■ギター用マルチエフェクター
■個別に各エフェクトをコントロール可能
■ギターチューナー、スピーカーシミュレーターを内蔵
■デジタルエフェクトのタップテンポの同期、エフェクトON/OFFのプリセットも可能
■エフェクトループを内蔵し、外部ペダルの接続や4ケーブルメソッドにも対応
■ステレオアウトプット
■し、ミキサーやヘッドフォン等へのダイレクトアウトも可能
■ブースト、オーバードライブ、ディストーション、モジュレーション、ディレイ、リバーブが1台に
1.PURE BOOST:同社のMicroシリーズをベースとした、アナログ回路設計の最大+20dBのクリーンブースター
2.DRIVE: 同社のRumble Driveをベースとした、暖かでナチュラルなサウンドのアナログオーバードライブ
3.DIST: クラシックなブリティッシュスタックアンプの歪みを再現する、完全なトーンスタックを持ったディストーションです。軽いクランチから倍音成分豊かなフルゲインまで、広く音を作ることができます。

4.MOD: トレモロ、フェイザー、コーラス、フランジャーを選択できるデジタルマルチモジュレーションエフェクトです。

5.DELAY: 3タイプのディレイを選択できるデジタルディレイモジュールです。DIGITALモードでは80年代のラックディレイのようなクリアなトーン、ECHOモードでは60年代のテープエコーのようなトーン、ANALOGはBBDスタイルのサウンドを再現します。

6.REVERB: ステレオリバーブユニットです。
■スペック
・インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:2MΩ)
・アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック×2(インピーダンス:100Ω)
・電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)※別売
・消費電流:300mA
・サイズ:370mm(D)×96mm(W)×51mm(H)
・重量:1200g
・専用キャリーケース付属

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11100(3.0)
  • レビュー数:2
この商品のレビューを書く

2019/09/21 

11111現場向けマルチ

投稿者名:わさび醤油 【千葉県】

音家ではなく、中古で買いました。
 
ブースターはゲイン設定の出来無い、歪まないクリーンブースター。ブースター専用のフットスイッチは無いですが、プリセットモードでは各プリセットにブースターのオンオフをアサインできるので、切り替えたい方はそちらで。オーバードライブは音の太いTS系なので、普通に使えます。ディストーションはコンプレッション感が少ない、粒の粗めなディストーションで、たぶんCrunch Box系でしょうか。それに3バンドEQ+ミッドブーストを追加した仕様になってます。ベビーな音は出せないかもしれないですが、クラシックロックやオルタナティブロックにはいいかと。あと、個人的な好みですが、ブースターとオーバードライブのトーンを両方とも最大限にして、テレキャスでカッティングをすると凛として時雨の様なギャンギャンな歪になるので、それだけで悦に浸れます。基本的に歪みの音は全部良いです。よっぽどのこだわりがない限り事足りるかと。
 
モジュレーション、ディレイ、リバーブのデジタルセクションは普通と違うコントロールなので使いにくいですが、使えなくはないです。モジュレーションのコーラスは、なんか揺らしづらい感じはしますが、軽く掛けるには充分。ディレイはタップテンポもあるし、付点8分音符ディレイもできるし、遊べます。リバーブはシマー前提の作りになっていて、軽くかけてオケに馴染ませるという用途には使いづらいですが、まあ、自分はアンプ内蔵のスプリングリバーブを使ってるのでそこまで気にしてはいないです。
 
チューナーは曖昧ですが、現場でとっさにチューニングしたいという時には瞬時で出来るので、そういう時には使えます。

ヘッドフォン端子も試しました。音量調節できないですが、音量は丁度良かったので無問題。
 
プリセットモードもあるので、コンパクトエフェクター+スイッチャーが一体化したものと考えればコスパもいいし、エフェクターごとにつまみがあってとっさの調整にも強いし、スイッチとノブの光で見やすいので、使い勝手良し。リハやジャムセッション等に持っていくと活躍すると思います。コスパと値段と使い勝手と音を考慮して、評価5とさせていただきました。一台で手軽に楽しめます。

レビューID:94276

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/12/09

1おすすめしない

投稿者名:いけ 【埼玉県】

リバーブが最悪です。
リバーブで調整出来るつまみは、Level/Decay/tone/shimmer/(mod)depth/(mod)rateです。つまり通常のデジタルリバーブにあるようなホールとかルームとかのモード選択はありません。プレートリバーブの簡易バージョンにshimmerとモジュレーションを足した感じで、100均レベルです。

ディレイにはAnalog/Echo/Digitalの3モードがありますが、マニュアルに書いてある能書き程劇的には変化ないです。

また、気が利かないと思ったのはDriveの上にあるPure Boostで、on/offをボードのスイッチで切替るのでは現場で使えないと思います。外部端子で切り替えられるとかの逃げ道を考えるべきかなと。

所詮、何かをまねた中華ボードという印象です。
100均好きで、機材も安ければとりあえずいいという方にはいいかも知れませんね。

レビューID:78054

参考になった人数:19人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

MOOER (ムーアー)
Red Truck

商品ID:239903

¥24,800(税抜)

(¥26,784 税込)

  • 送料無料

1,335ポイント内訳

  • 267Pt

    通常ポイント

  • 1,068Pt

    ボーナスポイント

  • 1,335Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top