ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

JTS ( ジェーティーエス ) / SIEM-2 インイヤーモニターシステム

JTS ( ジェーティーエス )  / SIEM-2 インイヤーモニターシステム

  • JTS ( ジェーティーエス )  / SIEM-2 インイヤーモニターシステム 画像1
  • JTS ( ジェーティーエス )  / SIEM-2 インイヤーモニターシステム 画像2
  • JTS ( ジェーティーエス )  / SIEM-2 インイヤーモニターシステム 画像3
  • JTS ( ジェーティーエス )  / SIEM-2 インイヤーモニターシステム 画像4
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
B帯を利用したワイヤレスインイヤーモニターシステム。発信回路にはPLL方式を採用し、安定した送受信を実現。コストパフォーマンスに優れたシステムです。同一エリア内最大4波まで使用可能です。

ワイヤレス・インナーイヤーモニターシステム、JTS SIEM-2。 軽量でコンパクトなボディに、安定した送受信を可能にするPLL方式を採用し、優れたコストパフォーマンスを実現しました。モニタースピーカーを意識する必要が無く、自由な演出とクリアなモニター環境を提供します。

<SIEM-2T ワイヤレスインイヤーモニターシステム トランスミッター>

■送信周波数:B帯(800Mhz帯16チャンネルの内、任意の1チャンネルを選択)
■送信出力:10mW
■オーディオ部入力インピーダンス:20kΩ
■入力レベル:-20dBV
■最大出力レベル:0dBV
■LEDディスプレイ:チャンネル、AFレベル表示
■オーディオ入力コネクタ:コンボジャックx2 XLR (バランス)又はフォン(アンバランス)
■ループアウトコネクタ:φ6.3mm x 2
■寸法・質量: 210 x 180 x 40 mm、450g
■電源:12-18VDC,600mA、センタープラス、内径2.1mm

<SIEM-2R ワイヤレスインイヤーモニターシステム レシーバー>

■受信周波数:B帯(800Mhz帯16チャンネルの内、任意の1チャンネルを選択)
■発信方式:PLLシンセサイザー方式
■LEDディスプレイ:チャンネル
■コントロール:電源ON/OFF、チャンネル選択、ボリュームコントロール
■周波数特性:40~18000Hz
■出力コネクタ:φ3.5mmステレオフォンジャック
■寸法・質量: 70 x 100 x 20 mm (アンテナ、突起物含まず)、約90g(電池含む)
■電源:単3形アルカリ電池 x 2

※出力はモノラルです。
※音源入力はそれぞれがモノラル入力のため、2つ入力した場合にはミックスされた音が出力されます。

■使用周波数
0 806.125Mhz
1 806.375Mhz
2 807.125Mhz
3 807.750Mhz
4 809.000Mhz
5 809.500Mhz
6 806.250Mhz
7 806.500Mhz
8 807.000Mhz
9 807.875Mhz
A 808.500Mhz
B 806.625Mhz
C 806.875Mhz
D 807.375Mhz
E 808.625Mhz
F 808.875Mhz

関連商品

スタッフレビュー

 音楽番組や、ライブイベントでプロがつけているイヤホンのようなものは一体何なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。それがこのインイヤーモニターシステム(通称イヤモ二)と呼ばれているものです。
プレーヤーは、通常足元のフロアモニターから自分の音を返して演奏しますが、ライブというのは、どうしても動きたくなるものだと思います!しかし、移動することによってきちんとモニタリングをするのは難しくなってしまうのが現状です。しかし、それを解決したのが、このイヤモニです!イヤホンタイプ、しかもワイヤレスなので、ステージ上のどこに居たって、どんなに動いたって常にしっかりモニタリングできちゃいます。ステージを駆け回るボーカリストには、ピッタリのアイテムです。
 ワイヤレスというと音質が気になるところですが、実際に聞いてみると、想像以上にクリア且つ、各音域のバランスが非常に良い印象です。そのため、聞こえてくるバンドの音のバランスも、自分の音も色付けの無い素直なサウンドでモニタリングできました。
 そして、「SIEM-2」の凄いところはそんな便利なシステムをこんなにも手軽な価格で実現している事です。さすがはJTSさん!音も価格も申し分なしの圧倒的なコストパフォーマンスです!
 今よりも、もっと快適な音でライブをしたいと思っている方、イヤモニの導入をご検討の方に、特におすすめの逸品です。

サウンドハウスサウンドハウス

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews26
この商品のレビューを書く

2019/05/19

11111良いと思います!

投稿者名Reviewed byJIRO 【岐阜県】

今日、バンド練習で試してみました。
音質とかにこだわる方でなければ十分だと思います。
私は特に問題ないですし、今度のライブでも使おうと思います!
自分の音がはっきり聞こえるるため、ピッキングミスなどはダイレクトに感じて練習にもいいですね~

レビューIDReview ID:92439

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/05/18

11111いい商品でした。

投稿者名Reviewed byマイクマン 【東京都】

目的は小さなハコでの使用。
まず、扱い易いです。ボタンや表示など極めてシンプルで説明書も一度も見ることなくとってもスピーディーに接続完了。
音質も良く遅延も無く梱包もしっかりしていました。
イヤホンはFITEARを持っているので付属のイヤホンは使うことは無いだろうと思いましたが一応音質を確かめてみてびっくり。フラットで上から下までバランスよく、凄くいい音質でした。MixDown等のモニターイヤホンでも十分使えます。
金額に魅力を感じ、モノラルをどう我慢出来るか、ということが最大の課題でしたが意外と慣れればまったく問題ありません。
受信機がバッテリーでは無く単三電池と言うのも有難いです。バッテリーだとどうもスマホ等を思い浮かべて、そのうち寿命が短くなるんじゃないか、という心配をすることもありません。それにホールやアリーナでよく使っている受信機に比べて1/2ほどの重さなのも嬉しいです。ベルト等への留め具は強力にしっかりしています。
いい買い物でした。

レビューIDReview ID:92410

参考になった人数:5人

5 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/01/27

11111使えます!

投稿者名Reviewed by自称ミュージシャン 【佐賀県】

付属のイヤホンは使っておりませんので何とも。見た目や中身はみなさんも想像できるかとw
レビューにあったように、コンプがかった感じは確かにありました!けれど、あくまでコンプで頭叩いたようなニュアンス?と思ってください!実際にはなんら気になりませんし、音響している人ならではの感触ですw
モニタリングに何の支障もありません!
30人程度のキャパでもガンガン使ってます!
なぜなら、ピッチを外すことが無くなりましたもんw
ちょっと感動すらしましたねw
残念な点がひとつ!
[1台でレシーバー2個使用の場合]
AUX等から2人のvocalを返しモニターすると、当然ながら2人の声が聞こえてきます!すると、ハモりに徹する場合自分の声が聞こえませんw
1台での複数使用なので、バランス調整には限界がありますしね!
なので、贅沢ですが1人に1台充てることをお薦めしますw
とは言え、ケンカしない仲であるなら2人でも3人でも十分使えるレベルですのでご安心をw
ステレオ入力にも対応してるみたいですが、どうせなら独立したモノを2本にしてくれると助かりますねw
おかげで出費が倍になりましたけど、十分使える物に間違いはありません!

レビューIDReview ID:89085

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/11/12

11111携帯に便利で高性能!

投稿者名Reviewed byヤッシー 【東京都】

とっても軽いです。なので本体とレシーバーの両方をギターのショルダーケースのポッケに入れたままの移動でも快適です。ラックにわざわざ入れる必要ないですね。
音質ですが、インイヤー・モニターとしてなら全く問題ないです。このままで十二分!しっかり快適に利用できます。
音質にこだわる方はイヤホンを別途、購入なさるのも良いでしょうけど。僕は逆に純正のままの方が無難なモニタリング設定を組み易いように感じてます。
この価格でこの性能、そして利便性の高さに軽量設計。高額な商品よりむしろこちらを仲間たちにオススメしたいと思います。

レビューIDReview ID:87003

参考になった人数:4人

4 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/09/10

11111使い方次第ですよ。

投稿者名Reviewed byよんたな 【東京都】

最近耳が悪くなってきたので導入。
自宅練習では音源、ギターともに4Chのミキサーに入れ出力。ここで肝心なのはレベルの設定。
まずはミキサーの基本セッティング。イコライザー等もフラットからスタート。コンプ感どうのと言うのはGein上げすぎかもしれません。
音源、ミキサー、SIEM-2、そしてモニターのイヤホン。
きちんとセットしてください。
一番大切な事。
付属で付いてくるイヤホンは使えません。まあおもちゃレベルです。だからロクな音が出ないんですよ。
ここはひとつしっかりとしたイヤホンを使ってください。最低でも2Wayレベル。つまりイヤホンにお金を掛ける事。本体を安く買った分、イヤホンは他にも使えるので良い物をお勧めします。
使い勝手は全く問題ありません。

レビューIDReview ID:85268

参考になった人数:7人

7 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

JTS ( ジェーティーエス )
SIEM-2 インイヤーモニターシステム

商品ID:171813

¥21,800(税抜)

(¥23,980 税込)

  • 送料無料

239ポイント内訳

  • 239Pt

    通常ポイント

  • 239Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top