ここから本文です

キャンペーン

SONY ( ソニー ) / MDR-EX800ST

SONY ( ソニー )  / MDR-EX800ST

  • SONY ( ソニー )  / MDR-EX800ST 画像1
  • SONY ( ソニー )  / MDR-EX800ST 画像2
  • SONY ( ソニー )  / MDR-EX800ST 画像3
  • SONY ( ソニー )  / MDR-EX800ST 画像4
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
MDR-EX800STは、ステージユースのために開発された、インナーイヤーモニターです。世界の先端技術を誇るソニーと、ライブの世界を知り尽くしたソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。高音質はもちろん、ハードなパフォーマンスにも応える耐久性を備えています。
コンプライ対応表
■ カナル型イヤホン

<特徴>
■ スタジオで聴く音を忠実に再現
・アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインナーイヤー型ながら、大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適しています。
■ スタジオモニターヘッドホンの開発ノウハウを存分に投入。
・レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。
■ ライブに適した装着性と耐久性
・耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード交換など、ライブ環境に適した耐久性と機能性を実現しています。

<仕様>
■ 形式:密閉ダイナミック型
■ ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
■ 最大入力:500mW
■ インピーダンス:16Ω
■ 音圧感度:108dB/mW
■ 再生周波数帯域:3~28,000Hz
■ コード長:約1.6m リッツ線 Y型コード
■ プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
■ 質量:約7g(コード含まず)
■ 付属品:イヤーピース(S、M、L各2)、キャリングケース、取扱い説明書

※完全にプロフェッショナル商品の為、保証は初期不良のみの対応となります。

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

めくるめく早さで新機種が投入されては消えて行く諸行無常のイヤホン業界。大量消費のスパイラルに飲み込まれ、短サイクルで「リリース&廃番」を繰り返すイヤホンが多い中、安々とは変わらない、いや、変えるべきではない「真の価値」を持ったイヤホンが時に誕生します。その代表格がこの「MDR-EX800ST」です。「10年後の今日」も「モニター用イヤホンの最適解」そう言わしめる事が出来る真の実力を持った数少ないイヤホンの一つです。

MDR-CD900ST同様、その音質について長々と語るような野暮は致しません。一つ言えるところはモニター用イヤホンとしては「これ一択」という事実。その事実のみをお伝えしなければなりません。EX800STとは言うなれば大航海時代における「ポラリス」。数えきれない夜空の星々の中で常に北を指し示す「北極星」。すなわち、時代に左右されない不動の音質を指し示す指標。つまりは、流行過多の様相を呈するイヤホン業界における大いなる「道標」と言えます。そしてそれは「今までも」そして「これからも」です。永遠の輝きと音質を放つスイートテン・イヤホン、それこそがこの「MDR-EX800ST」に相応しい称号であると言えます。

「変わるもの変わらないもの」色々あります。変わらない音質は「MDR-EX800ST」で。

戦略企画部 / 楊枝 佑介戦略企画部 / 楊枝 佑介

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.8)
  • レビュー数:12

2016/12/25

111メガネ君&帽子君は要注意

投稿者名:ヒーコ 【神奈川県】

MDR-900STを30年ほど仕事で使っている身としては「イヤホン版900STとしての特徴を上手く表現している」と言えると思います。
ただし努々同じ音がすると思ってはいけません。
それよりも問題なのは耳にかかる部分が太い&反発性があるのでメガネのツルや帽子(ワークキャップなど)の淵と干渉して不快なこと。
メガネ&キャップさんは要注意。

レビューID:68843

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/10/25

1111ドラマー視点から

投稿者名:さんぼら 【東京都】

Shure SE425が壊れたので、演奏時にも使えるモニターイヤホンを探していました。
SE425の実力はわかっていたので、同じでも良かったのですが、EX800STがとても気になったので選んでみました。

SE425はかなり外音を遮音します。それなのでモニター音がメインになり、その目的としては良いですが、ステージ上の臨場感が薄れます。
それを味わえるものとして、ウエストンのAM PROシリーズがあります。試聴すると適度に外音が聴こえ、音も確かに良い。

EX800STも「ステージモニター」と謳っていて、値段もこなれているので期待して購入。

実際に使ってみると確かにステージモニターでした。AM PROと同じような設計がされている気がします。外音は程よく聴こえますが、音を流すと外音は気にならなくなり、モニターに集中出来ます。モニター音が止まれば外音も程よく聴こえ、密閉感が薄れてステージ上の臨場感が味わえる。
外音の聴こえ方は、音楽用の耳栓のようにデシベルを下げるような印象です。

こういう作りは普段の街歩きとしても、安全であるように思えます。

マイナスはイヤーピースが硬いのかちょっと痛くなる。ウレタンに替えようと思います。それから耳に対して垂直に入れるような形になるので、耳から出っ張って見えてちょっとかっこ悪い。

音に関しては普段CD900STやHD25を使っている自分でも、なにも違和感がないくらい良い音です。

レビューID:67366

参考になった人数:3人

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/06/23

11111やはりSONY

投稿者名:中野梓 【神奈川県】

過大包装の大きな段ボール箱から出て来たのは小さくて真っ白なボール紙の箱。開封すると何の飾り気もない機材が出てくる。徹底して無駄を省いた内容物は本体とケースと交換用のイヤーピース3種類のみ。僕は純正より一つサイズの小さいイヤーピースを装着しイヤホンを装着する。他社のコードと違いコード形状を保持するのは針金ではなくコードの皮膜本体なのは素晴らしい。最初は形が決まらないが暫く使えば自然と自分の耳に合った形状に馴染む。ヘッドホンアンプに繋ぎ上原ひろみとチックコリアによる「Duet」を聴く。一曲目の「Very Early」が始まると、生半可なイヤホンでは殆ど掻き消されるライブの会場録音特有の音、つまり皿にフォークなどが当たる音や観客のざわめきが、これでもかというくらい正確にはっきりと描写される。このイヤホンにはHD650などに感じられる緩い空気感などは微塵も感じない。そこにあるのはマイクが拾った音をそのまま出力することで生まれるゼロ距離の臨場感である。ピアノの高音は心地よいアタック音と共に濁ることなく響き、芯のある深い低音は再生音域の広さと原音再現能力の高さを証明する。他のCDではスネアやシンバルのアタック音、星が瞬くような鈴の音色、深く安定したホルンの響きなど、様々な楽器、音源において緻密で繊細かつ正確な、非常にレベルの高い再生能力を発揮した。ただこの素晴らしいイヤホンには2つほど欠点がある。一つはミックスが下手だったり録音が悪い様なCDはどう頑張っても聴く気になれなくなったこと。もう一つは定位が気になって仕方無くなること。ボーカルの定位が真ん中でない様な気がするのはある意味ストレスではあるがここまでシビアに定位を考えさせるイヤホンは初めてである。恐らく並のイヤホンではアバウトに広がっていた定位がこのイヤホンでは完全な点で確認できてしまうことが原因であるが、それは性能の高さ故のこと。故に僕はこれらの現象にも非常に満足している。

レビューID:49807

参考になった人数:59人

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/02/21

11111作業にも使える、日常用イヤホンとして。

投稿者名:HAZE 【東京都】

この商品は、ある意味で中途半端です。

作業するなら、良い環境のスピーカーがもちろん最適ですし、CD900-STと比べて、再生できる情報量は違います。
800STで整音した音を900STでチェックした際、気になるところが出てくることは少なく無いです。

リスニングイヤホンとして、この価格帯でもっと気持ちよく聞けるイヤホンは他にあるでしょう。
特に、基本的に圧縮された音源を聞くことが多いため、本当はハイエンドが強調されるほうがいいのかもしれません。
外出時に聞くなら派手な音のほうが外音からの影響も踏まえて気持ちいよいでしょう。
横の広がりも、ドライバの位置でなっている感覚が強いです。

ですが、僕はこの商品を買ってよかったと思っています。本当に。
リスニングにはリスニング用で自分の好みに合うもの。もし、作業をするなら最適な環境。それがベストでしょう。
しかし、そうは行かないのがほとんどです。

全域がしっかり鳴り、楽しめるイヤホンとして。(超高域に関して、少し持ち上げるEQをプレイヤー側でかけていますが
かさばらず、仕込み作業に、録音時の確認に最適と言えるインナーイヤーモニターとして。

持ち歩いていて安心できるイヤホン。
音に対してある程度真剣に向き合った時に、高価過ぎず、ポータブルに信頼できる環境として、評価しています。購入してよかったと思っています。

これまで、同用途でMDR-7506を使用していましたが、どうしても嵩張ること、イヤホンを使用したい場面も多いこと、耳型的に長時間7506や900stを使用すると痛みが出ることもあり、完全に取って代わって、しまいました。
コード長も困るほど長くもなく、短いとは全く感じないため、大満足しています。

レビューID:47339

参考になった人数:20人

参考になりましたか?
Yes
NO

2013/02/03

11111ソニーらしいぞ

投稿者名:がにほーま 【神奈川県】

仕事&外出用に、下位機種ですがMDR-EX510を購入して、その元気な音に感心して、上位機種を物色して、皆さんのレビューなどを参考にして購入しました。
ゼンハイザーIE7や、IE8を普段使っているので、510のネックチェーン型のコードが擦れるときのノイズが少し気になったので、シュアー掛けができることもポイントでした。
首前で、スライダーで止めれば、コードの擦れも減りますので。
音質は業務モニターということで、期待したとおりの、妙な味付けのない、明瞭でいてパワフルな出音に満足です。
IE7、IE8などと比べると、ボーカルなどが、明瞭な印象で、低音も締まっており、心地よいです。解像度は同様な印象です。ゼンハイザーのIE8あたりの、まろやかさ(低音を中心に)の演出と対極のいい勝負だと思います。
弟分の510の感度を良くして、高音の刺さりそうな部分をまろやかに、全体的に底上げした印象です。
無駄な部分をそぎ落とし、コストパフォーマンスは非常に良いと思います。保障もありませんし装飾は簡素そのものですが・・・(笑)
補修用に購入したEX1000用のコードに換えましたが、大きくは変わらないようです。高音の刺さりそうな部分が、少しだけまろやかになったように思います。
長さもだいぶ短いので、扱いやすくなりました。この機種は、ソニーらしさが出ていて(音質、外観=ものものしさ?)、持って、聞いて、楽しいものです。装着時に、レタリング(文字)部分が耳の内側を向くので少々惜しい気がするのと、長時間の使用で耳周りのフィッティングコードがあたる部分などが、少々圧迫感があるのが気になりますが、これだけ派手?だと、しょうがないかな?(笑)とも思います。値段以上の価値ありだと思います。

レビューID:38388

参考になった人数:19人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! 次世代アーティスト発掘応援 音魂ぐらんぷり
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top