ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

ZOOM ( ズーム ) / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー

ZOOM ( ズーム )  / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー

  • ZOOM ( ズーム )  / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー画像5
5
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
MS方式とXY方式のステレオマイクを搭載したハンディレコーダーZOOM「H2n」。2チャンネルサラウンド、4チャンネルサラウンドのレコーディングモードを備え、360度サラウンド収音にも対応し、用途に応じてマイクを使い分けることが可能。コンサートやリハーサルのライブ録音はもちろん、ボイスレコーダーやポッドキャスティングの収録、PC/MacのUSBマイクとしても活用でき、幅広い用途に対応します。
■ハンディレコーダー

ステレオ・レコーディングの代表的な手法として知られる、MS方式とXY方式のステレオマイクを搭載。豊かなステレオ感が得られるMSマイクは、野外やコンサートホールなど、広く開放的な空間での収録に。音源の位置を正確に捉えるXYマイクは、室内や音楽スタジオなど近距離での収録に。さらに、現場の臨場感をまる録りする、360°サラウンド収音にも対応。シーンや用途に応じてマイクを使い分ける、プロフェッショナルなレコーディングがハンディに楽しめます。

特徴
・360°サラウンド・レコーディングに対応
・最長20時間のロングライフ・バッテリー
・最高24bit/96kHzのリニアPCMレコーディング
・使いやすさにこだわった各種コントローラー
・パソコンに直接録音できる、USBマイク機能
・録音品質を高める多彩な機能
・モニター・スピーカー搭載
・音楽のレッスンに活用できる再生機能
・PC要らずのオーディオ編集機能
・最大32GBのSDHCカードに対応
・USB2.0 Hi-Speed対応の高速ファイル転送
・外部オーディオ入力端子
・波形編集&マスタリングソフト『WaveLab LE』付属 ※ダウンロード入手になります。
・H2nをグレードアップさせる別売パッケージ(APH-2n)

スペック
・記録メディア SD/SDHCカード(最大32GB)
・内蔵マイク MSステレオ方式、90° XYステレオ方式
・最大入力音圧レベル 120dB SPL
・記録フォーマット
《STEREOモード》
 PCM(量子化ビット数:16/24bit、サンプリング周波数:44.1/48/96kHz)、
 MP3(ビットレート:48~320kbps、サンプリング周波数:44.1kHz)
《4CHモード》
 PCM(量子化ビット数:16/24bit、サンプリング周波数:44.1/48kHz)

・A/D変換 24ビット128倍オーバーサンプリング
・D/A変換 24ビット128倍オーバーサンプリング
・信号処理 32ビット
・機能 ローカット、コンプ/リミッタ、オートゲイン、プリREC、オートREC、チューナー、メトロノーム、SPEED、キー・コントロール、ABリピート、ディバイド、ノーマライズ、MP3エンコード、マーカー、サラウンド・ミキサー
・ディスプレイ バックライト付きグラフィックLCD(128 × 64 ドット)
・入力ゲイン +0~+39dB
・マイク/ライン兼用入力 ステレオミニジャック(プラグインパワー対応)
・入力インピーダンス 2kΩ(入力レベル:0 ~-39dBm)
・ライン/ヘッドフォン兼用出力 ステレオミニジャック
・定格出力レベル -10dBm
・出力負荷インピーダンス 10kΩ以上時
・ヘッドフォン出力 20mW+20mW(32Ω負荷時)
・内蔵スピーカー 400mW 8Ω
・USB ミニBタイプ 、マスストレージクラス動作(USB2.0 High Speed対応)、オーディオインターフェース動作(16bit、44.1/48kHz)
・電源 単三電池(アルカリ/ニッケル水素)× 2。またはACアダプタ AD-17(DC5V/1A/センタープラス)
・電池寿命 20時間 (アルカリ電池、16bit/44.1kHz WAVでの連続録音)
・外形寸法 67.6(W) × 113.8(D) × 42.7(H)mm
・重量 130g(電池含まず)
・付属品 単3形乾電池/2本(試供品)
・ネジ径:カメラ1/4インチ

関連商品

スタッフレビュー

片手に収まるコンパクトサイズのハンディレコーダー「H2n」。MS方式とXY方式のステレオマイクを搭載し、用途に応じて使い分けが可能です。本体上部にMS、XYの切り替えダイヤルが付いており、LEDの点灯で設定を一目で確認できます。さっそく録音した音声を聞いてみると、周りの雑音がカットされ、非常にクリアで奥行きのある音に感動しました! 360°サラウンド収音にも対応し、現場の空気をそのまま再現するかのような臨場感のある音源を録音できます。お手頃な価格で本格的な録音を楽しめるので、初めてのレコーダーをお探しの方にもオススメの商品です。

サポート / 大塚 春菜サポート / 大塚 春菜

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating1110.50(3.9)
  • レビュー数Reviews10
この商品のレビューを書く

2019/06/13

11111どんな現場にも

投稿者名Reviewed bywaiwai 【東京都】

なんて楽しいレコーダーなんだろう!・・・と思います。
通常のXYステレオでも、もちろん自然な音質で録ってくれます。
ですが、MSステレオの方はその自然な音質に加えて、ステレオ幅を調整できます。
RAWの設定で録音しておくと、聴くときにステレオ幅を自在に調節できるのですが・・・、
それ自体がとても楽しいです。
クラシック系のソロからフルオケまで、様々な編成のリハーサルを録音してチェックする事が多いのですが・・・、
とりあえずRAWで録っておいて、聴くときに編成に合わせステレオ幅を調節できるのでとても便利です。
また96k/24bitまで録音できるので、ハイレゾのライブレコーディングをする時に、サブのレコーダーとしても活躍してくれます。

レビューIDReview ID:93131

参考になった人数:1人

1 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/10/05

11111立体音響を取るのには最強マイク

投稿者名Reviewed by あまぐり 【熊本県】

音がどちらから流れてどの方向へ逃げてゆくのかを収録したいときには最強のPCMレコーダーマイクです。
 ❶ XYマイクでは、音の出てくる位置が、その2点の距離から得られます。
 ❷ そして、MSマイクの音源幅(角度最大150度)これは異なる音色の楽器を一度に収録するのに長けています。
 ❸ さらにこの両者のマイク特性(XY・MSマイク)を同時に使うことで、サラウンド収録が可能になります。
 この 4チャンネルモード録音が、ほかのマイクでは4本必要となるにもかかわらず、これ一個で収録できます。
 F分の1揺らぎ派(波の音・鈴虫の鳴き声)こういった音の揺らぎが感じ取れるようなサウンドの収録に適しています。
 コンパクトで、乾電池でも連続4時間は使用できますし、学芸会や器楽部の演奏会、大勢の人が奏でるコンサートなどで収録すると、その「 音 」の聞こえてくる場所から、将に会場にいたかのような錯覚を覚えるようなサウンドが得られます。
 このマイクを天井から吊り下げて、「 音 」を収録すれば、グロッケンやチューバなど管弦楽団(ブラスバンド)の演奏を録音できます。
 舞台の前方でセットしておけば、観衆の人声が入りにくくなります。
 まさに野外録音専用マイクです。
かといって、室内録音や会議録音にも適していないかと言うとそうでもなく、相互に向かい合わせた人同士の会話を録音したいとき、真ん中に置くだけで前後左右の音声を綺麗に収録することが可能です。
 レクチャー又は会議などのデスカッションも綺麗に収録できます。
 無論 その時はマイクに近い人の声が大きくなるのは仕方ありません。
 私の場合は、ZOOM H4のマイクの性能が、アコーステックギターの音を最高に良い音で拾ってくれたのを契機にこの H2nを購入しました。
 エアーで生ギターの音を収録するのには、「 キンキン 」したコンデンサーマイクで拾う音がまったくありませんので、好みの問題でありますが、ハーモニカを同時演奏して生ギターを演奏する人には、うってつけのマイクです。

レビューIDReview ID:85922

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/09/15

11111人知れず進化していた…!!

投稿者名Reviewed byyouchang 【東京都】

発売したころから愛用しています。
ファームウェアがアップデートされ、発売当初よりも使いやすく便利になりました。
昨年末(2017年末)にファームウェアVer3.0がリリースされ、マルチチャンネル入力のオーディオインターフェースとして使用することが可能になりました。
特段ファームウェアをアップデートしてこなかった僕としては、アップデート後、重大な見落としと呼べるくらい必要な機能が満載になっていました。興味ある方は「zoom h2n ファームウェア」などで確認してみてください。
簡単なバンドのリハーサル確認用の録音などには今まで通りのパフォーマンスを発揮してくれますが、それ以上に強調したいのはオーディオインターフェースとしての機能性が充実したこと。
ここからはDAWユーザーとしてのメリットを書いておきます。
・PCとUSB接続することで世界最小規模のオーディオインターフェースになること。ステレオライン入力、ミニフォンアウトも付属。
・XYステレオマイクでのステレオ録音もできるし、気軽にMS録音ができてしまう。さらには360°サラウンド録音まで。
・本体がマイク内蔵のため仮歌や簡単なトラック録音ができてしまう。
・自分のメインのオーディオインターフェースとは別に「機器セット」で認識させた場合にはメイン機のインターフェースと併用して同時使用が可能。2年ほどこの機能を使っているが、特段(僕の環境では)エラーは起きていない。
そしてここからがファームウェアアップデート後に追加されたメリット。
・48kHz / 24bitにオーディオインターフェースに対応。(今まではビットレートが16bit固定だった)
・マイク4ch同時に個別録音が可能に。(まだ試していないけれど、内2chをライン入力にアサインも可能ぽい)
・YouTubeなどが対応しているSPATIAL AUDIOにも対応したそう(機能としては未使用)
これらの新しい機能のおかげで、出先でパソコンとソフトシンセと本体だけで、最小規模の音楽制作環境が構築可能になった。
必要最小限のDAW機材で音楽制作をする際の有力候補のひとつになっている気がします^^
この値段で(!)、このコンパクトさで、アフターケアも含めここまで楽しませてくれる機材はそうないと思いますので、♪5つとさせていただきます。

レビューIDReview ID:85424

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2016/04/09

11111電池寿命が長く使いやすいです

投稿者名Reviewed byKAZU 【東京都】

XYとMS方式が切り替えられますが操作面の関係で、自分録りにはXY、ステージなどにはMSが使いやすく出来ています。
マイクゲインは絞り切りでは無く、手持ちの音圧計で-6dBになる音圧を調べた所、目盛0~10で40dBの開きがあり1ステップ毎の変化も均等に4dBになっていました。
レベル設定が楽です。

レビューIDReview ID:63105

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2013/04/18

11111便利です。

投稿者名Reviewed byKiM 【大阪府】

効果録りに使ってます。カバンにいつも入れていても大丈夫なので街のベースなど気になったときにすぐに撮れるのは良いです。
ライコートのNT4用ジャマーをつけると屋外でも大丈夫。(ユザワヤとかでフェイクファーを買って自作すると安いけど)
あとは家電量販店でミニ三脚を買えば放置できるので便利です。

レビューIDReview ID:40212

参考になった人数:26人

26 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ZOOM ( ズーム )
H2n リニアPCM/ICハンディレコーダー

商品ID:167051

¥14,700(税抜)

(¥16,170 税込)

  • 送料無料

805ポイント内訳

  • 161Pt

    通常ポイント

  • 644Pt

    全商品ポイント5倍キャンペーン

  • 805Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top