ここから本文です

tc helicon

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL

NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL

  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL画像1
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL画像2
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL画像3
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL画像4
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL画像5
  • NEUMANN ( ノイマン )  / TLM102 NICKEL画像6
  • メーカーサイト
トランスレスデザインのスッキリしたサウンドは、ボーカル、スピーチはもちろん、SPL144dBを生かしてドラムなどの大きな音の楽器にも使えます。個人用途の他、複数用意して贅沢に使うのも良いでしょう。

[直輸入品]

■コンデンサーマイク
■指向性:単一指向性
■周波数特性:20Hz~20kHz
■最大入力音圧レベル:144dB(歪率0.5%以下)
■SN比:82dB
■感度:11mV/Pa (1kHz into 1kΩ)
■出力インピーダンス:50Ω
■電源:ファンタム48V±4V
■本体寸法・重量:116×52mm、260g
■付属品:マイクホルダー
■カラー:ニッケル

デザイン、価格、新世代を定義したマイクロフォン。スタンドマウントが付属します。

・ボーカルスピーチに最適
声の存在感を際立たせるため6kHz以上をわずかにブーストしています。
ブロードキャスティング、ホームレコーディング、スタジオレコーディングに理想的なマイクです。

・最大音圧レベル144dB
新開発のラージダイヤフラムカプセル(カーディオイド)はパーカッション、ドラム、アンプといった大きなサウンドソースのレコーディングが可能。

・ノイズ対策
カプセルは弾力性を持たせてマウント。構造物ノイズを抑制します。
グリル内にポップスクリーンを内蔵。レコーディング時の破裂音を抑制します。

・コンパクトでパワフル
無駄を削ぎ落とし調和の取れたシンプルなデザイン。キラリと光るグリルリングも注目を集めます。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110.5(4.5)
  • レビュー数:6

2012/08/05

11111初心者こそ、ここから入って、耳を磨こう。

投稿者名:GAMERAⅢ 【東京都】

正直、価格から、それほど期待はしていなかった。
でも、さすがはNEUMANNである。
① 低雑音 同社の他の製品同様、スペック以上の低雑音。ホワイトノイズが付物のナレーションンに於いても群を抜いて静が。
② 歪が少ない 同社他製品に増して高いSPL。殆どクリップ感がない。
大音量の楽器収録までこれでカバーできる。
③ 歪が少ないだけではなく、オンマイク時において特に忠実性を発揮し、イメージ通りの音を思った通りに収録してくれる。
オフマイクにおいては、並。
④ 仕上げが丁寧。これは重要だ、内部の保護、耐震、対音圧構造等にも波及するから。

と、非常に高い実力を示すが、一方、繊細さの面においてはU87などには及ばない。
しかし、これは、U87などが感じさせる線の細さ(繊細さ)と、どちらが良いか、という問題である。

一口に言えば、張った音は張ったように、甘い声は意図した通りの甘さで、自然に明るく演者の実力通りに録る。といったイメージ。
うーん、どんな声、どんな楽器にでも非常に良く適合できるので、ナレーションや、音楽でもピアノからフルート物まで、超向いているが、ショパンの「遺作」などの非常に繊細な表現には、やはり47がいいかな、といった感じである。

初心者の場合でも、このくらいのマイクから入んなきゃいつまでたっても解んない。
よく、初心者向きには良い~、などという記事を見るが、殆ど的外れだもの。

なんだかなあ、どこまで行ってもマイクはNEUMANNとAKG(オーストリア工場製の)、それに、ブラウナーまでだな、と改めて感じてしまう。
このマイクと、AKG414さえあれば、あとは、無用かな。ハンドマイクもAKG3700があるので、SHUREなんかは無用だし、と感じる今日この頃だが、安いマイクにも実力者はいる。マーシャルのV900の穏やかさ、テキニカルプロCMC500(69ドルだぜ)の繊細で楚々たる音も最高で、すてがたいしなあ。でも、そこまでだ。
と言いつつ、新しいNEUMANNのダイナミックは買うのである。
ほかの方の記事にあるとおり、やっぱりノイマンはいいな~と思うから。

レビューID:34146

参考になった人数:33人

参考になりましたか?
Yes
NO

2012/07/01

11111Neumannと言えば・・・

投稿者名:Telemann 【茨城県】

 Neumannと言えばDTMをやっている人なら、一度は手にしてみたいと思う高級マイクメーカーですね。私、個人はNT1-A(RODE社)から乗り換えて思い切って、本機を購入しました。
 なんといっても、最大の魅力はその価格設定でしょう。10万円以下で手に入る。しかも、自分が勝った時よりも5000円も安くなっている。購入を検討している方、即決です。買わない理由がありません。
 あと、大事なことは、マイクの性能ですよね。
私は、購入するにあたって、三種のマイクを比較視聴することができました。その中で、Blue のBaby bottleとTLM 102を比べてみるとはっきり違いが判りました。TLM-102はシャリシャリ感がないんです。だから、自分が録りたい理想な音を収録できる。表現すると、癖がない。EQは必要最低限で済む。明瞭、透明。そんな感じです。
 宅録環境をグレードアップしたい方は、まずは、マイクをTLM102に変えてみませんか。

レビューID:33467

参考になった人数:14人

参考になりましたか?
Yes
NO

2016/05/28

11111TLM102 の特性

投稿者名:Jizi 【東京都】

まずはマイク・プリに Amek 9098EQ を使用して、
この TLM102 の特性をボーカルで試してみましたが、
SN 比も良好で、U87AI ほど出力は高くありませんがなかなかのハイゲインです。
ちなみに本機は 144dB という高 SPL を誇りますので、なかなか歪ません。
この辺は初心者にも扱い易いポイントだと思います。
次に周波数特性については、中高域から高域にかけての伸びも良く、
Neumann らしい中域から中低域のハリもしっかり出ています。
又、中低域から低域に関しても U87AI ほどファットではありませんが、よりタイトでパンチの効いている印象です。
続いてスティール弦のアコースティク・ギターで試しましたが、
ストロークでのプレイでは、高域は明るくスムーズで低域ももたつかず、
スピード感が感じられます。低域もタイトながら前面に出てくるので、存在感も十分。
渋く枯れた音色には向いていないかも知れませんが、
エッジがありながらスムーズなトーンという感じです。

この TLM102 は比較的クリアーでタイトなキャラクターなので、色付けが欲しい場合は、
マイク・プリにキャラクターがはっきりしたものを使う事でサウンド・メイクがやり易くなるでしょう。
こうした違いがはっきりでるのも、この TLM102 からの情報量が十分であるからだと思います。

レビューID:26846

参考になった人数:25人

参考になりましたか?
Yes
NO

2011/01/14

11111間違いなくノイマン

投稿者名:artwing 【愛知県】

今まで、RODEのNT2Aをメインのボーカル用のコンデンサーマイクとしていましたが、知り合いのエンジニアがこれを持っていて比較してみたら、包み込む様な暖かくて柔らかい中低域と高域にはしっかりとした輪郭が出ますが、これもキンとしているワケでなく、どういう方向から見ても良いサウンドが出来て、安くても、間違いなくよく聴き慣れたノイマンサウンドだと思います。これは素晴らしいです。上品で、音が前にも出てきますが耳が痛い部分が何処にもない。やっぱりいいな~。5万円ちょいで買えますから、あとであれこれ直す必要が無いような素晴らしいものが出来ることを考えると、高くないですよ。これは末永くつきあえるマイクだと思います。やっぱりノイマンはちがうな~。是非オススメします。これは素晴らしい!!

レビューID:21165

参考になった人数:48人

参考になりましたか?
Yes
NO

2014/03/27

1111中々

投稿者名:HRSKMMT 【神奈川県】

ステレオで購入。
主な使用感は下記のレビューの皆様とだいたい同じ。
マイクプリはRNP8380E使用。まずまず吸音設備がある宅録での使用。

歪の無さ、調度良いなめらかな高域、タイト、クリアー、チープ感のなさが重宝しています。

音圧のある打ち込みオケにボーカルや上モノを重ねると、角が少ないのに存在感を出してくれる。

ON時に思ったより低音を摂り過ぎることがある。

ドラム、パーカッション、津軽三味線、アコースティックギターはアタック音がやや落ち着いて聞こえ、タイトで上品。
BlueのBaby Bottleと比べると差が凄かった。
こちらは高音がジャキジャキ聞こえてアタック音が強調される感じ。比較すると太めで荒く聞こえる。

ピアノにも使ってみたが、海外のyoutubeのサンプルと同じイメージ。 打鍵の音を拾いやすくタイトにクリアに取れるため、クラシックのようなリリースや空間を必要とする録音するには不向き。

フルート、サックス、ガットギターなどを録音してみると、値段からするととても良好。
宅録での使用感として、部屋の妙な響きは録らず、楽器だけが滑らかにとれる印象。
ヴァイオリンは、奏者に聞かせたところ少し雑にとれたらしい。これは私の腕もあると思う。

通常、宅録でのマリンバ録音は打音がきつく、ハーモニーもモワッとして伸びた音をキレイに録音しづらいのだが、かなり良好。耳で聞いたマレットの硬さがそのままの感覚で録音される。

漏れた息を大事にする女性ボーカルやフルート、尺八、ケーナなどは、Baby Bottleのほうが「らしい」音が録れた。

OFF時は本当に普通。AKG214のほうが欲しい音をとってくれるが、微々たる差のような気も。

2014/4/23 追記
ヴァイオリンはやはりとてもザラつきやすい。調整が難しい。

レビューID:48094

参考になった人数:21人

参考になりましたか?
Yes
NO

ASK

カテゴリーから選ぶ

CLASSIC PRO / マンガン乾電池 9V角形(006P)CP9V Mn
ブランドから探す
製品マニュアル ダウンロード
SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け! MC.YSDが占う?!開運みくじ&宝くじ2018!
サウンドハウス虎の巻
実録!サービスマン日記
サウンドハウス スタッフブログ
サウンドハウス 掲示板
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
WEBカタログ
カタログ請求 メルマガ登録
  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報
株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
 TEL. 0476-89-1111
 FAX. 0476-89-2222
徳島コールセンター
 TEL. 0885-38-1111
 FAX. 0885-38-1100
平日 10:00~18:00
土曜 12:00~17:00
日曜祝日休業

Page Top