ここから本文です

HOME

  • Modern Drummerレビュー AUDIX ドラム用マイクセットFP5、FP7 No.1

    Modern Drummerレビュー AUDIX ドラム用マイクセットFP5、FP7 No.1

    2010/05/01

    ■AUDIX
    FP5
    FP7


    ドラム用マイクセットの場合、既存の良質なマイクをパッケージし、単品で購入するより安価に入手できるモデルか、エントリーモデルとして、安価なマイクでパッケージした物のどちらかです。私がマイクを勧める時は、長く使用できるマイクを予算の許す範囲の数を揃え、必要に応じて買い足していくようにとアドバイスしています。


    AUDIXは、新しくFusionシリーズを発売しました。このドラム用マイクセットはセットだけでなく、単体でも購入することができます。
    Fusionシリーズは人気のD6、I-5、SCX25Aをも手掛けたデザイナーにより設計され、部品の生産は海外へ委託、組み立てと検品は本国アメリカで行われています。


    Fusionシリーズは、四つの基本的なマイクで構成されており、組み合わせ内容の異なるセットが用意されています。
    f6はバスドラム用、f2はタム用、f5はスネア用で、これらのマイクは、人気商品D6、D2、i-5(順にキック用、タム用、スネア用)とほぼ同じサイズ、形状です。
    f6、f2、f5は、超単一指向性のダイナミックマイクです。亜鉛合金のダイキャストボディーとワイヤー・メッシュのグリル・キャップ、美しいコーティングで、耐久性も充分にあります。


    まずはバスドラム用マイク、f6を試してみました。クリップの形は兄弟機、D6と同じです。実際に私がD6を使っていたこともあり、f6に付け替えるのは簡単でした。まずはレファレンスとして、何小節かキックの音をD6でレコーディングした後、マイクをf6に付け替えて同様にレコーディング、さっそく録音した内容を再生してみました。D6の聞きなれたリッチなサウンドを聞いた後、さあf6はどんな音がするのかと身構えていると、次に聞こえてきたのは、最高にクールなキックサウンド。ステージですぐに使えるようプリイコライジングされたD6のサウンドを継承しつつも、f6は独自のキャラクターを持っています。まず中域にパンチがあり、周波数特性もやや高域寄りです。ところが低域にも重量感を残し、ビーターのアタック音も十分に捉え、いい意味で大胆なサウンドと言えるでしょう。どんなジャンルにも対応できると思いますが、特にハードロックやメタル、パンクといった、アグレッシブなプレイをする時に、その本領を発揮するマイクでしょう。




    続きを読む
新春セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

2021年1月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top