ここから本文です

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SM-3n Seymourized Mini Humbucker Neck

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )  / SM-3n Seymourized Mini Humbucker Neck

  • SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )  / SM-3n Seymourized Mini Humbucker Neck 画像1
  • メーカーサイト
ピックアップについて
■ギターピックアップ
■SEYMOURIZED MINI HUMBUCKER
■ネック用
■マグネット:Alnico V Bar
■D.C.RESISTANCE:6.29k
■RESONANT PEAK:7.00k
■ケーブル:Four Conductor
■OUTPUT:Moderate

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1
5
2件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2017/07/21

11111揃えて正解

投稿者名:mashiro 【千葉県】

エピのスタジオライトに、sm1nとsm3bを載せてみたのですが、両者のキャラの違いと音量差のアンバランスに悩み、今回はsm3bに合わせて3nに替えてみました。

公式サイトでは、抵抗値はフロントが6.6k、リアが11.9kとあり、少し差がありすぎるのではと危惧しましたが、結果、特に問題もなく適正な高さで収まりました。(目的によって高さ調整ができる余裕ができ安心しました。)

1n程の枯れ感はありませんが、クリーン~クランチでは、プレーン弦のキラキラ感があり、巻き弦もブーミーさは少なく、とても扱いやすいです。

そこから歪みを増していくと、中域が張りだしきて、スライドギターをやりたくなりました。

また、両ピックアップともギターのボリュームに素直に反応してくれて、あれこれ弄くって遊んでいますw

個人的ですが、フロントがデレク トラックスでリアがレイナード スキナードのライブのような感覚になります。

ディストーションは、古いds-1とジャックハマーを使ってみましたが、さすがに低音はフルハムのレベルまでありませんでした。でもオルタナやグランジ的な感じでズクズクとミュートは刻めます。

何年も前に、エピのファイヤーバード(バンジョーペグでない、ミニハム二発)を試奏した時は、高音ばかり目立つ線の細い音だと思ったのですが、sm3は、そのような音ではなくかなり万能なタイプでいい意味で予想を裏切られました。

レビューID:74353

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

SEYMOUR DUNCAN (セイモアダンカン)
SM-3n Seymourized Mini Humbucker Neck

商品ID:68961

¥11,800(税抜)

(¥12,980 税込)

  • 送料無料

129ポイント内訳

  • 129Pt

    通常ポイント

  • 129Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top