ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

ORTOFON ( オルトフォン ) / Stylus Night Club S - Night Club用交換針

ORTOFON ( オルトフォン )  / Stylus Night Club S - Night Club用交換針

  • ORTOFON ( オルトフォン )  / Stylus Night Club S - Night Club用交換針 画像1
  • ORTOFON ( オルトフォン )  / Stylus Night Club S - Night Club用交換針 画像2
10
  • メーカーサイトManufacturer Site
コンコルド/OM ナイトクラブ交換針(円錐)、黄

[直輸入品][Direct Import]

■針先形状:円錐
■出力電圧:6mV
■周波数特性:20Hz-20kHz
■オススメジャンル:House/Trance,Reggae/Dub

※Ortofon Stylusシリーズは、コンコルド(MK1)タイプとOMタイプのどちらにも取り付けいただけます。またコンコルド/OMカートリッジは交換針のモデルが異なっても使用することは可能ですが、カートリッジ本来の性能が得られない場合や、ノイズの原因となる場合が御座います。

※楕円と円錐は、針先形状の違いです。例えばOrtofon Stylus DJはどちらもConcorde(またはOM)DJの交換針として使うことができます。一般的に円錐は安定性重視で針飛びしづらく、楕円は音質重視と言われています。両者に大きな違いはありませんが、スクラッチなどをされる場合は円錐を、ハウス系など音質を重視する場合は楕円をオススメ致します。

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110(4.0)
  • レビュー数Reviews1
5
0件
4
1件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2014/03/20

1111鳴りのいい低音だが高音が耳につく

投稿者名Reviewed bybaramon 【広島県】

Ortofon Concorde Night Clubといえば、「音質を重視した設計」という商品説明がなされていた、一昔前のDJ達のステータスカートリッジ。現在は出力アップしたMk IIに換わっているが、交換針はまだ購入できる。
カンチレバーはProと同じ太さである。材質の違いは見た目からは分からないが、若干光沢が異なるようにも見える。チップはProと同じ接合ダイヤ。ダンパーが硬いものに変更されているのが特徴で、恐らくDJユースの重い針圧に耐えながら、製品寿命を伸ばすための工夫だろう。ダンパーの変更によって音も大きく代わり、カマボコ型だったProに比べて、低音の厚みが格段に増している。ベースや腹に響く重低音が充実するから、クラブでの音出しは素晴らしい。しかしこの針は高音域にアクセントがあり、非常に聴き疲れしやすい傾向がある。また、元来の低音の鳴りの良さと高音のアクセントによって、中音域が引っ込んだドンシャリな印象を与えてしまう。この針は音響設備のよく整った環境で使用しないと、魅力が激減してしまう針であるから、個人的に一般のリスナーにはお勧めしない。
ちなみにカートリッジ本体はProやDJ Sなどと共通なので、製品スペックを見ながら同じインダクタンスのものに差し込めば、憧れのNight Clubを再現できる。また、交換針には楕円針仕様のものもあるが、音の傾向は円錐針と変わらない。特別に高音域のレンジを伸ばしたい要求がなければ、レコードの汚れや内周部の歪みに強い円錐針で良いだろう。

レビューIDReview ID:47974

参考になった人数:19人

19 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ORTOFON ( オルトフォン )
Stylus Night Club S - Night Club用交換針

商品ID:57137

¥4,693(税抜)

(¥5,162 税込)

  • 送料無料

515ポイント内訳

  • 51Pt

    通常ポイント

  • 464Pt

    対象在庫商品ポイント10倍キャンペーン

  • 515Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top