ここから本文です

MARTIN ( マーチン ) / 000-28EC

MARTIN ( マーチン )  / 000-28EC

  • MARTIN ( マーチン )  / 000-28EC 画像1
  • MARTIN ( マーチン )  / 000-28EC 画像2
  • MARTIN ( マーチン )  / 000-28EC 画像3
  • MARTIN ( マーチン )  / 000-28EC 画像4
  • メーカーサイト
アンプラグド・ブームからロングセラーを続けている、E.クラプトン・シグネチャーモデル。サウンド、演奏性、細かな装飾に至るまでクラプトンのこだわりを反映し、スタンダード・モデルから更に一線を画した上級モデル。

[直輸入品]

■アコースティックギター(アコギ)
■MARQUIS COLLECTION
■エリック・クラプトン・シグネイチャーモデル
■ボディスタイル:オーディトリアム
■トップ:ソリッド・スプルース
■サイド/バック:ソリッド・ローズウッド
■ネック:セレクトハードウッド、モディファイドVシェイプ
■指板:エボニー、20F
■ブリッジ:エボニー
■ナット幅:44.5mm
■スケール:632.4mm(24.9")
■フィニッシュ:グロス
■付属品:ハードケース
10ホールズハーモニカ

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2014/02/16

11111マーチンのキャラクターは変わらない

投稿者名:がびさん 【福島県】

マーチンはD-21を長年使ってました。それはD-28と同等のグレード、サウンドです。
それとの比較では、厚みが少ない分は”超”低音が出にくいですが、ライブやレコーディングではむしろこのほうがいいでしょう。それでも低音はけっこう鳴ってます。
音はやっぱりマーチンのあの澄んだ音。音のバリエーションを求めてD-28あたりから乗り換えようと考えている人には注意です。本来のキャラクターはそう変わりません。
OOO-28ではなく28ECにしたのは、ヴィンテージモデルならではの色と“保険”です。
新品の真っ白いギターも時間をかければいい色になってきますが、この枯れ始まったような色は非常にいいです。歳をとると、真っ白いギターには照れがありますので。
それから、28クラスでも音の個体差はあります。10万円以上のギターを弾いている人なら、その差は誰でもわかるくらいに。これを知ってしまうと、通販で買うのは勇気が要ります。ECであれば上のグレードの材を使っていますので、悪くてもOOO-28のいいものくらいになるかと思い買ってみましたが正解でした。(だいぶ前です。SHさんにお世話になる前に別のところで。すみません。)
注意点としては、ナット幅が広いところ。通常マーチンは43mmですが、これは44.5mm。つまりフィンガーピッカーに指向しています。この1.5mmの差は意外と大きいです。ミドルからハイポジションのコードに親指も使われる方は、一度どこかで試奏されてから選んだ方がいいです。44.5mmとスペックには書いてあっても、「通常より若干太い」とまで教えてくれる媒体はそうありませんので。
あと、当たり前ですが、ヴィンテージモデルはケースもヴィンテージタイプです。一目でマーチンとわかるあのケースが欲しい人は通常モデルを選んでください。でも、寸分の狂いもないこのケースもなかなかのものです。
マーチンだけど「人と違うのが欲しい」という人にはお勧めです。渋いです。

レビューID:47208

参考になった人数:76人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

MARTIN (マーチン)
000-28EC

商品ID:52462

¥385,000(税抜)

(¥423,500 税込)

  • 送料無料

4,235ポイント内訳

  • 4,235Pt

    通常ポイント

  • 4,235Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top