ここから本文です

お得なクーポン配布中!Special Coupons Available

ERNIEBALL ( アーニーボール ) / Mammoth Slinky #2214

ERNIEBALL ( アーニーボール )  / Mammoth Slinky #2214

  • ERNIEBALL ( アーニーボール )  / Mammoth Slinky #2214画像1
  • ERNIEBALL ( アーニーボール )  / Mammoth Slinky #2214画像2
5
  • メーカーサイトManufacturer Site
Mammoth Slinky #2214は、ERNIEBALL(アーニーボール)を代表するエレキギター弦Electric Slinkyシリーズの12-62ゲージ。世界中のトップ・ギタリストから圧倒的な支持を得ている、癖がなくバランスのとれたサウンドが特徴をベースに、極太のゲージを採用したエレキギター弦です。
■エレキギター弦
■Electric Slinkyシリーズ
■Mammoth Slinky
■素材:ニッケルワウンド
■ゲージ:.012, .016, .024w, .034, .048, .062

関連商品

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2020/01/09 

111117弦ドロップに最適

投稿者名Reviewed byウェロコックス 【新潟県】

6弦用の弦のレビューで7弦に最適というのもおかしな話ですが、これにバラ弦の009を足して完成です。
以下普通の648mmロングスケールの7弦でのレビューです。
元々7弦用セットでちょうどいいのに出会えなかった折に大村孝佳さんが009-046にバラ弦で056足して使ってると聞いて、
以来試行錯誤して7弦レギュラーチューニングには009-042+056というゲージを張っていました。
しかしドロップAが必要になり、7弦をドロップすると56では緩く59にしても気持ち緩い気がするし、
あまり太くすると張りがちょうどよくても6弦と7弦の音量や音質の差で違和感が出るというジレンマ…
上記の大村さん方式に則り上を009-046にしたが4弦5弦のテンションが好みじゃない。
0095-044は好きなゲージではありますがこの用途だと6弦の太さが欲しくなる。
しかしアーニーの比較的新しめのこのゲージを見て天啓を得ました。
いつもと逆に1弦のバラ弦を足せば009,012,016,024,034,048,062…完璧です。2弦が011ではなく012ですがそんなに違和感ないです。
7弦は常時Aとして、6弦は普段EですがこのゲージならたまにDに落としてdir en greyチューニングにもちょうどいいです。全弦半音下げもなかなかいい感じです。
アーニーなので劣化は速いのですがDRのStringlifeで1か月弱持たせてます。
このゲージに味を占めて今まで興味なかった6弦用の極太ゲージを他にも物色してみたのですが、
3弦(この使い方だと4弦に来る)が細かったりプレーンだったり・・・
ロトサウンドのR12とR13は3弦がそれぞれ024と026でおっ!と思いましたが下の方が細い…
GHSのDYM BOOMERS WOUND 3RD - Medium(013-056)もできそうですがこれなら普通の7弦用買うかなと…
1弦バラ弦方式が使えて且つやる意義があるのはこのマンモススリンキーくらいしかない気がします。

レビューIDReview ID:99429

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ERNIEBALL ( アーニーボール )
Mammoth Slinky #2214

商品ID:265303

¥756(税抜)

(¥831 税込)

  • 1,000円(税込)以上で送料無料

40ポイント内訳

  • 8Pt

    通常ポイント

  • 32Pt

    弦人気3大メーカー最大10倍ポイント

  • 40Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加

この商品に関連するセレクションRelated Articles

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top