ここから本文です

サウンドマート

SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / Fusion レコーディング・プロセッサー

SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック )  / Fusion レコーディング・プロセッサー

  • SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック )  / Fusion レコーディング・プロセッサー画像1
  • SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック )  / Fusion レコーディング・プロセッサー画像2
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
SSL伝統のプロセッシングツールを凝縮したレコーディング・アウトボード。ステレオミックスバスへ、フルアナログ回路でしか成しえない繊細でなめらかな色付けを加えます。
新世代フルアナログ・アウトボード
Fusionは、現代のハイブリッド・スタジオに向けて生み出された2Uサイズのフルアナログ・アウトボードです。
新たに設計された6つのプロセッサーを搭載しあらゆるサウンドメイクに対応。アナログ回路でしか成し得ない柔らかく繊細なサウンドを出力します。

SSL のサウンドは、歴代のコンソールに搭載されていた、クリアなマイクプリやEQ、ダイナミクス、定番となったステレオバスコンプレッサーやリッスンマイクコンプレッサー、そしてサミングバスどいったSSLのユニークなプロセッサーによって成り立っています。
Fusionは、比類ないサウンドキャラクターと拡張性に富んだインターフェースによってSSLサウンドを新しい時代へと導きます。

Vintage Drive
ノンリニアなハーモニクスエンハンス回路はあなたのミックスを力強くまとめることができます。 ドライブとデンシティーのコントロールは響きの飽和とアナログ回路がオーバーロードすることで起きるソフトコンプレッションとの相関を制御し、飽和感の解消からハードなディストーションの付加までをサウンドメイクします。

The Violet EQ
位相の変化を最小限に抑えた2バンドのシェルビング EQ です。SSL の新しいアナログ EQ は、25年以上に渡るSSL 伝統の音楽的で直感的な周波数域とレスポンスカーブから、ローエンドのウェイトとハイエンドの輝きをクイックにコントロールできるように作られました。ハイとローの周波数は4つのポイントと ±9dB のアッテネーションを装備しています。

HF Compressor
アナログ領域で高い周波数の音を明確にします。このコンプレッサーは高域成分にしか影響せず、スムーズかつクリアに高周波の荒れを減衰させ、不安定な高周波帯域をアナログテープのようなロールオフで生き生きとさせます。

Fusion_LMC_processor
Fusion に隠された秘密、Fusion 第6のプロセッサーとは LMC のことです。
LMC を起動するには、HF コンプレッサーセクションの "IN" ボタンを 5秒間押し続けます。
コンプレッサーはフルバンドの LMC モードとなり、"X OVER" は Wet と Dry のミックスコントロールとなります。

Stereo Image
Stereo Image エンハンサーは、サイドシグナルを操作できる真正のアナログ・ミッドサイド回路です。ステレオのフィールドの拡張と空間操作を実現します。

Transformer
専用設計の SSL トランス回路 は、繊細な低周波域の彩度を高周波域の位相シフトと同時にもたらします。低域を厚くし高域を輝かせることができます。

※リニア電源仕様・動作電圧:100V/115V両対応

FUSION は、現代の音楽制作のためにうみだされた ステレオソースに特化したステレオアナログアウトボードです。

新たに設計された6つのアナログツールを搭載し、ステレオミックスバスやステム、様々なステレオソースへの音色の色付けや重み付け、空間の付加といった機能を、アナログ回路でしか成し得ない柔らかさと繊細さで実現、完全なアナログデバイスによる音楽的で柔軟なステレオソースのサウンドメイキングを可能にします。

レコーディング、ミキシング、配信、ライブまで様々な場面でのサウンドメイキングにFUSIONは使われ、レコーディングスタジオ、音声中継車、著名なアーティストのワールドツアーなど世界中の音楽制作の現場で活躍しています。

サウンドメイキングの幅を広げる便利な機能

HPF(ハイパスフィルター)

不要な低域のノイズを低減します

Input & Output トリム

FUSIONには入力音源のレベルを調整するための入力信号を+-12dBゲイン調整できるInputトリムと、出力先の機器の入力感度に合わせるための出力を+-12dBゲイン調整できるOutputトリムがあります。

これにより幅広い入力ソース、出力先に対応することができます。

INSERT

外部プロセッサーを使ったM/S 処理も可能なインサートシステム

Fusion には、他の外部プロセッサーを接続するためのステレオインサートポイントがあります。通常はHf COMPRESSORの後がインサートポイントとなりますがPRE EQ スイッチを使用すると、インサートポイントを VIOLET EQ セクションの前に移動できます。

また、INSERT スイッチを 2 秒間押し続けるとミッドサイドモード(M/S Mode)となり、フロントパネルのスイッチが青色に変わります。 Left の Insert Send および Return コネクタは 「Mid」 チャネルインサートになり、 Right の Insert Send および Return コネクタは 「Side」 チャネルインサートになります。 これにより、 モノチャンネルのアウト ボードを使用してミッド信号のみを処理し、 また別の機器を使用してサイド信号のみを処理することができます。

M/S Mode時、通常ではインサートポイントはステレオイメージ回路の後にあります。

PRE EQ スイッチを使用すると、インサートポイントはステレオイメージ回路の前に移動します。

6つのフルアナログ・プロセッサー

VINTAGE DRIVE :ハーモニクスエンハンサー

音源にまとまりと力強さをもたらすノンリニアハーモニックエンハンスメント回路

DRIVE(歪みの量の設定)とDENSITY(倍音の設定)コントロールが相互に作用し、アナログ回路にオーバーロードをかけることで得られるハーモニック・サチュレーションとソフト・コンプレッションを生み出しミックスに力強さとまとまりをもたらします。

この回路は、ビンテージアナログアウトボードやコンソールでレベルを適切にドライブしたときの「ゆるやかなアナログオーバーロード」サウンドをもたらすように設計されており、絶妙にサチュレーションを厚くする目的で軽めに使用することも、より過激な歪みを得るためにハードにドライブすることもできます。

DENSITY を3 以上の設定にすると、 全体の倍音成分が徐々に低下しますが、奇数次の倍音が偶数次の倍音よりも目立つようになります。これは一種の「ソフト・コンプレッション」のような効果を生み、ピークは抑えられ、RMS(平均)レベルが引き上げられ、音圧感を高めることができます。 3?7の設定は、ミックス全体を分厚くするのに適しています。

また、DENSITY を MIN とマークされている最も低い設定にし、 DRIVE コントロールを上げて強くドライブすると、ダイナミクスの拡張効果をもたらします。この設定は、例えば歪んだベースギターなど、埋もれた個々のステムサウンドを目立たせるのに効果的です。

VIOLET EQ : 2バンドEQ

SSLの新たなスタンダード。音楽的なカーブを持つステレオソースに特化したEQ

位相の変化を最小限に抑えた2バンドのシェルビング EQ です。SSL の新しいアナログ EQ は、25年以上に渡るSSL 伝統の音楽的で直感的な周波数帯域とレスポンスカーブを基に、ローエンドの重みとハイエンドの輝きをクイックにコントロールできるように作られた直感的に素早いサウンドメイキングを可能にするEQです。

ハイとロー各4つの周波数ポイント切り替えと ±9dB のゲイン調整が可能です。

HF COMPRESSOR : 高域コンプレッサー

アナログテープサウンドのようなスムースさをプラス

高周波数帯域のみを圧縮するコンプレッサーでプラグインなどを多く使った場合などに発生する耳障りな高周波成分を抑える役割をします。

スムーズかつクリアに高周波の荒れを減衰させ、不安定な高周波帯域をアナログテープサウンドのようなトップエンドのロールオフを実現します。

X-OVER はコンプレッションによって影響を受ける周波数を決定します。

アタック、リリース、 レシオなどのその他のパラメーターは最高の透明感を実現するように最適化された設計により固定されています。

LMC : フルバンドリッスンマイクコンプレッサー

SSL伝説のハードコンプレッション

HF COMPRESSORのINボタンを長押しすることでHF COMPRESOORがフルバンドの LMCになります。

LMCは元々はSSL4000Eコンソールに搭載されたスタジオのコミュニケーションマイクからの音がオーバーロードしないように設計されたハードなコンプレッサーです。

固定されているアタックとリリースのカーブからなる独特なサウンドはドラムやリズム音源に多用されています。

X-Overはウェット/ドライのパラレル・ミックス・コントロールになります。

STEREO IMAGE : ステレオイメージエンハンサー

サイドシグナルを操作できるアナログミッドサイド処理回路

STEREO IMAGE は、ステレオ信号をミッド成分、 サイド成分という2つのチャンネルに分離し、サイド成分を処理することでステレオイメージをコントロールします。

WIDTH を使用してサイド信号のレベルのみを上げ、下げすることにより、 ステレオイメージを広げたり狭めたりすることができます。 SPACE コントロールを使用するとサイド信号の低音周波数のブーストまたはカットすることができます。

STEREO IMAGE : ステレオイメージエンハンサー

サイドシグナルを操作できるアナログミッドサイド処理回路

FUSIONのプロセッサーに合わせて設計されたカスタムトランスを搭載。On/Off設定が可能です。高域の位相シフトと同時に、絶妙な低域のサチュレーションを導入。その結果、ローエンドが太くなり、ハイエンドに輝きが加わります。

FUSION を DAWシステムに組み込む

サウンドハウスは、Solid State Logicの正規販売店です。

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11111(5.0)
  • レビュー数Reviews4
5
4件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2022/06/16

11111チャンネルストリップとして最高です

投稿者名Reviewed byOut 【大阪府】

わかりやすく簡単に書きます。古き良き時代のエッセンス的質感を加えたい方にはもしかしたら向かないかもしれない機材です。とは言っても使い倒し自分の手足になれば何だってできる最強のチャンネルストリップとして確実に戦力として毎回使うことになる機材です。私的には今現在世界標準の最先端アウトボード(チャンネルストリップ)という印象です。とにかくFusionのどのセクションもプラグインでは到底すぐ出せない様な存在感のある変化を簡単な操作で瞬時に叩き出し、驚くことに全部それなりに曲にマッチしてしまっていると言う恐ろしい事実を信用できますか?時は金なり。自分に降ってくるアイデアも有限。プラグインで何時間も調整して曲へのモチベーションが下がることは誰にでもあります。アウトボードは自分の中のアイデアを素早く具現化できる最も優れたツールで、音楽の楽しさを常に教えてくれます。私の今までの経験で言いますと、初心者の方が最初のコンプに30〜40万円の物を買うのは大有りです。音楽業界30数年の経験からのアドバイスです。

レビューIDReview ID:130659

参考になった19

2022/02/18

11111SSLの音〜

投稿者名Reviewed byこりゃだめだ 【埼玉県】

歪み、EQ、コンプ、イメージャー、トランスフォーム、多種多様なエフェクトがこれ一台で手に入ると思うと、この値段でも正直安く感じてしまいます。
音がとにかく素晴らしい、プラグインソフトだけで作った楽曲は腰高で硬い音になりがちですが、マスターにFusionが入るだけで豊かなローエンドや奥行きを得ることが出来ました。
本気でいい音を作りたいなら必須アイテムですw

レビューIDReview ID:127189

参考になった7

2021/06/03

11111基本はオールジャンル!

投稿者名Reviewed by沼は生き甲斐 【岐阜県】

マスター用にいくつかプラグインを差して試行錯誤していましたが、レベルアップしたいと思いっきって購入。
他にもマンレイなど検討した結果多くのエンジニアから信頼のあるSSLに。
買ってすぐに、取説に困ったらこれ!的なプリセットが載っていたのでとりあえずかけてBypassを外したら、あああああ!!これは。。と驚愕致しました。
なのに、その後色々とツマミ回したりしてもなんかしっくり来ない。
だいぶ使ってコツみたいなものを掴むまでに、割と時間を要しました。
が、しかしプラグインではどうやっても作れない、いわゆるグルー感というものは格別です。
ステレオバスコンプというと、さらっと80万とかゴロゴロありますが、これは良いもの買いました。
私個人の感想としては、オールジャンルそれぞれに使える要素(ボタン)等ありでどんなジャンル作っても通してますが、EDMみたいなダンス系を、ブンブン言わすには抜群かと思います。
楽曲が生き生きしますよ!

レビューIDReview ID:118670

参考になった9

2021/01/13

11111らしい音になる

投稿者名Reviewed byまさ 【東京都】

なにか物足りないときはとりあえず2ミックスには使います。
求めていた音になります。
あれだけデジタルで試行錯誤してやってたものがすぐにほしい音になるので手放せないです。
時間短縮+クオリティアップが出来るので、音楽を生業としてる人は買ってもいいかもしれません。

レビューIDReview ID:113368

参考になった17

    • この商品のレビューを書くWrite a Review

SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック )
Fusion レコーディング・プロセッサー

商品ID:258297

¥349,800(税込)

  • 送料無料

3,498ポイント(1%)内訳

  • 3,498Pt

    通常ポイント

  • 3,498Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

お気に入りに追加(ログイン)

この商品に関連するセレクションRelated Articles

カテゴリーから探す

ブランドから探す

ブランド一覧を見る
FACEBOOK LINE YouTube X Instagram