ここから本文です

Rolandプラグイン

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Orion Studio rev. 2017

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017

  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017画像1
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017画像2
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017画像3
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017画像4
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017画像5
  • ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ )  / Orion Studio rev. 2017画像6
10
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
Thunderbolt、USB接続に対応した高音質なオーディオインターフェイス。

■オーディオインターフェイス
■Thunderbolt/USB両対応
■12マイクプリ
■FPGAビンテージエフェクト搭載
AFX2DAW付属

DTMステーション FPGA解説記事

■エンジニア・レビュー
オーディオクロックの世界シェアを突っ走る Antelope Audio は 2014年 から独自プログラムの FPGA FX という FX Library をなんとデバイスユーザーに無償で提供している。これはハードウェアベースエフェクトなので厳密にはプラグインではないが、最近 AFX2DAW というプラグインを発表し、DAW 上でこのエフェクトの操作が可能になった。

音は、Native、既存 DSP Plug-ins 製品を置き去りにした。非常に動作がナチュラルで実機に非常に近い。なんといってもその音質とディティールは他を圧倒する。極端に歪ませてもエイリアスノイズが全然発生しないので、嫌なデジタル歪っぽさがまったくない。しかも音を突っ込みすぎても破綻しないのでエフェクト自体は初心者にもオススメという謎なヴィンテージエフェクトライブラリである。


12基のクラスAマイクプリアンプを搭載し、フルバンド録音をプロフェッショナルな音質で行うことが可能。同社のZen TourとGoliath同様、Orion StudioはビンテージFPGAエフェクトを搭載し、プロ・ギタリストが完璧な音色を引き出すための最高のツールとなるでしょう。Antelope伝統のAD/DA変換と、世界的に知られる独自のアコースティックフォーカスクロッキング(AFC)ジッター管理技術を搭載しています。2017年モデルは新たなADコンバーターを搭載し、業界最高の124dBのダイナミックレンジを実現しました。FPGAエンジンにはには5つの新しいコンプレッサーモデルや新機能を搭載。

Orion Studio は、Zen Tour や Goliath と同じように、リアルタイムで動く FPGA ビンテージエフェクトの全てのラインアップが付属します。このベストセラーのインターフェイスには、Antelope が誇る AD/DA コンバージョン機能も含まれており、ジッタマネジメントには世界的に有名な独自の 64-bit AFC (Acoustically Focused Clocking) テクノロジーによって強化されています。

・12基のClass-Aマイクプリアンプ、Hi-Z、Mic/Line入力
・Thunderbolt、USB接続に対応
・ハードウェアベースのギターエフェクト搭載
・24-bit 194kHzの高品質なAD/DA
・Antelope Audioの最高水準第4世代アコースティックフォーカスクロッキング(AFC)ジッター除去技術
・モバイルアプリとデスクトップによるコントロールが可能

■ORION STUDIO の秘密兵器
複数の内部ミキサー処理やルーティング、オーディオ処理を同時にゼロレイテンシーで処理するカスタマイズされたFPGA
Orion Studio の秘めたる力、それは極めて強力な Field-Programmable Gate Array (FPGA) です。FPGA とは、強力な並列処理能力をもち、それはこれまで多く採用されてきた DSP チップの能力を遥かに凌ぎます。この FPGA の高い能力により内部ミキサーをゼロレイテンシーで4つ使用することができ、この出力をルーティングを使って2つのヘッドフォンへと簡単にアサインすることができます。

■ALL THE EFFECTS YOU NEED
Real-Time FPGA ベースのビンテージエフェクトによる本物のクラッシックサウンド

Orion Studio には、次々にリリースされる Antelope ビンテージエフェクトの全ラインナップが搭載されています。 5つの新しいコンプレッサー・モデルも追加され、40個の EQ を立ち上げたまま、最大 32 のコンプレッサーを一度に開くことができます。DSP 処理機能を遥かに凌ぐカスタマイズされた FPGA だからこそ、こうしたことが可能なのです。すべてのこの Antelope Audio エフェクトは、リアルタイムで録音やモニタリングに使用でき、ミックス時にも DAW から簡単にルーティングすることで使用できます。

Antelope Audio のカスタマイズされた FPGA は、ビンテージエフェクトのラインナップとギター・アンプ&キャブ・シミュレーションの両方を搭載しているため、Orion Studio はプロのギタリストのために最適なオーディオインターフェイスと言えます。Overloud 社との共同開発により、精密さとサウンドのリアリズムに磨きがかかり、さまざまなスピーカー設定、マイキング、EQ 設定など細かく音を追い込める様にデザインされています。Antelope の革新的なRealModel テクノロジーは、クラシックなアナログギアの真のサウンドとその挙動を鮮明に再現しています。

■多種多様な接続に対応
カスタマイズされた Thunderbolt と USB 接続であらゆる DAW に
Orion Studio の FPGA の力でカスタマイズされた Thunderboltと USB 接続では低レイテンシーを実現させています。FPGA の圧倒的な並列処理能力が高速でオーディオ処理とエフェクト処理を同時に処理していきます。またこのサイズとしては非常に多くのデジタルとアナログの入出力を装備しており、これらのシグナルはコントロールパネルのルーティング画面から自由にアサインすることができ、他の機材との接続も簡単に組むことが出来ます。
Orion Studio にはモニターアウトx 2 (切替式)、アナログアウトx 16、リアンプアウト x 2、ADAT x 2、S/PDIF が装備されています。

◎搭載エフェクト一覧
Guitar Amps
・Burnsphere (DE)
・Marcus II (US)
・Overange 120 (UK)
・Tweed Deluxe
・Top30
・Darkface
・Modern
・Plexi 59
・Rock 75
・Rock 22.10

Equalizers
・VEQ-STU 089
・VEQ-STU 169
・VEQ-STU 900
・VEQ HA32C
・BAE 1023
・BAE 1084
・NEU-W492
・NEU-W495
・NEU-PEV
・VEQ-4K Series
・VEQ-4K Black
・VEQ-4K Brown
・VEQ-4K Pink
・VEQ-4K Orange
・BAE-1073
・VEQ-HLF
・VEQ ? 1A
・VMEQ-5
・VEQ-55A
・Lang PEQ2
・UK-69
・Parametric EQ
・VEQ-55B

Compressors
・X903
・VCA160
・Gyraf Gyratec X
・Tube176
・Grove Hill Liverpool
・FET-A76
・Antelope FeedForward Compressor

■動作環境
Windows
OS: Windows 7/8/8.1/10
HDD: 最小512 MBの空き領域
USB: 1x USB 2.0 Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
CPU: IntelもしくはAMD equivalent CPU 最小 2GHz
RAM: 4GB(8GB以上推奨)

MAC
OS X:10.9 / 10.10 / 10.11 / 10.12(Sierra推奨)
HDD:最小512 MBの空き領域
Thunderbolt:1x Thunderbolt / USB-Cポート
USB: 1x USB 2.0/3.0 Port
Required USB bandwidth: 80%-90%
RAM: 4GB(8GB以上推奨)
CPU: Intel Core 2 Duo (最小) Intel Core i3以上推奨

※製品のライセンス認証にインターネット接続が必要です。

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11111(5.0)
  • レビュー数:1
5
1件
4
0件
3
0件
2
0件
1
0件
この商品のレビューを書く

2019/08/17 

11111音が良過ぎる

投稿者名:はるき 【埼玉県】

私はもうかれこれ10年以上RMEのオーディオインターフェースを使ってきました。
RME製品はSteadyClockという機能のせいでどれだけ高精度な外部クロックを入れようとも音が全く変化せず、問答無用で内部クロックで動作します。それでも音が良ければ良いのですがこのSteadyClockという機能もクロック精度は全く大したことがなく、しかも最悪な事にこの機能はOFFに出来ません。それを知ってからはとにかくRME製品から解放されるためにいろいろな製品を探して辿り着いたのがこの製品でした。マスタークロックジェネレーターを出しているメーカーなので内部クロックが良いのは保証されています。
更に自分の環境ではサミングミキサーに16チャンネルで出力したいのでDiscrete 8ではなく、こちらの製品になりました。それなりに高価ですが音を聴いた瞬間買ってよかったと思いました。
もう今までRMEで再生していたのは何だったのかというくらい今まで聞こえていなかった音がたくさんいろんな曲から聞こえてきて、感動のあまり自分が持ってるmp3を片っ端から聴き直しました。
私はwindows環境なのでFPGAはまだ使えませんがもうこの音だけで充分元が取れたと思っています。
欲を言うなら10Mのワードクロック入力が欲しかった。
現行のRME製品はまた違うのかもしれませんが、たぶんもうRME製品を買うことはないと思います。
まぁ軽く10年以上前の製品と比較するのは流石に野暮な話ですが、しかし思っていた以上に音が全然違ったので驚きました。

レビューID:94933

参考になった人数:0人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ANTELOPE AUDIO (アンテロープオーディオ)
Orion Studio rev. 2017

商品ID:236600

通常価格:¥290,800(税抜)

¥230,556(税抜)

(¥249,000 税込)

  • 送料無料

24,900ポイント内訳

  • 2,490Pt

    通常ポイント

  • 22,410Pt

    ポイント10倍

  • 24,900Pt

    合計

閉じる

限定特価

在庫あり在庫あり

数量 カートに入れる

この商品はご注文後のキャンセルを承ることができません。

キャンセル カートに入れる

お気に入りに追加

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

ブランドから探す
CLASSIC PRO 乾電池
物流スタッフ募集
FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
音魂ぐらんぷり2019 開催決定 SOUND HOUSE LINE公式アカウント お得な情報をお届け!
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top