ここから本文です

「音楽を創る」ための新世代のレコーダー

ZOOM ( ズーム ) / F4 フィールドレコーダー

ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー

  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像1
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像2
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像3
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像4
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像5
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像6
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像7
  • ZOOM ( ズーム )  / F4 フィールドレコーダー画像8
  • 動画を見る
  • メーカーサイト
  • 製品マニュアル
専用ソフトケース『PCF-4』プレゼントキャンペーン中! 金属製ボディを採用したコンパクトなマルチトラック・フィールドレコーダーZOOM『F4』。最高水準のマイクプリアンプを搭載し、最高24bit/192kHzのハイレゾ音質で6チャンネル入力/8トラック同時録音を実現。ZOOM製の別売マイクカプセルに対応する他、三脚やDSLRカメラにもマウント可能です。

専用ソフトケース『PCF-4』プレゼントキャンペーン中!
■フィールドレコーダー
■8チャンネルマイク入力、10トラック同時録音対応

≪主な特徴≫
・ミキサー内蔵、6チャンネル入力/8トラック録音のフィールドレコーダー
・ロック機構付きNeutrik XLR/TRSコンボインプットを4系統装備(INPUT 1~4)
・モニター用カメラリターンとしても利用可能なステレオミニ入力(INPUT 5/6)
・堅牢なメタルボディを採用しながら、約1kg(電池含まず)の軽量コンパクト設計
・最大75dBのゲイン、-127dBu EIN以下の超低ノイズフロア、+4dBライン入力に対応の高品位マイクプリアンプを搭載
・最高24ビット、192kHzレコーディングのほかに96kHz、88.2kHz、48kHz、44.1kHzの各種サンプリングレートに対応
・さらに16/24ビット、47.952kHz/48.048kHz HDビデオ互換レートにも対応
・高精度タイムコード(0.2ppm)入出力にBNCコネクターを採用、ドロップフレーム/ノンドロップフレーム、ジャムシンクに対応
・3タイプの電源に対応:単三乾電池×8本、外部DCバッテリーパック、12V ACアダプター(AD-19付属)を使用可能
・DCバッテリーパックから内蔵乾電池への電源自動切換え機能(切替時の電圧レベル設定可能)を搭載
・各プリアンプともファンタム電源(+48V/+24V)を供給可能
・ハイパスフィルター、位相反転、MSデコーダー内蔵
・インプット、アウトプットにリミッターを内蔵
・各インプットに最大30msecのインプットディレイ、各アウトプットに最大10フレームのアウトプットディレイを搭載
・ZOOMマイクカプセルを接続可能。オプションの延長ケーブルを使用すれば自在なマイクアングルにセット可能
・ボリュームコントロール付きヘッドフォン端子(出力100mW)を装備
・2系統のXLRバランス接続メインアウト、ステレオミニジャックのサブアウトを装備
・主要な機能に素早くアクセスできる、ショートカットコマンドを用意
・1.9インチ、ホワイトバックライトのモノクロLCDを搭載
・SD/SDHC/SDXCカードスロットをデュアルで装備、各カードとも最大512GBまで対応
・BWF準拠WAVまたはMP3フォーマットで録音可能
・時刻、日付、プロジェクト名、シーン番号等の記録に便利なメタデータ(BWF、iXML)に対応
・F4本体を三脚にダイレクトにマウント可能、カメラマウントアダプター付属
・6イン/4アウトのUSBオーディオインターフェイス(最高96kHz)としても使用可能

【製品仕様】
■電源
バッテリー:単3電池 × 8本
ACアダプタ:DC12V/ 2A /センタープラス (AD-19付属)、DC-HIROSE ケーブル (DHC-1付属)経由
外部DC電源:HIROSE 4 ピンコネクタ HR10A-7R-4S
(1 ピン:- 4 ピン:+) 9-16V
■消費電力:12W
■外形寸法:177.8(W)x141.1(D)x54.3(H)mm
■質量:(本体のみ)1030 g
ZOOM フィールドレコーダー比較表

関連商品

商品レビュー

  • 総合評価:11110(4.0)
  • レビュー数:4
この商品のレビューを書く

2019/07/02

11111プロ仕様でありながらこの価格

投稿者名:ワッチ 【神奈川県】

 まずがっしりとした筐体がいいです。安物はとかくボディがペナペナですがF4は両サイドの分厚いアルミ鋳物フレームが高い強度を出しています。こうしたタフネスさはプロ用として非常に重要な点で、どんなに高性能でも壊れやすければ誰も使いません。そんなもの恐ろしくて使えないからです。そしてちゃんと端子やつまみが保護されるような作りになってます。
ゲンロック用タイムコードの端子もBNCで、現場のニーズをよくわかっている人の設計だと感じます。
電気的性能に関してはフォステクスのFR-2と勝負させてみましたが、ノイズレベルはぐんと低く、周波数によっては10dB以上も差が付きました。ただ60kHz以上になるとFR-2とはノイズレベルが逆転しますが、これはノイズシェーピングの次数の違いによるものと思われます。さらに良いのはヘッドフォンアンプで、これもノイズ、ひずみともにFR-2よりぐんと低かったです。
実際にヘッドフォンで聞いてもノイズの少ない澄んだ音で好印象です。
 一方で欠点としてはすべての設定がメニューからしか行えないことです。物理スイッチは一つもなく、現在設定がどのようになっているかはメニューを見ないとわかりません。非常に設定の幅が広く、しかも深いのでこのメニューを手足のように使いこなせるようになるのはかなり大変でしょう。
しかしこのように物理スイッチを無くしたから安くできた、とも言えるわけで痛し痒しです。
あと、他の方も書いておられますが、ラインレベルがTRS入力でないと使えない、というのはできれば改善して欲しいと思います。XLRで入力してスイッチ一発でマイクーラインと切り替えられた方が便利なのですが。
 とはいえたったの6万円でこれだけの性能、機能を備えているというのは絶賛しかしようがない感じです。ローランドもTASCAMもこの市場から撤退するんじゃないかと思うほどです。個人的にはちょっとそれではつまらないのですが。

レビューID:93696

参考になった人数:2人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/03/23

11111なかなかいいですよ

投稿者名:エスメラルダ 【】

先に発売されたZOOM F8 のXLR4ch版です。
メーカーのアナウンスでは6インプット/8トラックとなっていますが、5・6chは仕様が異なり、このあたりの表現は他のメーカーも似たり寄ったりですね。
4ch+おまけと思って購入すれば間違いないです。

いろいろ癖のある仕様ですが、この手の道具の使い方をわかっている人なら全く問題ない程度です。

F8で指摘されていたつまみの小ささからくる操作のし難さがある程度改善されました。
背面のマイクカプセル接続端子がF8の縦方向から横方向に変更されました。これにより本体水平のままステレオタイプのマイクカプセルが普通に使えるようになりました。

その代わりにバッテリー蓋がマイクカプセルに干渉するようになり、この部分はもう少しなんとかなるといいですね。モバイル給電が出来るといいのですけどね。

メイン出力がレギュラーサイズのXLRになったので、現場で音をまとめたり、セレクター代わりにしたり、レコーダー用途以外でもつぶしのきく機材になったと思います。なおオーディオインターフェイスとして使うことも出来ます。

マイクプリを褒めている人がありますが、基本的な音はいいと感じます。
タイムコードの正確性も動画を撮る人にはありがたい部分だと思います。
製品の写真にはないですが、カメラマウントアダプターが付いているのでカメラをマウント出来ます。ワッシャーを紛失しやすいのでご注意を。
筐体は写真から受ける印象よりもごつくて重いと感じます。これをカメラの上に載せたことはありません。

見た目から局などのインタビュー用のレコーダーとして使えないかと考える人もあるかもしれませんが、基本的にこの手のフィールドレコーダーは高性能のコンデンサーマイクの使用を前提に作られているものだと思いますので、ダイナミックマイクを使ったインタビュー用ならSHUREの定番なんかのほうが向いているでしょう。

クレームじみたかたもいますが、ホールでの使用でフォン入力がすっぽ抜けたりはしないでしょうし、音が割れるなら距離を離せばよいだけのことでしょう。使い方の問題です。
それよりも外部マイク4本に加えてマイクカプセルと別売りコードを使って機動力を活かした使い方の出来ることがクリエイティブといえるでしょう。

レビューID:80926

参考になった人数:16人

参考になりましたか?
Yes
NO

2017/12/14

11111操作性以外は完璧

投稿者名:じゃっく 【茨城県】

ADコンバータもマイクプリも品質がとても良く、入力に関しては9倍値段の違うSoundDevicesの633くらいS/N比が高いです。それこそ同社H5,H6ではブロードバンドノイズに埋もれていたような環境ノイズまで聞こえます。

操作性はイマイチです。ゲームボーイのような液晶を睨みながら小さいボタンやツマミをポチポチいじって変更する必要ありです。
上位機種のF8にはiOSから設定を変えられるユーティリティが無料で配布されているのにこいつは未対応です。別売りコントローラもありますが値段が結構するのでF8のほうを買っておけば良かったなと。あと他の人も書いてますが、ややクセのある仕様で、完全に外で持ち運びながら使う仕様となっており、デジタル入出力はなし、ライン入力もTRSのみです。

それでも同価格帯の製品と比べて”オーパーツ”なS/N比や入力の数、機能の豪華さがあるのでお薦めです。というかこのマイクプリバラ売りしないかな?

レビューID:78204

参考になった人数:9人

参考になりましたか?
Yes
NO

2018/01/27

1DR-650,H6と比較して(追記)

投稿者名:とど 【東京都】

TASCAM DR-650(無印)を普段使いしていましたがS/Nやダイナミックレンジ不足などからF4を購入しました。
期待したS/Nやダイナミックレンジは期待通りだと思いますが、細かい部分で不満が残ります。
1.LINEレベルはTRSでないと入れられない。
 商品が届いてから気がつきました。 他設備からLINEレベルで信号をもらうことが多いのですが、XLRでないとすっぽ抜け事故や変換ケーブルなどによる音質劣化が不安です。
2.デュアルレベル録音をすると、3,4chは潰れる。
 H6では同じことをしても3,4chを使用できるので出来るものだと勝手に思い込んでました。 デュアルレベル録音をすると他にファンタムを使うマイクが使用できなくなります。
3.ファンタム電源設定が判りにくい
 DR-650では物理スイッチなのでONかどうか判りやすいのですが、この機種では小さな画面に更に小さなマークが表示されるだけなのでおっさんにはつらい仕様です。

(2018/1追記)
数回のコンサートの収録で使用しましたが、致命的な問題が発覚しました。 1-4chは全く問題ないのですが、5,6chは1-4chとリミッターなどの特性が全く異なるようです。 5,6chに大きめな音が入った時に音割れが発生したので、イロイロ調べzoomのサービスにも問い合わせました。 これはカタログにもマニュアルにも書いてありませんが、Zoomサービス曰くは「input5/6はサブ的な入力として設計しておりますことからこのヘッドマージンを持たない動作仕様となっております。」とのこと。 騙されましたわ。返品してもらう交渉中です。

レビューID:72938

参考になった人数:26人

参考になりましたか?
Yes
NO
    • この商品のレビューを書く

ZOOM (ズーム)
F4 フィールドレコーダー

商品ID:226728

¥43,425(税抜)

(¥46,899 税込)

  • 送料無料

468ポイント内訳

  • 468Pt

    通常ポイント

  • 468Pt

    合計

閉じる

販売終了しました

後継機種はこちら

同等品のオススメはこちら!

  • ZOOM / F6ZOOM / F6

    ¥62,500(税抜)(税込 ¥67,500)

ASK

セール

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram
  • PCIDSSの認定を取得しております。

Page Top