ここから本文です

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER4SR カナル型イヤホン

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR カナル型イヤホン

  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR カナル型イヤホン 画像1
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR カナル型イヤホン 画像2
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR カナル型イヤホン 画像3
  • ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )  / ER4SR カナル型イヤホン 画像4
10
  • 動画を見るMovie
  • メーカーサイトManufacturer Site
  • 製品マニュアルProduct Manual
ER4SR(STUDIO REFERENCE)は、原音の再現性を徹底的に追求したフラットな音質が特徴のモデルです。大人気機種ER4Sの後継機種となり、正確無比な音質を追求するユーザーに最適なモデルです。アルマイト加工された美しいアルミ筺体を採用する事で、見た目も音質も理想的なモデルとなりました。デタッチャブルケーブル採用で長く使えるモデルとなります。

同等品の
オススメは
こちら!

  • ETYMOTIC RESEARCHの最上位イヤホンER4SRをムービーでご紹介!
    大人気モデルER4Sの後継機種にあたるER4SRは、原音の再現性を徹底的に追求したハイエンド・イヤホン。 フラットで正確無比な音質を追求するプロミュージシャンやオーディオファンに最適です。 アルマイト加工された美しいアルミ筺体を採用し、デザインだけでなく音質も向上。着脱式ケーブルを装備し、 ユーザー自身で取り外しすることが可能です。

  • スタジオリファレンス

    スタジオリファレンス

    ER4SRは、原音に忠実な音を追求した、ETYMOTICの新たな高精度スタジオリファレンス・イヤホンです。往年の名機「ER4S」の音を受け継ぎつつ、より大きな出力音圧レベルと、一層磨き抜かれた高い原音再生力を実現しています。

  • アノダイズド加工を施したアルミ製ボディ

    アノダイズド加工を施したアルミ製ボディ

    アノダイズド加工とレーザーエッチングを施した滑らかな質感のアルミ製ボディを採用し、歪の無いクリアなサウンドを実現。

  • MMCX着脱式ケーブル

    MMCX着脱式ケーブル

    ケーブルは、ユーザー自身でも交換が可能なMMCX着脱式ケーブルを採用しています。

  • 高精度バランスド・アーマチュアドライバー

    高精度バランスド・アーマチュアドライバー

    高精度で独自のチューニングを施したバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、20Hz~16,000Hzの周波数帯において、原音を90%以上正確に再生する卓越した周波数特性と高品質なサウンドを実現します。

  • 圧倒的な遮音性

    圧倒的な遮音性

    周囲のノイズを最大98%(35dB~42dB)シャットアウトする最高クラスの遮音性を実現し、周囲のノイズをほぼ完璧に遮断します。この高い遮音性により、音楽の音量を必要以上に上げることなく、耳に安全な音量で音楽を楽しむことができます。

  • 専門エンジニアによるドライバー・マッチング

    専門エンジニアによるドライバー・マッチング

    ETYMOTIC RESEARCHの専門エンジニアがドライバーユニットを精巧にチューニングし、左右それぞれのイヤホンに搭載されたドライバーの周波数特性を正確にマッチング。また、測定した周波数特性とエンジニアのサインが入ったコンプライアンスグラフが同封されています。

<仕様>
■カナル型イヤホン
■スタジオリファレンス・モデル
■ドライバー:バランスド・アーマチュア×1基
■再生周波数特性:20~16,000Hz
■インピーダンス:45Ω
■感度:98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
■最大出力音圧:122dB SPL
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル:約1.5m(着脱式)

<付属品>
■イヤホン本体
■1.5m着脱式ケーブル、3.5mmステレオミニプラグ(金メッキ)
■6.3mmステレオ標準変換プラグ
■イヤーチップ各種
■フィルターチェンジングツール
■シャツクリップ
■専用ケース
■コンプライアンスグラフ(エンジニアサイン入り)

<ETYMOTIC RESEARCHとは>
■Etymoticは30年以上も昔、初めて高遮音性イヤホンを世に送り出しました。
聴覚の研究、検査において独自に開発したバランスド・アーマチュア型ドライバーをイヤホンへ初めて採用し、このBA型ドライバーを高性能イヤホンに搭載するドライバーのスタンダードへと確立しました。
ER4は、Etymoticの音響技術を取り入れて初めて開発した、優れた分解能、高い遮音性を誇るコンシューマー向けイヤホンです。今日では、ER4は、高性能BA型イヤホンのトップモデルとして世界中で認知されています。


〈保証期間〉
■安心の2年保証付き!ETYMOTIC RESEARCHは、サウンドハウスが正規代理店です。
タイプ スタジオ・リファレンス 低音強化タイプ
ベースモデル ER4S ER4PT
特徴 原音の再現性を徹底的に追求
全帯域を極限までフラットに再生
低音の力強さを増した躍動感あふれる音質
原音を忠実な中高域
ドライバー カスタム・バランスド・アーマチュア×1 カスタム・バランスド・アーマチュア×1
ハウジング アルミ製(アノダイズド加工) アルミ製(アノダイズド加工)
ノイズ・アイソレーション(遮音性) 35~42dB 35~42dB
インピーダンス 45Ω 45Ω
感度 98dB(@1kHz、SPL at 0.1v) 98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
周波数特性 20~16,000Hz 20~16,000Hz
最大出力音圧 122dB SPL 122dB SPL
プラグ 3.5mmステレオミニ、L型 3.5mmステレオミニ、L型
ケーブル 着脱式、1.5m 着脱式、1.5m

関連商品

関連パーツ

スタッフレビュー

バランスド・アーマチュア型イヤホンの草分け的存在であるETYMOTIC RESEARCHより、待望の最上位モデル「ER4SR」がついに登場!私もETYMOTIC RESEARCHの大ファンであり、とても注目していたカナル型イヤホンです。重厚で大きな作りのパッケージと、イヤホン本体を収納する頑丈な専用キャンリングケースが、より一層最上位モデル感を醸し出しています。

さっそくイヤホンを手にとって見ると、まず驚くのはケーブルのしなやかさ。前モデル「ER4S」を使用していた方はお分かりかと思いますが、「ER4S」はケーブルが太くて硬く、屋外で使用するには、やや取り扱いにくいところがありました。しかし、「ER4SR」のケーブルは、非常にしなやかで柔軟性があり、取り扱いやすいケーブルとなっています。そして、ERファンが待ち望んでいた?!MMCXプラグの着脱式ケーブルを採用しているため、ユーザー自身でリケーブルしたりと、好みのケーブルへカスタマイズできるところも嬉しいところです。

さて、気になる音質は、さすがはETYMOTIC RESEARCHのフラッグシップモデル、前機種のER4Sと聞き比べることで、一層音の解像度、フラットな再生周波数帯、音のバランス感覚に磨きがかかっています。見通しの良さ、音の分解能力はとにかく素晴らしいです。アコースティックギターのコードストロークは弦1本1本がばらばらに聴こえ、指が擦れる微妙なニュアンスもとてもリアルに再生します。音に一切の濁りが無く、ER4Sでは聴こえなかった音が聴こえる、「ER4SR」はスタジオリファレンス・イヤホンに相応しい逸品といえるでしょう。

営業部 / 山崎 真営業部 / 山崎 真

ETYMOTIC RESEARCHの最上位モデルの「ER4SR」。装着してまず感じるのは「つけ心地の良さ」です。軽量コンパクトな本体、特徴的なフランジイヤーチップは耳に心地良く馴染みます。
気になるサウンドは、定位感が抜群。全帯域をフラットに再生し、音の広がりをつぶさに感じ取る事ができます。オーケストラやコーラスなどは上下左右へ広がり、まるで音が見えているような感覚を覚える程。LRをめいっぱい使った楽曲の後ろで鳴っている、小さな音まで聴こえてきます。最高クラスの遮音性能とも相まって、音楽へ深く没入できます。
ETYMOTIC RESEARCHファンのみならず、音楽を楽しみたい全ての方におすすめできるハイエンド・イヤホンです!

営業部 / 土屋 康雄営業部 / 土屋 康雄

商品レビューProduct Review

  • 総合評価Avg. Rating11110.5(4.9)
  • レビュー数Reviews11
この商品のレビューを書く

2020/03/18 

11111音質にこだわりがある方に特にオススメ

投稿者名Reviewed byフジノリ 【山形県】

自分は広く浅くいろんなジャンルを聴きますが、このイヤホンは向き不向きなく、全てを良い音で聴けました。 よく指摘されてた低音不足も、聴き慣れてくると、非常にバランスが取れていて好きになりました。XRとSRでかなり悩みましたが、こちらで正解だったと思います。 試しに前に使用してたイヤホンで聴いてみたら天と地の違いでびっくりしました。それまではまぁまぁいい音と思ってたんですが。
最後にこのイヤホン、イヤーピースの形状が少し癖があります。だからか何種類かの形が用意されていました。なのでナイーブな方には慣れるまで少し大変かな?とおもいました。  あとこのイヤーピースがかなり音質に関わるので自分に合う形を探さなければいけません。  あと低音ブンブンなイヤホンが好みの方にもオススメ出来ません 

レビューIDReview ID:101756

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/12/22

11111至高

投稿者名Reviewed byPiano_sing 【東京都】

難しいことは言いません。
音楽を聞くことが大好き。
だけどいつも安いイヤホンで音楽を聞いている。
そんな方は是非、1度や2度の豪華飯、豪華ファッションを我慢してこのイヤホンを買ってみましょう。
人生が豊かになります。
最高です。

レビューIDReview ID:98856

参考になった人数:0人

0 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2019/04/08

11111旧ER-4Sの比較

投稿者名Reviewed bytxa 【静岡県】

旧ER-4Sをかれこれ10年近く使っています。アンプを変えたり、他のヘッドホンを変えたり 良いも悪いも、多大な影響を受けた機種でした。その後もイヤホンやアンプは30万円くらい使いましたね。マニアからしたら可愛いレベルですが。
さて10年近く聞いたER-4SとSR、聞き比べをして尚且つ一か月近く色々確認しました。4Sはいまだどこも調子も悪くもないし、不自由無かった分「正常進化扱いの品なので、同じような商品だったらどうしよう」と買う半年くらい気持ちが燻ぶっていました。検索しても商品レビューに関して伝えたい事がよく分からない。それと個人の感覚のズレや好みもあるだろう。と考えると余計に事前情報が錯綜していました
結局、買ってみて感じた事は簡潔な事でした。長く旧製品ER-4Sを使ってきたからこそ、約に立つレビューをしたいと思います。まず本体の使い易さです。ハウジングがアルミでアルマイト処理が綺麗で磨くとピカピカに。MMCXケーブルで交換も出来てコードが細くなりゴムにもなり、絡みにくくなり使い勝手も見た目までも良くなりました。
肝心の音ですが4Sにあった若干過度だった高音の表現が取れ聞きやすくなり、空間や低位が広がって(リスニング向けでは無いのに関わらず)インストルメンタルやPOPSも演奏の裾野が広がり、とても安心して、少し陶酔して聴けるようになりました。分解能も確実に良くなっています。前は全てが高音に飲まれ、疲れましたし得意の表現であるボーカルなどの音が恋しくなりました。でもそれらがありません。また苦手な低音も強化されています。まして旧4Sは一応モニター向けではあったが、それはどう聴いてもモニタリングとは違う味付けだとこの4SRと他のイヤホン(例えば手持ちのDENONのAH-D5000やAKG K701と比較すると)から確信が持てます。
より一般向け視聴に近く、モニタリング向きとフラットに近付きました。だけど定位や広がりはアップしています。4Sを知らないのであればこちらがダントツにお薦めです。既に4Sが有る人はフラットや定位、分解能より(確実に上がっています。楽器が埋もれない)輝く高音に高い評価を付けるなら好きになれないかもしれません。私にはとても合いました!

レビューIDReview ID:91260

参考になった人数:25人

25 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/09/19

11111ER4Sからの買い替え

投稿者名Reviewed byyamato 【神奈川県】

ER4Sのケーブルに不具合が生じて後継機であるER4SRを購入しました。
後継機だけあって、高音域の解像度がより細かくバックコーラスのないソロパートの楽器演奏の部分では、音の中に吸い込まれていくような感覚があり鳥肌が立ちました。
ER4Sの苦手な部分であった低音域も今回のER4SRでびっくりするほど音が出るようになりそして緻密な感じがしました
よくレビューにもありますが、ER4Sが平面な感じでER4SRは立体というのが分かるような気がします。

レビューIDReview ID:85517

参考になった人数:3人

3 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO

2018/07/30

11111これ一本で

投稿者名Reviewed bySKYNET 【東京都】

 これまでSennheiser IE80とER4Sを気分で使い分けていました。
 IE80の音場の広がりのスケール感が好きで、どうにか解像度を上げようと、銀線のバランス接続でのリケーブルや、ビクターのスパイラルドットイヤーピースに替えて、ER4Sに及ばないものの解像度はほぼ満足していました。
 ER4Sも銀線のバランス接続で左右の広がりや、解像感を増して使っていました。
 今回、買い増しでER4SRを使ってみたところ、立体的な解像度が増した印象を受けました。
 ER4Sも立体感がないわけではないのですが、 ——ER4SRに比べると—— 緻密な絵画を覧るようで、前後の表現は舞台の書き割りのような印象です。
 ER4SRは縦横前後に広がってそれぞれに個々に立体が存在して、それらが適切な距離感で再現されていて、既に情報を絞り出し尽くしていたと思っていたApple Lossless からでさえも新たな発見があり聴き直しが楽しいです。
 ER4Sの不満点であったスケール感が解消されていて正統な進化が感じられました。
 低音も増して個人的には十分(IE80でもレベル調整を最小にしていました)低音の深いところまで解像して再現してくれているところはさすがと思いました。
 ほぼ、これ1本で行けそうな印象です。

レビューIDReview ID:84162

参考になった人数:6人

6 people found this helpful

参考になりましたか?
Was this helpful?
Yes
NO
  • 商品レビューをもっと見るSee More
    • この商品のレビューを書くWrite a Review

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ )
ER4SR カナル型イヤホン

商品ID:213084

¥31,800(税抜)

(¥34,980 税込)

  • 値下げしました
  • 送料無料

3,490ポイント内訳

  • 349Pt

    通常ポイント

  • 3,141Pt

    全商品ポイント10倍キャンペーン

  • 3,490Pt

    合計

閉じる

在庫あり在庫あり

数量

人気の代替商品

お気に入りに追加

セール
お得なクーポン

カテゴリーから選ぶ

FACEBOOKLINEYouTubeTwitterInstagram

Page Top